NAVITIME Travel

【全国】参勤交代、いざ参らん!江戸の風情を感じる“宿場町”11選

江戸時代、一般の旅人たちや参勤交代時に諸大名が利用していた「宿場町」。 徒歩や馬を使って、江戸や京都など日本各地を回るさいに欠かせない旅の拠点でした。 江戸情緒にあふれ、古き良き日本の歴史を語る貴重な「宿場町」は観光地としても大人気のスポットです! 今回は、全国各地にある江戸の名残を残した“いにしえ”の街並みが美しい、おすすめの「宿場町」を11つご紹介します。町の見学はもちろん、グルメや土産物屋もあるので家族旅行にもピッタリですよ!

  • 「宿場町」とは、街道の拠点となっていた「宿場」を中心に発展した町

    江戸時代に制定された「宿駅伝馬制度」によって、街道が整備されたことで栄えた町場を「宿場」といい、「宿場」を中心に発展した町を「宿場町」といいます。
    「宿場」には、宿屋やお茶屋、接待屋などが立ち並んでいました。
    一般の旅人はもちろん、参勤交代により江戸へ向かう大名らも利用しており、大名らは位の高い人々専用の宿泊施設「本陣」へ宿泊していました。

    江戸・日本橋を起点に伸びる5つの幹線街道「五街道」(東海道、中山道、日光街道、奥州街道、甲州街道)沿いは、街道の利用者も多く「宿場町」が点在しています。
    現在まで残っている「宿場町」はそう多くはないですが、現存するスポットも各地にあり、観光客や歴史好きが足を運んでいます。
    各地の「宿場町」を巡れば、江戸時代にタイムスリップした気分になれますよ!

  • 【陸奥国】大内宿(福島県南会津郡下郷町)

    会津城下と下野の国(栃木県日光市今市)を結ぶ「下野街道」にある宿場町です。
    会津藩の江戸参勤時はもちろん、伊達政宗の小田原合戦参陣の際にこちらを利用した記録もある地です。
    30軒以上の茅葺き屋根の建物が軒を連ね、江戸情緒あふれる街並みの雰囲気を感じられるので、観光名所として大変人気のあるスポットです。
    見晴台からの眺めは最高で、ぜひ写真におさめたい場所です。
    おみやげや食事処、喫茶、民宿などで構成されており、名物の「ネギそば」は大内宿に行ったらぜひ食べたい一品。

    大内宿

    大内宿

    長ねぎを箸代わりにして食べる「ねぎそば」

    長ねぎを箸代わりにして食べる「ねぎそば」

    大内宿
    住所
    福島県南会津郡下郷町大内山本
    電話番号
  • 【信濃国】奈良井宿(長野県塩尻市)

    江戸と京を結ぶ中山道には69つもの宿場町があり、総称して「中山道六十九次」と呼ばれています。
    中山道34番目の宿場である「奈良井宿」は、約1kmにわたって街並みが続き日本一の宿場町と言われているスポットです。当時は多くの旅人で賑わいを見せ「奈良井千軒」と言われていました。

    奈良井宿

    奈良井宿

    街並みの保存状態も素晴らしく、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのような雰囲気!散策すれば時間を忘れるほど。
    郷土料理や日本ならではの食べ物など、食べ歩きをしながら散歩するのが楽しく、海外の人からも大変人気のある宿場町です。
    駅チカなので、青春18きっぷなど電車を使って旅をする人にもおすすめの観光地です。

    奈良井宿

    奈良井宿

    奈良井宿
    住所
    長野県塩尻市奈良井
    電話番号
    0264343160
  • 【信濃国】妻籠宿(長野県木曽郡南木曽町)

    中山道42番目の宿場「妻籠宿」は、中山道と伊奈街道の交通の要衝として栄えた宿場町です。
    この「妻籠宿」は静かで落ち着いた抜群の雰囲気があり、こちらならではの趣を感じます。この雰囲気を気に入って何度も足を運ぶ人も。
    食べ歩きなどのグルメも充実していますが、「妻籠宿」観光でおすすめしたい楽しみ方は宿泊です!

    妻籠宿

    妻籠宿

    静けさとノスタルジックな街並みの中、当時の面影を残した旅館に宿泊すれば参勤交代の夜のような気分…!?
    宿泊の際の注意点としては、すべてのお店・飲食店は午後5時で閉店するため、素泊まりで旅行計画を立てている人は要注意です。

    妻籠宿

    妻籠宿

    妻籠宿
    住所
    長野県木曽郡南木曽町吾妻2159-2
    電話番号
    0264573123
  • 【美濃国】馬籠宿(岐阜県中津川市)

    中山道43番目の宿場「馬籠宿」は、石畳の坂道が特徴的な宿場で大きな水車小屋がシンボルとなっています。
    敵が侵入しにくくさせる目的で徳川幕府が設置した「桝形」は、この坂道を巧みに使用して作られており、90度のクランク状に折れ曲がる坂があるなど、当時の思惑が垣間見えます。雨の日は足元に注意!
    観光客も多く、食事処や土産物屋も充実しており家族旅行にもってこいです。

    馬籠宿

    馬籠宿

    おとなりの「妻籠宿」まで歩くこともできるので、昔の旅人になった気分でハイキングも楽しめます。およそ8キロの道のりで、ゆっくり歩いても約3時間ほどで到着します。
    指定の場所まで、手荷物を運搬してくれるサービスもあるので身軽に歩けます。

    毎年11月に月間を通して開催される「馬籠宿場まつり」では、ほのかな灯りで街道を照らしたり、島田公園の紅葉をライトアップするなど秋の行楽におすすめのイベントも。

    馬籠宿

    馬籠宿

    馬籠宿
    住所
    岐阜県中津川市馬籠4300-1
    電話番号
    0573692336
  • 【信濃国】追分宿(長野県北佐久郡軽井沢町)

