NAVITIME Travel

ムーミン列車&里山トロッコ列車でゆく身も心もの~んびり♥ローカル列車の旅

房総半島の東から西にかけて、のどかな田園風景を望む列車が走っていることをご存知でしょうか? 「ムーミン列車」が話題の「いすみ鉄道」から、クラシックなトロッコ列車が魅力の「小湊鉄道」に乗り継いで、鉄道ファンをも唸らせるローカル列車の旅へGO! 情緒あふれる車窓の外に広がる緑豊かな光景に、身も心も癒されて。徒歩や車の旅では味わえない列車旅の魅力に、どっぷりとハマってしまいそう♡

目次

  • 「ナビタイム」的・モデルプランをチェック!

  • 旅のスタートは、いすみ鉄道から

  • 上総中野駅から、小湊鉄道に乗り換え!

  • 「ナビタイム」的・モデルプランをチェック!

    大原駅~上総中野駅の全14駅からなる「いすみ鉄道」と、上総中野駅~五井駅の全18駅からなる「小湊鉄道」を自由に乗り継いで楽しめる、こちらの列車旅。「ナビタイム」編集部が取材をした際に巡ったプランを参考に、お好みのコースをプランニングして!

    いすみ鉄道ルート

    いすみ鉄道ルート

    小湊鉄道ルート

    小湊鉄道ルート

    大多喜駅

    大多喜駅

    養老渓谷駅

    養老渓谷駅

  • 旅のスタートは、いすみ鉄道から

    ローカル列車の旅へ、いざ出発!
    今回「ナビタイム」編集部がローカル列車をスタートさせたのは、「いすみ鉄道」のデンタルサポート大多喜駅。こちらの駅では車両基地があり、話題のムーミン列車をゆっくりと見学できるのがポイント。

    ミイ&ニョロニョロがお出迎え♪

    ミイ&ニョロニョロがお出迎え♪

    駅構内には売店があり、ムーミングッズや、鉄道ファン必見のいすみ鉄道グッズがズラリ。ここでしか買えないレアなアイテムたちは、旅の思い出としてゲット必至!

    (右から)ハーブティ各860円、マグカップ各1300円

    (右から)ハーブティ各860円、マグカップ各1300円

    ムーミン列車を見学していると、列車が到着。イエロー&グリーンの鮮やかなカラーリングが、ファンタジー感満点!

    ホームに列車が到着する瞬間は、写真撮影をお忘れなく。

    ホームに列車が到着する瞬間は、写真撮影をお忘れなく。

    待ちに待ったムーミン列車に、いざホップイン♪ 車両に描かれたムーミンのイラストの記念撮影も、忘れずに。

    車両内にも、ムーミン&仲間たちを発見。

    車両内にも、ムーミン&仲間たちを発見。

    ムーミン列車の魅力のひとつが、いたるところに施されたムーミン&仲間たちのイラスト。

    こんなところにも!

    こんなところにも!

    車窓から壁にまで描かれたキュートなイラストの数々に、終始キュンキュンしっぱなし♡ 車内では、乗客の撮影大会が繰り広げられていました。

    美しい緑も見逃さないで。

    美しい緑も見逃さないで。

    ムーミンのイラストにも引けを取らないのが、列車が走り抜ける田園風景の美しさ。まるで“緑のトンネル”のような豊かな緑の中を駆け抜ける列車に揺られる非日常感を味わえるのも、ローカル列車ならでは。

    色とりどりの花々に、うっとり。

    色とりどりの花々に、うっとり。

    美しい景色に見入っていると、あっという間に、「小湊鉄道」への乗り換えを行う上総中野駅に到着。

    ムーミン列車とは、ここでお別れです。

    ムーミン列車とは、ここでお別れです。

    こちらの上総中野駅は、関東では数少なくなった無人駅。乗り換えの心配などがあれば、運転士さんに聞いてみましょう。車両が出発する前に、悔いのないようムーミン列車をしっかりと写真におさえて。

    運転士さんが笑顔で対応してくれます♪

    運転士さんが笑顔で対応してくれます♪

    お次はここ上総中野駅から「小湊鉄道」に乗り換えて、トロッコ列車に乗車する養老渓谷駅を目指します。列車が到着するまでの待ち時間は、駅周辺をぶらり散歩してみるのもよし。

    普段はなかなかお目にかかることのできない無人駅は、情緒たっぷり。

    普段はなかなかお目にかかることのできない無人駅は、情緒たっぷり。

  • 上総中野駅から、小湊鉄道に乗り換え!

    そろそろ列車の到着時間…とホームで待っていると、小湊鉄道の通常車両が登場。この列車に飛び乗り、いざ里山トロッコ列車の発着駅である養老渓谷駅へ。

    小湊鉄道の列車が到着!

    小湊鉄道の列車が到着!

    無人駅で切符の販売は行っていないため、料金は車内で支払うシステム。車掌さんがひとりひとりに、声をかけてくれます。

    各駅の見どころなども聞いてみて!

