【全国乗り放題】「青春18きっぷ」で知っておきたい10のこと│買い方・使い方・おすすめプランも


2020.11.25

NAVITIME TRAVEL EDITOR

「青春18きっぷ」は、全国のJR線の普通列車・快速列車が1日中乗り降りし放題になる切符です(一部例外あり)。スタート地点も、終点地点も自分で決めることができ、オリジナルのプランを立てて鉄道の旅を楽しむことができます。

新幹線などと比べると移動時間がかかりますが、その分車窓に広がる風景を楽しんだり、気になる駅で途中下車してみたり、ちょっとした冒険気分も味わうことができるのも「青春18きっぷ」での旅ならでは。

今回は「青春18きっぷ」とはなにか?どれくらいお得なのか、どこで買えるのかといった、「青春18きっぷ」の使い方や買い方をメインに、おすすめプランと併せて詳しくご紹介します。

NAVITIMEの乗換検索ではフリーパス優先ルートが検索できます。
フリーパス優先ルートの検索はこちらから

  • 01

    「青春18きっぷ」とは?

    「青春18きっぷ」とは、1枚12,050円で5回分がセットになったフリーきっぷ。1回あたり2,410円という価格で、全国のJR線の普通列車・快速列車が乗り降りし放題になる、お得なフリーきっぷです(一部例外あり)。

    対象範囲であればその都度運賃を支払うことなく、思い立った時にふらっと途中下車ができるのも魅力の一つです。

    さらに、東京初の始発電車に乗った場合、一日でなんと九州・福岡県の小倉まで行くことも!

    ~どれくらいお得になるか~
    「青春18きっぷ」は、5回分で12,050円。つまり1回2,410円以上の距離で利用するとお得になります。東京駅を基準にした場合、東海道本線なら静岡県の富士駅、東北本線なら栃木県の矢板駅を超えると「青春18きっぷ」の方がお得に行けるということになります。

  • 02

    年齢制限・値段

    ●年齢制限
    「青春18きっぷ」には年齢制限はありません。

    ●値段
    小人も学生も大人も同額の12,050円(5回分のセット)で購入することができます。

  • 03

    使い方

    1人で5回利用することはもちろん、1回に5人で利用するなど、5回分の使い方は複数通りあります。

    ●1人で利用する場合
    →5日連続で使用する必要はなく、利用期間内であればいつでも好きな時に5回利用することができます。

    ●5人で利用する場合
    →全員が同一行程をとる必要があり、バラバラに行動することはできません。
    →「青春18きっぷ」本券をお持ちの方以外は、集合駅まで(または解散駅から)は別に乗車券が必要です。

    ●こんな使い方も!
    →〈2人での日帰り旅行を1回(=2回分)〉+〈1人で3日間の旅行(=3回分)〉といった使い方もすることができます。

  • 04

    買い方・利用期間

    ●買い方
    春・夏・冬の年3回の販売期間に、JR駅の「みどりの窓口」や、「きっぷうりば」、「指定席販売機」で購入することができます。この他にも、JR旅行センター、主な旅行代理店で購入も可能です。

    「みどりの窓口」と「きっぷうりば」では、窓口でその場で購入して当日から使用することができます。ただ、早朝などは窓口が開いていないため、前日までに購入するのがおすすめです。

    「指定席販売機」の場合、タッチパネルの〈おトクなきっぷ〉→〈青春18きっぷ〉を選択すると購入できます。

    ●2020年の販売期間と利用期間
    〈春季〉
    販売期間:2020年2月20日~2020年3月31日
    利用期間:2020年3月1日~2020年4月10日

    〈夏季〉
    販売期間:2020年7月1日~2020年8月31日
    利用期間:2020年7月20日~2020年9月10日

    〈冬季〉
    販売期間:2020年12月1日~2020年12月31日
    利用期間:2020年12月10日~2021年1月10日

  • 05

    有効期限・払い戻し

    ●1日の有効期限
    1日の有効期限は、乗車した列車が0時を過ぎて最初に停車する駅まで。それ以降も乗車する場合は、0時を過ぎて最初に停車した駅から、下車した駅までの運賃が別途必要になります。

    ただし、東京と大阪に関しては例外で、電車特定区間であれば、終電車まで利用することができます。

    ●払い戻し
    未使用の場合のみ、220円の手数料で払い戻しが可能です。

    ●シーズンの繰り越し
    5回分すべて使いきれずに余ってしまった場合でも、各シーズンを繰り越して利用することはできません。

  • 06

    「青春18きっぷ」で乗れるもの│追加運賃なし(一部抜粋)

