NAVITIME Travel

迷ったらここに行き!天下の台所・大阪の味を楽しめる絶品グルメ店

食の街として名高い大阪。滞在時間が限られている出張のときでも、地元の食通が通うような本場の味が楽しめるお店で食事をしたい!と誰もが思うはずです。そんなときにピッタリな、ローカルの雰囲気たっぷりで味も良い老舗店を3軒ご紹介します。
賑やかな大阪人と一緒に、「天下の台所」が誇る絶品料理を存分に味わってみてはいかがでしょうか?

迷ったらここに行き!天下の台所・大阪の味を楽しめる絶品グルメ店
  • “NAMBAなんなん“にある三代続く老舗 焼き鳥店「八起亭(やおきてい)」

    御堂筋線なんば駅の改札目の前にあるマルイの出入り口横、“NAMBAなんなん”を奥に進んだ突き当たりにある、炭火焼き鳥専門店の「八起亭」。昭和32年にこの地下街が誕生した際に開業し、創業61年となった現在は三代目である店主がお母様と2人で経営しています。

    店舗外観

    店舗外観

    16時の開店以降、常に客足が途絶えることはありません。細長いつくりの店内で肩を並べ、お酒を片手に店主の焼いた絶品の串を満足気に頬ばっています。

    店内の様子

    店内の様子

    オススメは、新鮮な若鶏を使った「ももの塩焼き(950円)」。火を入れすぎず、ふっくら・しっとりと焼き上げられています。その他には、他店とは一線を画したスタイルの「ネック(2本500円)」や、シンプルな鳥の旨みを味わえる「ミンチ/つくね(2本500円)」なども人気メニューです。

    鶏ももの塩焼き 950円

    鶏ももの塩焼き 950円

    ミンチ串 (2本500円)

    ミンチ串 (2本500円) 

    注目したいのが、「八起亭」秘伝のタレ。これは現店主のお爺様にあたる初代店主が創業時につくりだして以来、61年間ずっと継ぎ足して使い続け、守ってきた伝統の味。目まぐるしく繁栄し変わってきた難波の街で、店と味を守り続けてきた家族の歴史に味わい深さを感じられるはずですよ。

    八起亭
    住所
    大阪府大阪市中央区難波5 NANBAなんなん内
    電話番号
    0666327894
    備考
    【URL】https://nannan.osaka-chikagai.jp/shops/detail.php?shopId=91
  • 夜中4時まで営業中!「お好み焼 だん」で大阪人のソウルフードを

    堺筋から入ってすぐの宗右衛門町にある、薄暗いビルの1階奥に位置するこちらのお店。一見ではなかなかたどり着けないかもしれませんが、ぜひ訪れてもらいたいお好み焼き店です。

    ちょっと見つけにくいビルの奥に佇んでいます。

    ちょっと見つけにくいビルの奥に佇んでいます。

    店内に足を踏み入れると、鉄板から上がる湯気の向こうから「いらっしゃいませ!」と元気よく迎え入れてもらえます。

    テーブル席から見た店内の様子

    テーブル席から見た店内の様子

    府外ではよく、お好み焼きを自分で焼く“セルフサービス”のお店を目にしますが、大阪人は店に行って自分で焼くことはあまりしません。たいていは店員さんのプロの手で焼き上げてもらうことが多く、こちらのお店も同様のスタイルです。
    「だん」のお好み焼きの特徴は、なんといってもそのフワフワ感。まるで空気が入っているかのような独特の食感がたまらない美味しさで、1人で1枚ペロリと完食できます。

    やっぱりお好み焼きは豚玉

    やっぱりお好み焼きは豚玉

    具材は数種類から選べますが、オススメはやはり、大阪人なら誰もが好きな「豚玉(780円)」でしょう。豚の脂のうま味とキャベツの甘さがうまく調和し、その上にたっぷりと塗られたソースがさらなる相乗効果を引き出しています。

    まだお腹に余裕があるようであれば、「焼きそば(780円)」も必食ですよ!

    お好み焼きと双璧をなす大阪のソウルフード、焼きそば

    お好み焼きと双璧をなす大阪のソウルフード、焼きそば

    大阪に来たら絶対食べておきたいソウルフード・お好み焼き。平日であれば夜中4時まで営業しているので(ラストオーダーは3時30分)、夕飯時を逃したときやお酒を飲んだ後の「もう1軒」としてもオススメです。

    だん
    住所
    大阪府大阪市中央区宗右衛門町1-14 大日館ビル1F
    電話番号
    0662118708
    備考
    【URL】http://soemon-cho.com/shop/eat/okonomi/post-27.htmlttp://www.ippoutei.com/
  • 昭和初期の開業以来、今もなお愛され続けている老舗華風料理店「一芳亭(いっぽうてい)」

    難波中にある、昭和7年創業の「一芳亭」。店内に入ると、昭和にタイムトリップしたかのような雰囲気を感じられます。1階と2階があり、時間を問わず常にお客さんが出入りしている人気店です。

    一芳亭 外観

    一芳亭 外観

    懐かしくもあたたかい雰囲気の店内

    懐かしくもあたたかい雰囲気の店内

    ここで絶対食べておきたいメニューは「しゅうまい(5個入 320円 税込)」。丸くコロンとした形で、小麦粉でできた皮ではなく、薄焼き卵でできた黄色い皮で包まれているのが特徴です。豚、エビ、淡路産の玉ねぎをシンプルに味つけしており、ひと口食べれば玉ねぎのやわらかな甘みが頬を満たします。いくらでも食べられてしまう軽い食感がクセになりますよ。

    作家、池波正太郎氏が足繁く通って求めたというしゅうまい(5個入 320円 税込)

    作家、池波正太郎氏が足繁く通って求めたというしゅうまい(5個入 320円 税込)

    しゅうまいの他には、若鶏をしょうゆのみで味付けし、豪快に素揚げにした「若鶏唐揚げ(小 1,150円 税込)」もオススメ。パリッとした食感の皮とふんわり香るしょうゆの風味が、熱々ジューシーな身を引き立たせます。

    若鶏唐揚げは豪快に素揚げされています

    若鶏唐揚げは豪快に素揚げされています

    ランチタイムは非常に混み合っていますが、通し営業なので少し時間をずらして行けばスムーズに入店できるはずです。

    一芳亭
    住所
    大阪府大阪市浪速区難波中2-6-22
    電話番号
    0666418381
    備考
    【URL】http://www.ippoutei.com/
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事