    各駅の見どころなども聞いてみて!

    小湊鉄道の路線で長年活躍してきた列車の操縦機械はまるで、アンティークのよう。クラシックな雰囲気満載の車内は、写真映えも抜群に◎。

    歴史を感じる操縦席は、見逃さずに。

    歴史を感じる操縦席は、見逃さずに。

    約8分ほどの乗車で、養老渓谷駅に到着。この駅で、里山トロッコ列車の到着を待ちます。

    猫駅長がお出迎え?

    猫駅長がお出迎え?

    養老渓谷駅に到着するなり、猫の駅長さんがお出迎えしてくれました。じつはこの駅には多数の野良たちが住み着き、“駅猫”として親しまれているのです。とっても穏やかで人懐っこい性格の猫たちと遊んでいたら、待ち時間もあっという間に経過してしまいそう。

    色とりどりの花々で目を癒して。

    色とりどりの花々で目を癒して。

    菜の花や桜を筆頭に、たくさんの花々が咲き誇ることで有名な、小湊鉄道の線路沿い。ホーム脇にも、美しい花がたっぷり。

    足湯につかって、ほっと一息。

    足湯につかって、ほっと一息。

    さらに駅に隣接するのが、こちらの足湯。通常は入湯料140円がかかるものの、小湊鉄道の乗車券があれば、無料になっちゃうんです! これは、入るっきゃナイ。タオルを忘れた!という人には、駅の窓口にて100円で販売中なので、ご安心を♪

    お待ちかね! トロッコ列車の到着です。

    お待ちかね! トロッコ列車の到着です。

    ついに、里山トロッコ列車がホームに到着。かつて小湊鉄道を走っていたSLをモチーフにした現代版の機関車は、インパクトたっぷり! まずは車両を前に、記念写真をパシャリ。

    天気が良い日は、オープンエアーの席がおすすめ。

    天気が良い日は、オープンエアーの席がおすすめ。

    トロッコ列車は、窓なし車両と窓あり車両、各2両ずつの合計4両編成。天気が良い日は、絶景を存分に見渡せる、窓なし車両を選んで。マイナスイオンをたっぷり含んだ風を浴びて、日々のストレスを発散!

    絶景スポットを、見逃さずに!

    絶景スポットを、見逃さずに!

    車内で配られる「SATOYAMAトロッコとことこMAP」には、列車から見渡せる絶景スポットや、各駅の見所が記されています。こちらを参考に、トロッコ列車の旅をフルに満喫すべし。

    この絶景を見よ!

    この絶景を見よ!

    養老渓谷駅と上総大久保駅の間に現れる絶景スポットのひとつが、養老川。高さ20メートルもの養老川第四橋梁から見下ろす景色への感動から、思わず言葉を失ってしまうはず。オープンエアーによる程よいスリルにも、病みつきになりそう。

    車掌さんたちとの記念撮影も大人気。

    車掌さんたちとの記念撮影も大人気。

    切符の確認を行う車掌さんたちと、記念に1枚いかが? 素敵な笑顔に、心がほっこり♡

    シュールなカカシがこんにちは♪

    シュールなカカシがこんにちは♪

    里山トロッコが走る路線の周りには、地元の人々の遊び心が感じられるデコレーションがたくさん。一見ギョッとするカカシは、それぞれ異なる衣装を着ておめかし。

    ミニチュア・里山トロッコ列車を発見!

    ミニチュア・里山トロッコ列車を発見!

    こちらのご自宅の庭には、里山トロッコ列車のミニチュア版が飾られていました。乗客が楽しめる様々な工夫が施されているところに、地元の人々の“里山トロッコ列車愛”が感じられます♡

    じつはこれ、トイレなんです(驚)。

    じつはこれ、トイレなんです(驚)。

    飯給駅前に隣接するのが、巷で有名な「世界一大きなトイレ」。木の柵で覆われた広大な敷地の中にあるトイレは、たったひとつ! 入った経験を持つ人いわく、「公園の中にポツンと佇むトイレ」のようなイメージだとか…。開放感溢れるトイレは一度、挑戦してみる価値大アリ。降車するチャンスがある方は、ぜひお試しあれ。

    緑のカーテンに、目を奪われて。

    緑のカーテンに、目を奪われて。

    いすみ鉄道
    住所
    千葉県夷隅郡大多喜町大多喜264
    電話番号
    0470822161
    備考
    【URL】http://www.isumirail.co.jp/
    ※時刻表はホームページをご確認ください。
    小湊鐵道
    住所
    千葉県市原市
    電話番号
    備考
    【URL】http://www.kominato.co.jp/
    ※時刻表はホームページをご確認ください。
    ※里山トロッコ列車は、平日2往復、休日3往復の限定車両です。
    春先~初夏の混み合う時期は、事前予約をお勧めします。
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする