コンビニだけでもいいんです「道の駅 野方あらさの」


2015.06.01

NAVITIME TRAVEL EDITOR

九州の道の駅めぐりの第3回は鹿児島県の「野方あらさの」。昨年の12月にオープンしたのですが、いたってシンプルな構造なのです。

  • 01

    大隅半島で10箇所目の駅

    野方あらさのは曽於(そお)郡大崎町にあります。鹿児島県の2大半島のうち、地図でいうと右側、大隅半島の中ほどにあります。
    東九州自動車道の開通によってアクセスが格段によくなりました。
    鹿児島県内では21番目の駅。薩摩側に10、大隅側にも10とバランスのよい道の駅の配置です。
    ちなみに、もう1箇所は奄美大島にあります。えぇ、私は行きましたよ、奄美大島にも。日帰りで。

  • 02

    コンビニと休憩施設。以上。

    さて、野方あらさのの施設を紹介します。
    コンビニがあります。休憩施設があります。…以上です。トイレも24時間使えますし、道の駅の要件は揃ってますね…。

    地域振興はどうした!?という声にもちゃんと応えてますよ。コンビニ内に農産物の直売コーナーがあります。たまに郊外のコンビニにこういう形態のお店ありますよね。

  • 03

    スタンプはちゃんとあります

    道の駅には欠かすことのできないスタンプ。決して設置要件にはないのですが、遠いところまで来たからには押さずには帰れません。
    てことで、こちら。休憩施設内にあり、24時間押印可能。道の駅のスタンプは、概ね物産館にあって、営業時間内でないと押せないことがほとんどです。その点、24時間押印可能なところって意外と貴重な存在だったりします。
    他の方の報告によると、昨年12月にオープンしたときはスタンプの準備ができてなかったらしい。さらにコンビニも開業前だったようで、そのとき来ていたらがっかりを通り越していたでしょう。
    ところで、この絵柄は誰…?

  • 04

    評価:★★☆☆☆☆(2015年5月6日)売店のあるPAとして考えれば十分

    もっと工夫の余地はあるんじゃないかな、とは思います。が、実は大隅半島の道の駅はその立地ゆえ、経営に苦戦しているところもあります。それを考慮すると、24時間営業の施設があるだけでも立派なのではないかと思います。
    また、東九州自動車道の休憩施設も非常に少なく、この道の駅はパーキングエリアとしても機能しています。コンビニだけでも、ドライバーにとってはほっと一息つけられるのは本当にオアシスなんです。
    記念きっぷを発売したら、また来ますよ。私はね。

  • 05

    【アクセス】東九州自動車道野方インター降りてすぐ

    野方インターの前後の区間は無料で通行できます。なので、インターで降りても別料金はかかりません。大隅半島をドライブする際は休憩がてらお立ち寄りください。

    ©ゼンリン

この記事を含むまとめ記事はこちら