NAVITIME Travel

奈良といえば!いま話題の大和伝統野菜と大和食材を堪能できるお店3選

いま、奈良の食文化に注目する人が増えています。その人気を支えるのが、大和に伝わる優れた食材たち。なかでも大和伝統野菜は、そのほとんどが地元奈良県で消費される希少なものです。どれも力強く風味豊かで、エネルギーを感じられます。大和野菜を中心に、鎌倉時代から銘牛といわれる大和牛、丁寧に飼育される大和肉鶏など、注目の大和食材を堪能できるお店を紹介します。

  • 大和伝統野菜と大和牛のマリアージュを楽しむ「粟 ならまち店(あわ ならまちてん)」

    奈良県内で育てられている作物の研究やその栽培保存に取り組み、大和伝統野菜を中心に120種類もの野菜とハーブの栽培を手掛ける「プロジェクト 粟」。その農場から送られてくる新鮮な大和野菜をはじめ、大和牛、大和の地酒など、奈良県産の優れた食材を使った料理を提供する人気店が「粟 ならまち店」です。

    平格子・虫子窓などの装いが残る、築140 年の町家をリニューアル。

    平格子・虫子窓などの装いが残る、築140 年の町家をリニューアル。

    近年その名を知られるようになってきたものの、まだまだ全国的にはあまり馴染みのない大和野菜。店内の大きな籠には、大和まな、ひもとうがらし、どいつ豆などの食べごろを迎えた野菜たちが盛られています。
    「店で料理に使う野菜は、こうしてお客様に見てもらいます。よろしかったら生でも食べてみてください」と言うのは店長の新子大輔さん。一口かじってみると、その甘さをダイレクトに感じられます。珍しい野菜が多いので、わからないことがあれば質問してみましょう。

    1階の座敷の奥の間や蔵のほか、2階にも座敷が設けられています。

    1階の座敷の奥の間や蔵のほか、2階にも座敷が設けられています。

    料理には、常時30~40種類の野菜をふんだんに使います。どれも風味豊かで味が濃く、滋味に富んだ味わい。そうした野菜本来のもつ力強さと持ち味を損なわないよう、料理の味付けは昆布とシイタケでとった出汁が基本のシンプルなもの。野菜とともに大和牛や田舎鶏をいただきます。ヘルシーかつエネルギッシュな奈良の食材に脱帽です。

    5,000円のディナーコースから、大和牛と大和伝統野菜の籠盛

    5,000円のディナーコースから、大和牛と大和伝統野菜の籠盛

    5,000円のコースのメインディッシュは、大和牛のリブロースと大和野菜の陶板焼き

    5,000円のコースのメインディッシュは、大和牛のリブロースと大和野菜の陶板焼き

    粟 ならまち店
    住所
    奈良県奈良市勝南院町1
    電話番号
    0742245699
    備考
    【URL】https://www.kiyosumi.jp/naramachiten
  • 希少な原種の大和野菜や大和食材を用いたフレンチ「Bon appetit めしあがれ(ボナペティ めしあがれ)」

    昔ながらの街並みが残るならまち。元興寺塔頭や十輪院南門前に、古都の風情を感じさせる築90年の町家が佇んでいます。

    古い町家を再生した店舗。元興寺の塔頭十輪院の向かいに建っています。

    古い町家を再生した店舗。元興寺の塔頭十輪院の向かいに建っています。

    このお店が、ならまちフレンチのパイオニアのひとりである大西佳則さんがオーナーシェフを務める「Bon appetit めしあがれ」。大西さんはフランスで修業した後、奈良郊外の富雄でフランス料理店を開業。そしてならまちの古い町家をリニューアルし、「めしあがれ」をオープンしました。

    奥に向かい縦長の町家の構造を活かし、テーブル席が設けられています。

    奥に向かい縦長の町家の構造を活かし、テーブル席が設けられています。

    富雄時代からのコンセプトである「本物の奈良の伝統野菜を味わってほしい」という思いは、時を経ても変わりません。そのために野菜づくりから携わったり、長い付き合いの農家から希少な大和野菜の原種を仕入れたりと、奈良の野菜にこだわっています。肉や魚も安心安全な食材を厳選し、素材の味を活かすためバターやクリームなどの使用を極力控えたフレンチを提供。ランチは3種類、ディナーは2種類用意されますが、どのお皿にもたっぷりと大和野菜が添えられます。

    彩りも美しい5,000円のディナーコースのオードブルの盛合せ

    彩りも美しい5,000円のディナーコースのオードブルの盛合せ

    5,000円のディナーコースのメインディッシュ、フランス産鴨のロティ

    5,000円のディナーコースのメインディッシュ、フランス産鴨のロティ

    奈良市の景観保全住宅に指定されている建物の中は、クラシカルで上品なインテリアとほどよい照明が置かれ、落ち着いた雰囲気。外の喧騒を忘れてゆったりと食事を楽しめます。

    Bonappetit(ボナペティ) めしあがれ
    住所
    奈良県奈良市十輪院町1
    電話番号
    0742275988
    備考
    【URL】http://www1.kcn.ne.jp/~appetit/
  • 大和牛や黒毛和牛、大和野菜を雰囲気ある囲炉裏で。「囲炉裏ダイニング たなか(いろりだいにんぐ たなか)」

    囲炉裏の中の赤々とした炭で炙った、旬の食材をその場で味わう…。そんな、美味しくて贅沢なひとときを過ごせるのが「囲炉裏ダイニング たなか」です。ならまちの中心・世界遺産の元興寺とは道を一本隔てて斜向かいという絶好のロケーション。古い建物が多いならまちにあって、伝統とモダンが融合したような雰囲気の外観が目を引きます。

    お店は、世界遺産・元興寺と道一本を隔てた斜め向かいにあります。

    お店は、世界遺産・元興寺と道一本を隔てた斜め向かいにあります。

    暖簾をくぐると、そこには木と土壁と囲炉裏がおしゃれな空間が広がっています。

    囲炉裏はテーブルに設置。カウンター席もあり1人でも遠慮なく利用できます。

    囲炉裏はテーブルに設置。カウンター席もあり1人でも遠慮なく利用できます。

    ディナーで味わいたいのが、最高級クラスの大和牛などの和牛、石川県の漁港から直送される鮮魚、奈良の契約農家を中心として届く旬の野菜などを炭火で炙るコース。焼肉と同じ要領で、自分で好みの焼き加減で食べるというスタイルです。ご主人の田中勇次郎さんが腕によりをかけた、旬の食材を盛り込んだオードブルも楽しみの一つ。囲炉裏の中で美味しそう焼けていく食材、炭火のはぜる音、香ばしい香りなど、五感のすべてで味わいましょう。

    7,000円のディナーコースから、「彩々」と名付けられた前菜の盛合せ

    7,000円のディナーコースから、「彩々」と名付けられた前菜の盛合せ

    コースのメイン・特選黒毛和牛。ロースなどさまざまな部位が提供されます。

    コースのメイン・特選黒毛和牛。ロースなどさまざまな部位が提供されます。

    ランチタイムには、手軽なプレートや牛のひつまぶしなどのメニューもあります。また奈良散策のお供として、サーロインステーキ弁当やヘレかつサンドなどをテイクアウトできます。

    たなか
    住所
    奈良県奈良市鵲町6-11 カーサ奈良町
    電話番号
    0742230541
    備考
    【URL】http://irori-tanaka.com/
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事