    中山道20番目の宿場「追分宿」は、中山道と北国街道の分岐点となっていた宿場です。
    作家・堀辰雄や立原道造、室生犀星などをはじめとする文化人や知識人が執筆のさいに利用した「旧油屋旅館」があるなど、江戸風情と文学が混じり合う雰囲気。
    「堀辰雄文学記念館」や「追分宿郷土館」などがみどころスポットです。

    追分宿

    追分宿

    追分宿

    追分宿

    追分宿
    住所
    長野県北佐久郡軽井沢町大字追分
    電話番号
    0267451466
  • 【信濃国】海野宿(長野県東御市)

    「海野宿」は、軽井沢と長野を結ぶ「北国街道」にある宿場町。
    当時は北陸の諸大名の参勤交代や、佐渡で採れた金の輸送、長野市・善光寺への参拝客が立ち寄る宿場としてたいへん賑わった場所です。
    こちらは華やかさよりも、日本の歴史に触れながらゆったりとした時間を過ごしたい人におすすめ!

    海野宿

    海野宿

    街道の中央には、旅のさい人々をバックアップしていたお馬たちが水を飲むために敷かれた「堰(せき)」と呼ばれる用水路が今でも流れており、水のせせらぎと柳並木が江戸の風情を醸し出しています。
    海野宿入口にある「白鳥神社」は真田家の守護神とされており、海野宿観光時に一緒に廻ると良いかもしれません。

    海野宿

    海野宿

    海野宿
    住所
    長野県東御市本海野
    電話番号
    0268621111
  • 【三河国】二川宿(愛知県豊橋市)

    東海道五十三次の33番目の宿場で、約1.5kmもの江戸の街並みが続いています。
    大名が宿泊した「本陣」が現存している貴重な宿場町でもあります。「東海道」で本陣が現存しているのは、この「二川宿」と滋賀の「草津宿」だけ!

    二川宿瀬古道(商家駒屋横)

    二川宿瀬古道(商家駒屋横)

    「本陣」、旅籠屋の「清明屋」に加え、商家の「駒屋」も江戸時代からの建物を整備して公開されています。また、これらの建物では、ひな祭り、端午の節句、七夕、重陽と季節ごとの飾り付けにより日本の情緒を感じられ、毎年7月下旬ごろには灯篭でライトアップされた二川宿を散策できます。優しい灯りの中で雅楽の催しもあり、幻想的な夕べを過ごせます。

    本陣・旅籠屋

    本陣・旅籠屋

    灯籠で飾ろう二川宿の風景

    灯籠で飾ろう二川宿の風景

    二川宿
    住所
    愛知県豊橋市二川町
    電話番号
  • 【伊勢国】関宿(三重県亀山市)

    東海道五十三次の47番目の宿場。江戸の街並みが2kmにわたって続いており、町屋の数はなんと約200軒。
    「東海道」の面影をしっかりと残している見事な宿場町ですが、まだ多くの人に知られていないからか、静かに散策ができる穴場スポットです。
    江戸時代の人気旅籠(現代で言う旅館)「玉屋」の様子を再現した資料館や、旅人に親しまれてきた、こし餡を上新粉の生地で包んだ和生菓子「関宿名物・志ら玉」などが有名で、当時にタイムスリップした気分で楽しめます。

    関宿

    関宿

    東海道関宿
    住所
    三重県亀山市関町木崎中町新所
    電話番号
    0595978877
  • 【河内国】枚方宿(大阪府枚方市)

    近江国・大津宿(滋賀県)で東海道から分かれ、大津から大阪府・守口を結ぶ「京街道」の宿場です。「京街道」の宿場である伏見・淀・枚方・守口の4宿を加えて「東海道五十七次」とする説も。
    「五十七次」とした場合、この「枚方宿」は56番目の宿場となります。
    当時の商売人たちが「飯くらわんか!」という豪快な掛け声で飲食物を売りまわっていたことにちなみ、「くらわんか五六市」も毎月開催。ジャズの催しもあるなど、歴史と賑やかさがある他とは少し雰囲気が異なっているように感じる宿場です。

    枚方宿

    枚方宿

    枚方宿
    住所
    大阪府枚方市堤町
    電話番号
  • 【若狭国】熊川宿(福井県三方上中郡若狭町)

    若狭と京都を結ぶ「鯖街道(若狭街道)」にあり、交通や軍事で重要な場所ということで、浅野長政が整備し発展した宿場です。用水路の水の音が涼やかで気持ちが和みます。
    若狭から京都へ運ばれた物資の中でも特に鯖が有名だったことが街道の由来となり、それも相まって「熊川宿」では鯖寿司が名物。甘味では夏季限定ですが「葛まんじゅう」はぜひ食べるべき!

    熊川宿

    熊川宿

    若狭鯖街道 熊川宿
    住所
    福井県三方上中郡若狭町熊川
    電話番号
    0770459111
  • 【越後国】塩沢宿(新潟県南魚沼市)

    上野、信濃、越後の3ヵ国の国境である三国峠が名前の由来となった「三国街道」沿いの宿場町です。「三国街道」は新潟県長岡市~群馬県高崎市を結んでおり、江戸と越後をつなぐ最短ルートの街道でした。
    この塩沢宿は都市景観大賞を受賞するなど、写真撮影にもおすすめのスポット。大空と古い街並みがフォトジェニックです。冬場は雪に覆われた巻機山が望める絶景です。
    グルメでは夏季限定の「薄荷葛きり」が人気です。

    塩沢宿

    塩沢宿

    牧之通り
    住所
    新潟県南魚沼市塩沢
    電話番号
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事