NAVITIME Travel

【別府】鉄輪温泉で“美味しい体験”「地獄蒸し」@地熱観光ラボ 縁間

鉄輪(かんなわ)、別府の中でも最も多くの源泉が集中する温泉街。かつて湯治場として栄えたこの地に伝わる「地獄蒸し」は、温泉の蒸気を利用し食材を蒸す伝統的な調理方法です。そんな地獄蒸しを、宿に泊まらずとて体験できると聞き「地熱観光ラボ 縁間」にやってきました!

地獄蒸し、温泉、染物体験・・・。鉄輪文化にどっぷり
  • 到着!まずはホッと一息。鉄輪をならではの“湯タイム”♪

    別府駅西口より亀の井バスに揺られること約20分、「鉄輪」停留所に下車。そこから5分程歩けば「地熱観光ラボ 縁間」(以下、縁間)に到着。
    地獄蒸し体験だけでなく、竹細工体験やエンマの湯、温泉熱を利用した苺栽培など…、鉄輪文化を堪能できる施設です。

    地獄の閻魔とかけて、こちらは人との縁を繋ぐ”縁間”

    地獄の閻魔とかけて、こちらは人との縁を繋ぐ”縁間”

    【注目ポイントその1 足湯席】
    足湯に浸かりリラックスしつつ食事が楽しめる極上空間。

    ”美食” x ”足湯” 極楽過ぎて立ち上がれなくなりそう・・・

    ”美食” x ”足湯” 極楽過ぎて立ち上がれなくなりそう・・・

    【注目ポイントその2 湯雨竹(ゆめたけ)】
    竹製の温泉冷却装置。100度以上の源泉が勢いよく吸い上げられています。熱湯が上から下がっていく事で冷まされるんだそう。45~47度の温度に調整され足湯に注がれています。
    加水せず温泉を冷ます事で”源泉100%を楽しめる”、 イコール効能をそのまま使えるというのが最大の魅力。

    きらめく湯しぶきが眩しい!

    きらめく湯しぶきが眩しい!

    【注目ポイントその3 飲泉場】
    なんとこちらの温泉、飲めるんです!萎縮性胃炎、便秘などに効果ありなんだとか。又、美人の湯と呼ぶにふさわしくそのまま化粧品にできるそうで、今後化粧品開発も行われる予定とのこと。楽しみですね!

    飲む温泉で体の中からキレイに♪

    飲む温泉で体の中からキレイに♪

  • 縁間の“ヤッチャバ”で、お好みの食材選び

    「ヤッチャバ」とは青物市場(野菜・果物)の事。ここ縁間では野菜に加え魚介類もGetできちゃいます。あつかわれているのは大分県佐伯産の安心安全な食材。佐伯は青物大国、魚種日本一とも言われる港町。鮮度抜群の食材&地獄蒸しコラボ、期待に胸が高鳴ります!

    【食券購入】
    やはり頂きたいのは“地の物”。という事で野菜と海鮮がセットになった「地獄小盛り」をチョイス。そして店員さんの一押し「海鮮蒸しピザ」。縁間でしか食べられない限定品です。

  • お待ちかね、Let’s地獄蒸し!

    食材を手に入れたらいよいよ地獄蒸し体験。窯のあるエリアへ移動しましょう。

    何とも素敵な窯。オーナーの手づくなんだとか

    何とも素敵な窯。オーナーの手づくなんだとか

    初地獄蒸しという事で、スタッフの方が手取り足取り丁寧に教えてくれます。
    最初に食材を窯の中へセット。ふたを閉めて、バルブをひねると・・・。

    おおお、モクモクと蒸気が出始めました!顔にあてれば温泉スチーム効果でお肌しっとり♡
    *くれぐれも火傷しないように気を付けましょう。

    高温の蒸気で一気に蒸し上げるので、ピザは約4分で出来上がるそう。マッハですね。

    続いて、野菜と海鮮の小盛りを蒸していきます。こちらは蒸しあがりまで7~8分。

    うーん、待ち遠しい。

    うーん、待ち遠しい。

    蒸し時間しばし談笑を楽しみます。スタッフの山平さんはオープン当初から縁間を盛り上げてきたベテランさん、蒸した食材数知れず!鉄輪の魅力を語ってくれます。地元の方とのこういうひと時が又、旅の良さでもあります。

  • 実食!新感覚テイストとの遭遇。

    見て下さい、この色鮮やかさ!
    調味料のポン酢や塩はお好みでかけても良し。ですが、まず何もかけず頂いてみます。
    「味、濃ゆい!!!」
    すいません、思わず大声で叫んでしまいました。

    キャベツが甘くて瑞々しいにもほどがある!かぼちゃもとってもクリーミー、箸で掴めない程ホロホロです。
    そして驚いたのは温泉卵。事前に12時間温泉に浸からせた燻製一歩手前の逸品です。
    実は筆者ゆで卵が結構苦手。というのも黄身のモサモサ感が喉に詰まりそうな気がしちゃうんですよね・・・。でもこちらの温泉卵はむしろし~っとり。 口の中には後引くスモーキーな香り。

    「旨みがギュッと凝縮」ってこういうことか・・・。

    「旨みがギュッと凝縮」ってこういうことか・・・。

    海鮮は海老、ブリ、サザエ、そして一瞬ホタテと勘違いしてしまったオレンジ色の貝は、ヒオウギ貝と言うそう。貝類はどれもプリップリ!貝からしみ出たダシまで一滴残らず飲み干します。

    そしてこちらが縁間特製「海鮮蒸しピザ」。トロトロ感ハンパないです。
    蒸したピザってこんなにもモチモチするんですね~。耳も、いや耳がうまい!シーフードの風味がしみ出て良いお味。

    ここで山平さんから必殺技を伝授して頂きました。
    ”The ポン酢をかけて味変!!!”
    (え、ピザにポン酢でどうなの!?)半信半疑でたらしてみると・・・。信じられないくらい合う!さっぱりしていくらでも食べられそうです。

    未知との遭遇に感謝♡

    未知との遭遇に感謝♡

  • 【速報!】「温泉染め体験」もスタートするらしい・・・。

    縁間では今後「温泉染め体験」のワークショップが開始予定との事。実際に教えて下さるアーティスト・行橋 智彦さんにお話を伺う事ができたのでちょっとだけご紹介します!

    施設内に飾られる行橋さんの温泉染め作品、購入も可能。

    施設内に飾られる行橋さんの温泉染め作品、購入も可能。

    【「旅する服屋さん」Yukihiko Ikuhashi】
    元々日本一周旅をしながら服を作っていたという行橋さん。人との出会いにインスピレーションを受けながら、その時その土地でしか作れない物・ことを創ってこられました。

    そんな旅する服屋さんが別府温泉に魅了され、移住し始めたのが約1年前の事。湯遍路をしながら町を巡り、出会った温泉で布を染め始めるように。温泉の成分や含有物によって、染物の色の出かたは様々。泉質のバリエーションが豊富な別府は、行橋さんにとってまさに”宝の山”なのだと語ります。

    大分の伝統竹工芸を、温泉で色づけ。

    大分の伝統竹工芸を、温泉で色づけ。

    取材当日作業をされていたので、窯を見せて頂くことに。通常では火を使って染料を温めるところですが、こちらでは温泉熱が利用できるのでとってもエコ。この日は糸を染められてましたよ!

    参加希望者は一週間前までに要予約。縁間公式Webサイトにて最新情報がアップされるようなので、気になる人はぜひ詳細をチェックしてみて下さい。

    【地熱観光ラボ 縁間】 http://enma-ch.com/

  • 鉄輪で浸かれるのは、温泉だけじゃない!

    別府屈指の温泉街「鉄輪」で温泉に浸かった後は、伝統と文化にもどっぷり浸かってみる。
    「地獄蒸し」に「温泉染め」・・・etc. 実際に”体験する”事で、鉄輪の魅力の一端に触れてみてはいかがでしょう?

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

新着記事

cntlog