    「青春18きっぷ」で乗車できるのは、普通列車だけではありません。追加料金なしでも以下のような移動手段を利用することができます。

    【追加料金は不要】
    ・BRT(バス高速輸送システム)
    →前谷地~気仙沼を運行する「気仙沼線BRT」と、気仙沼~盛などを運行する「大船渡線BRT」

    ・JR西日本宮島フェリー
    →宮島口~宮島を運行

    ・特急列車
    →特急列車しか運行していない区間など、例外として「青春18きっぷ」のみで乗車できる場合があります。ただし、指定の区間を過ぎたり、区間内でも一度下車をした場合は別途運賃・料金が必要になります。

    ▶特急列車の利用については公式HP「ご利用条件」をご確認ください

    ・一部の第三セクター
    →「青い森鉄道」青森~八戸間(青森~野辺地間、野辺地~八戸間)、「あいの風とやま鉄道」富山~高岡間、「IRいしかわ鉄道」金沢~津幡間に関しては、途中下車をせず、通過をする場合のみ利用できます。

  • 07

    「青春18きっぷ」で乗れるもの│追加料金あり(一部抜粋)

    「青春18きっぷ」は、追加料金を支払うと以下のような移動手段も利用することができます。

    【追加料金が必要】
    ・SL
    →JRならSL列車はすべて全車指定席の普通か快速として運行しています。指定席料金(530円~840円)を支払うことで、「青春18きっぷ」でも乗車できます。

    ・グリーン車の自由席
    →普通・快速列車でグリーン車がある場合は、グリーン券を購入すれば自由席に乗車できます。ただし、グリーン車の指定席の場合は、グリーン券と普通乗車券が必要です。

    ・普通列車の指定席
    →指定席券を購入すると、普通列車指定席への乗車ができます。

    ・北海道新幹線
    →「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券(2,490円)」を購入すると、奥津軽いまべつ~木古内の「北海道新幹線」、木古内~五稜郭の「道南いさりび鉄道線」の片道1回の利用ができます。

  • 08

    新幹線利用・ワープ

    「青春18きっぷ」では新幹線に乗車することはできず、長距離を移動する場合に時間がかかるという点があります。そんな時の解決策として一般的に知られているのが“ワープ”と呼ばれる方法です。

    ワープとは「青春18きっぷ」の利用と併せて、追加運賃と特急料金を支払い、一部の区間だけ新幹線を利用する方法のこと。どこでワープするか(=新幹線に乗車するか)にもよりますが、上手にワープを組み込むことで、全体にかかる費用を抑えつつ、全ルートを「青春18きっぷ」だけで巡るよりも効率的に移動することができます。

  • 09

    注意するポイント

    「青春18きっぷ」を利用するにあたり、注意しておきたいメジャーなポイントを以下3つご紹介します。他にも細かいルールがあるので、詳しくは各鉄道会社のHPをご確認ください。

    ●改札の通り方
    切符のように自動改札機は通ることができません。係員のいる改札で「青春18きっぷ」を提示して通りましょう。

    ●混雑する・運行本数が少ない区間
    「青春18きっぷ」の利用期間は、乗客が増加し時間帯によっては車内がかなり混雑することがあります。また、区間によっては1日に数本しか電車が走っていないところもあるため、乗り継ぎなどは注意する必要があります。

    ●JR以外への乗り入れがある列車
    JR以外への乗り入れがある列車の場合、乗り入れ先の運賃が別に必要となります。例えば、快速「みえ」の名古屋~鳥羽に乗車する場合、河原田~津はJR線ではなく伊勢鉄道のため、別に運賃が必要です。

  • 10

    おすすめプラン│日本三大名泉のひとつ「草津温泉」へぶらり旅

    草津温泉といえば、町中に湯けむりが立ち昇る人気の温泉観光地。冬の旅行先というイメージが強い草津温泉ですが、実は隣町の軽井沢より涼しいという声もある“ツウな避暑地”でもあり、冬に限らず楽しむことができます。

    朝、東京駅から出発したら、高崎駅を経由して長野原草津口駅へ。通常片道料金は3,020円なので、「青春18きっぷ」を使えば610円お得に行くことができます。

    長野原草津口駅から草津温泉までは、バスで約30分なので、お昼には到着することができますよ。(バスの運賃が別途必要)

    〈プラン例〉
    08:39 東京
    ↓(上野東京ライン/高崎線)
    10:32 高崎
    10:44 高崎
    ↓(吾妻線)
    12:05 長野原草津口からバスで約30分で到着

    草津温泉

    草津温泉

    「草津ガラス蔵」温泉卵 120円

    「草津ガラス蔵」温泉卵 120円

    「上州麺処 平野屋」ゆで舞茸うどん 1150円

    「上州麺処 平野屋」ゆで舞茸うどん 1150円

    もっと読む
    ♪青春18きっぷでのんびり旅に出よう【こんな列車にも乗れる編】
    乗り物
    もっと読む
    〈草津観光1日プラン〉日帰りで行ける日本一の温泉地・草津温泉を堪能!
    食べ歩き
    草津温泉
    place
    群馬県吾妻郡草津町草津
    phone
    0279887188

この記事を含むまとめ記事はこちら