NAVITIME Travel

地元民がこぞって通う長崎の名店で、愛され続けるソウルフードを体験!

旅先を知るためには、まずは食文化から攻めるのが一番! 今回は、長崎の地域に根付き、地元の人々に長きに亘って愛され続ける個性的なソウルフードを紹介します。常に方言が飛び交う店内で、地元民と一緒に定番の味をいただけば、長崎をずっと身近に体感することができるはず。旅のひとときをより味わい深いものにしてくれる、地元の人にとっても特別なお店をお試しあれ!

地元民がこぞって通う長崎の名店で、愛され続けるソウルフードを体験!
  • 愛され続けて85年! 夕焼け色の“やさしいカレー”の店「夕月」

    一度食べたら必ずまた食べたくなるという長崎市「夕月」のカレー。数十年前にデートで訪れていたカップルが、その後結婚して子供、孫を連れて訪れるようになるなど、常連のほとんどが長いファン歴を誇ります。

    長崎らしいステンドグラスやレトロな照明が印象的な店内

    長崎らしいステンドグラスやレトロな照明が印象的な店内

    創業は昭和8年。なんと85年も前にカレー専門の店としてオープンし、長崎県民なら必ず一度は食べたことがあると言われるほど、長崎ソウルフードの代表的なお店として愛され続けてきました。「カレーがソウルフード?」と思われそうですが、夕月のカレーは一般的なそれとはひと味もふた味も違います。
    まず驚くのがその見た目で、夕焼けの空に映えるオレンジの月を思わせるルゥの色が特徴的!そして辛味はなく、まろやかな懐かしい味ながら、ほんのり酸味を感じる新鮮な味わいが多くのリピーターを生んできました。シェフである社長のみが知る秘伝のレシピは、数十種類ものスパイスを調合して作られているのだそう。

    カツカレー780円(税込)

    カツカレー780円(税込)

    2年前に移転したアーケード内にある喫茶店風の現店舗には、今日も馴染みの夕焼け色のカレーを求め、老若男女問わず多くのリピーターが訪れています。長崎に訪れたらこの独特の“やさしいカレー”を食し、地元民気分で街ぶらを楽しんではいかがでしょう。

    アーケード内の現店舗へは2016年に移転

    アーケード内の現店舗へは2016年に移転

    カレーの店夕月
    住所
    長崎県長崎市万屋町5-4
    電話番号
    0958272808
    備考
    【URL】http://www.yuuzuki.com/
  • 飲み屋街の“伝説の唐揚げ”を復活させた新たな名店「とり福」

    長崎市内の風情ある石畳の飲み屋街「銅座町」。そこにはかつて、地元の呑んべえたちに慕われた“伝説の唐揚げ”がありました。半世紀以上ものあいだ熱く支持されるも、2014年に閉店。それはもう多くの人に惜しまれ、閉店の日が近づくと毎日大行列ができたほどだったといいます。
    その涙の閉店から約2年。同じく銅座町にある一口餃子の名店「宝雲亭」の女将が新たにオープンしたのが「とり福」です。当時の店で調理していたその道50年以上の職人を招き、伝説の味の復活を果たしたのです。

    とり福の店内は、明るい蛍光灯とシンプルなテーブルと椅子が並ぶ、いかにも場末的な雰囲気で、それもまた呑べえたちがこの店を愛するポイントのよう。

    毎夜地元の呑べえたちが集う人気の空間

    毎夜地元の呑べえたちが集う人気の空間

    人気の唐揚げは国産ハーブ鶏のヒナ鶏だけを使用しており、胸肉も柔らかく、しっとりとしてジューシー。九州らしい甘みのある味付けで、ビールのおともにぴったりの一品です。

    からあげ 骨付き520円(税込)

    からあげ 骨付き520円(税込)

    絶品骨つき素揚げ(もも)520円(税込)

    絶品骨つき素揚げ(もも)520円(税込)

    そのほか、すなずり串や枝豆、冷奴などのおつまみ、冬には鴨鍋などお酒のあてにぴったりのメニューが用意されています。長崎で過ごす長い夜のおともに“伝説の唐揚げ”を選べば、人懐っこい長崎人とグッと距離を縮められることは間違いなし。揚げもののほか、近隣の「宝雲亭」から持ってきてくれる絶品一口餃子も忘れずにご注文を!

    長崎の賑やかな飲み屋街銅座町に位置する

    長崎の賑やかな飲み屋街銅座町に位置する

    とり福
    住所
    長崎県長崎市銅座町8-9
    電話番号
    0958223858
    備考
    【URL】http://tori-fuku.com/
  • ナガサキ女子のハートを掴んで離さない「シシリア」のマリンライス

    ナガサキ女子お馴染みのお店「シシリア」は、花と緑でいっぱいの入り口が目印。

    街なかにありながら、緑いっぱいのかわいらしい外観

    街なかにありながら、緑いっぱいのかわいらしい外観

    ウッド調の店内には、アンティークな調度品や手作りのレザークラフトが飾られており、落ち着いた空間が広がっています。
    ランチタイムを過ごしていると、うっかり街なかにいることを忘れ、森にたたずむ別荘にいるかのような気分になる居心地の良さも魅力のひとつ。お昼どきにはガールズトークに花を咲かせるナガサキ女子でいっぱいになります。母・娘・孫と、親子三代で通う常連さんもいるほど、長崎の女性の圧倒的支持を得るお店です。

    店主のお母さん手作りのレザークラフトが店内を飾る

    店主のお母さん手作りのレザークラフトが店内を飾る

    「シシリア」に訪れる女性たちがこぞって注文するのが“マリンライス”。
    これは、トマトソースのドリアで、海の素材を使用していることから名付けられたのだとか。見た目に反してこってり感はまったくなく、トマトのさっぱりした味わいでするすると食べてしまえるのも女性に人気のゆえんです。

    マリンライス900円(税込)

    マリンライス900円(税込)

    創業時の40年ほど前にまかないとして食べられていたマリンライス。お客様に提供したところ思いのほか人気となり、今やお店の看板メニューになったのだそうです。

    15年前に創業者のお父様が他界後、現在の店舗に移転し母娘で守り続けた「シシリア」。現在は娘さんのご主人が味を引き継ぎ、ナガサキ女子にとって欠かせないお店として、今も新たなリピーターを生み続けています。

    シシリア
    住所
    長崎県長崎市万屋町6-17
    電話番号
    0958229748
    備考
    【Facebook】https://www.facebook.com/restaurant.sicilia/

    更新日:2018/12/14

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事