NAVITIME Travel

歴史と浪漫を感じる!レトロ西洋建築巡りの旅 軽井沢編 厳選5選

外国人先駆者が避暑地として開発した軽井沢には、レトロな西洋建築の別荘やホテルがあちこちにあります。 国の重要文化財や登録有形文化財に指定されている建物など、軽井沢町内には歴史的建造物として貴重な建物が多く、建築好きにはたまらないスポットです。 今回は、写真映えも叶い、観光にもおすすめしたい軽井沢のレトロな西洋建築を5選厳選してご紹介します。

軽井沢の明治時代・大正時代の浪漫を感じる観光におすすめのレトロな西洋建築まとめ
  • 旧三笠ホテル

    国の重要文化財に指定されている、1906年(明治39年)~1970年(昭和45年)の間営業していた超高級ホテル。
    現在の貨幣価値に換算すると、一泊20万円以上だったと言われています。

    設計は、東京駅の設計者・辰野金吾の愛弟子である岡田時太郎。すべて日本人の手で作られた、貴重な純西洋式木造ホテルです。

    現在は一般公開されており、当時の様子を残すインテリアや設備を見学することが可能。

    旧三笠ホテル

    旧三笠ホテル

    格子窓のおしゃれな外観、クラシカルな内装は写真映えも抜群で軽井沢のフォトスポットとしても人気です。

    紳士・貴婦人たちが優雅に歩いていたのでしょうか

    紳士・貴婦人たちが優雅に歩いていたのでしょうか

    電灯によるシャンデリア照明、英国製のカーペット、英国製タイル張りの水洗トイレなど、当時最先端・最高級だった設備や、高級感あふれる上品なベッドカバーが印象的な客室などから、当時の賑わう館内や華やかさをうかがい知ることができます。

    格子窓からのぞく緑とのコントラストが絵画のよう

    格子窓からのぞく緑とのコントラストが絵画のよう

    旧三笠ホテル

    旧三笠ホテル

    旧三笠ホテル
    住所
    長野県北佐久郡軽井沢町大字軽井沢1339-342
    電話番号
    0267427072
  • 万平ホテル アルプス館

    2018年7月、国の登録有形文化財へ登録された「万平ホテル アルプス館」。
    1936年(昭和11年)に竣工された、ホテルのシンボルです。

    ハーフティンバー風の外観は軽井沢の景観に絶妙にマッチ。
    一度は泊まってみたい、憧れのクラシックホテルです。

    三島由紀夫やジョン・レノン一家も滞在していたことで知られています。

    万平ホテル アルプス館

    万平ホテル アルプス館

    過去の写真からも長い歴史を感じさせられ、脈々と受け継がれてきた伝統が透けて見えます。
    宿泊だけではなく観光に訪れる人も多くおり、アルプス館内にあるカフェテラスが人気です。
    また、無料で資料室と中庭の見学ができます。

    メインダイニングルームは重厚さと品格が漂うクラシックな内装。
    ランチコースやディナーコースをここで味わえば、優雅な気持ちと少しだけタイムスリップした気持ちになれます。

    メインダイニングルーム

    メインダイニングルーム

    軽井沢万平ホテル
    住所
    長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢925
    電話番号
    0267421234
  • 旧近衛文麿別荘(市村記念館)

    1926年(大正15年)、元内閣総理大臣・近衛文麿が別荘として野沢源次郎から購入した洋館。

    現在は記念館として一般公開されており、近衛文麿をはじめとする軽井沢ゆかりの人物の資料が展示されています。

    旧近衛文麿別荘(市村記念館)

    旧近衛文麿別荘(市村記念館)

     
    洋風住宅建築会社『あめりか屋』によって大正時代に建てられた建物。
    外観と内部1Fは洋風建築ですが、内部2Fには和室もしつらえてあります。

    派手すぎない、品格と落ち着きのある別荘建築は一見の価値あり。
    軽井沢町文化財指定。

    旧近衛文麿別荘(市村記念館)

    旧近衛文麿別荘(市村記念館)

    旧近衛文麿別荘(市村記念館)
    住所
    長野県北佐久郡軽井沢町長倉2112-21
    電話番号
    0267466103
  • 睡鳩荘(旧朝吹山荘)【軽井沢タリアセン内】

    1931年(昭和6年)竣工。W・M・ヴォーリズが設計した、軽井沢別荘建築史のなかでも最上質の建築物と言われています。

    帝国生命、三越の社長を務めた朝吹常吉の別荘を移築したもので、1F部分のリビングルームを見学できますが、豪華絢爛な調度品の数々が見事です!
    建築と併せてインテリアも見どころのひとつ。

    睡鳩荘

    睡鳩荘

    睡鳩荘

    睡鳩荘

    睡鳩荘(旧朝吹山荘)
    住所
    長野県北佐久郡軽井沢町大字長倉217
    電話番号
    0267466161
  • 明治四十四年館(旧・軽井沢郵便局舎)【軽井沢タリアセン内】

    明治四十四年館(旧軽井沢郵便局舎)

    明治四十四年館(旧軽井沢郵便局舎)

    1911年(明治44年)に建てられた、ミントグリーンの外壁が印象的な木造の洋館。

    旧軽井沢銀座通りの中心的な建築だった旧・軽井沢郵便局舎を塩沢湖の湖畔へ移築し、現在は美術館となっています。

    シンメトリーの端正な建物ですが、可愛らしさも感じられます。
    写真映えもするので記念撮影にもおすすめ。

    こちらも国の登録有形文化財です。

    1階がレストラン、2階が深沢紅子 野の花美術館となっているので建築、グルメ、アートが一度に楽しめます。

    深沢紅子野の花美術館
    住所
    長野県北佐久郡軽井沢町塩沢湖217
    電話番号
    0267453662
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事