オキナワンGirlも夢中!美食と海に癒されよう♥ 「WaGyu-Café KAPUKA」【沖縄・北谷】

「お洒落女子は、北谷に向かう」。そんな風の噂を頼りに訪れたのは沖縄・北谷。ラグジュアリーホテルでバカンスを楽しむ人が行きかうリゾート地であると共に、素敵な海カフェが軒を連ねる激戦区。中でも、極上国産和牛がカジュアルプライスで頂ける「WaGyu-Café KAPUKA」は、地元オキナワンGirlsはもちろん海外からも注目される人気店。今最も“波に乗った”ホットスポットに、早速参りましょう!

さわやかな潮風香る、海辺のオアシス

北谷中心部から少し離れた閑静なエリア、オーシャンフロントという抜群なロケーションに位置する「WaGyu-Café KAPUKA」。昨年10月6日のオープン以来、国内のみならず海外メディアからも注目され、先日も韓国のTV取材を受けたばかりだそう。訪れるお客さんも国際色豊かなだけあり、バイリンガルやトリリンガルスタッフも在籍している。様々な言語が飛び交い、日本にいることを一瞬忘れてしまいそう。

さわやかな潮風香る、海辺のオアシス
西海岸という事で、夕日が沈みかける頃を狙って到着。

既にいたテラス席のお客さん2組が、たまたま同時に店を後にした。「お好きな席へどうぞ」と、スタッフの方に笑顔で案内されるも、(はて、どこに座ろう・・・?)。どの席も魅力的で迷ってしまう・・・。

ちなみに特定の席に絶対座りたい!という方は、少なくとも一週間前までの予約をおススメします。

ハンギングチェアで揺られるも良し、ハート型チェアでくつろぐも良し。

「この海は、まるで自分の為にあるんじゃないかしら…!?」テラス席から夕日を眺めていると、そんな都合の良い錯覚に陥いります。

いつまでも座っていたい特等席

中央にシンボルツリー、緑あふれる心地よい店内。BGMには涼し気な波の音が。中にいても海を感じられ、ゆったりとした時間が流れています。

うっとりサンセットと共に、ちょっぴり早めのディナー♡

和牛カフェとあって、国産和牛がご自慢のKAPUKA。オーナー秦さんのご出身は、食肉のメッカである大阪・羽曳野。入手困難ないわゆる希少なお肉も「秦さんになら!」という事で入手できている。仕入れ先からの信頼も絶大です。

「本当に”うまい肉のうまい部位”を食べて頂きたいんです。」と語る秦さん。

うっとりサンセットと共に、ちょっぴり早めのディナー♡
チルド・冷凍肉は一切使わない主義。

●これぞフォトジェニの極み!「牛肉サラダ(880yen)」
SNS映え抜群な “アボカドフラワー”に釘付け!繊細な職人技に感動のあまり、お箸を入れるのをためらってしまう程。
ドレッシングは6種類から選べ、今回はコブドレッシングとパクチードレッシングをセレクト。ちなみにパクチーはハワイからわざわざ取り寄せているんだそう。お肉もゴロゴロ入っていて贅沢、まさに主役級の大満足サラダ♡

即インスタにあげたくなる、南国バカンス飯。

●一口食べれば夢見心地♡ 「ステーキ丼ぶり(黒毛和牛 2500yen)」
肉の美味しさを最大限に引き出す為、サーロインステーキは“揚げ焼き”で。表面を焦がし油をかけながら揚げることで、たんぱく質がうまみ成分に変わるのだそう。

お肉だけでなく”お米”にもこだわりが。使われるのは「金芽米(キンメマイ)」という長野県産コシヒカリ。間寛平さんがアースマラソンに挑戦した際食べていたお米としても注目され、地球一周を支えたお米と呼ばれています。その栄養価の高さは目を見張るものがあり、白米と比べ食物繊維が約1.8倍、ビタミンB1はなんと約7倍!さらには自然治癒力を高める効果もあるんだとか。

外はクリスピー、中はジューシー。

KAPUKAで朝食を♡ これぞ理想的な一日の始まり

サンセットだけでなく、晴れた日の朝の「KAPUKA」も最高!目の前に広がるマリンブルーの海がパワーをくれます♪

KAPUKAで朝食を♡ これぞ理想的な一日の始まり

●理想的な美活ブレックファースト「ステラのレインボーブレッド(880yen)」
世界一美女が多い国・ウクライナ出身の歌手、ステラさんがプロデュースされた一皿。レインボーカラーのブレッドがとっても珍しい♡ 周りには色とりどりの野菜やフルーツがたっぷりあしらわれています。 自家製マンゴーバター、もしくはヌテラ(チョコレート風味のスプレッド)をのせて頂けば、一気にスイーツ感覚に。
他にも焼きたてパンや、14時間かけて抽出する水出しコーヒーなど、こだわりを感じるメニューが目白押しです。

国産小麦を使用、ハンドメイドの「ステラのレインボーブレッド」

人を喜ばせるプロの想いが詰まった、“食の癒しパラダイス”

「あ~、癒される―!!!」隣で食事中の女子達が叫ぶ。ふと見れば、その顔はまるで温泉にでも浸かっているかのような脱力感に満ちている。
思わず、「本当、癒される~~」ぼそっと筆者の口からも出てしまう。
”料理良し”、”ロケーション良し”、”雰囲気良し”、”人良し”。 4拍子揃った「WaGyu-Café KAPUKA」は、朝昼晩と何度でも訪れたくなる場所。居心地の良さがくせになる、”食の癒しパラダイス”のご紹介でした。

人を喜ばせるプロの想いが詰まった、“食の癒しパラダイス”

関連スポット

  • dummy image

    WaGyu-Cafe KAPUKA(ワギュウカフェカプカ)

    カフェ
    沖縄県中頭郡北谷町美浜51-1 マカイリゾート1F
cntlog