NAVITIME Travel

あの頃に帰ろう!新しいのに懐かしい、廃校を利用した施設3選

人口の流動などの事情によって、各地でいくつもの学校が廃校となっています。青春を過ごした校舎が使われなくなるのは寂しいもの…。しかし今、各地で校舎をリノベーションして再利用する動きが広まっているんです!その中でも特に素敵な3つの施設をご紹介します。

  • 飛び出し坊やがお出迎えしてくれる!「道の駅 奥永源寺 渓流の里」

    誰もが一度は目にしたことがある、児童の飛び出しを注意喚起するかわいらしい「飛び出し坊や」。その発祥の地がこちら「道の駅 奥永源寺 渓流の里」です!

    小学校の校舎を大改造して道の駅に生まれ変わったこの施設。定番の産直市場には新鮮な地元野菜が所せましと並んでいます。

    家庭科室を改造した食堂ではご当地カレーのほか、給食セットなど学校ならではのメニューが楽しめます。もう一か所の軽食スタンドでは、近江牛を使ったご当地ハンバーガーなども販売されていて、何を食べようか目移りしてしまいそう!

    【住所】〒527-0207 滋賀県東近江市蓼畑町510
    【連絡先】0748-29-0428
    【営業時間】09:00~17:00(4月~11月)09:00~16:00(12月~3月)
    【定休日】火曜日・年末年始
    【URL】http://www.city.higashiomi.shiga.jp/category/14-0-0-0-0.html

  • お泊りできる小学校?「道の駅 保田小学校」

    こちらも小学校をリノベーションした道の駅です。この施設の最大の特徴は、学校に宿泊できてしまうこと!教室をリフォームした客室にプレハブのお風呂など、普通の旅館にはない空気が楽しめます。

    もちろんご当地グルメも見逃せません!体育館を利用した、開放感のある産直市場では地元の野菜をはじめ、バウムクーヘンなどのご当地スイーツも販売されています。

    食堂では濃厚なソフトクリームが大人気なんだとか。何度でも行きたくなる学校です。

    【住所】〒299-1902 千葉県安房郡鋸南町保田724
    【連絡先】0470-29-5530
    【営業時間】09:00~18:00
    【定休日】まちのコンシェルジュは年中無休(テナントによって異なります)
    【URL】http://hotasho.jp/

  • ノスタルジックなアートギャラリー「3331 Arts Chiyoda」

    こちらは都会の廃校を利用した施設!千代田区の文化芸術の拠点施設として利用されています。中に入ってまず出迎えてくれる全面ガラス張りフリースペースには、学校用の机や椅子がずらり。懐かしくも気持ちのいい空間が広がっています。

    メインギャラリーを中心に、各教室がアートイベント用のスペースとして貸し出されています。定期的に開かれる個展のほかに、体験イベントやライブなどの交流イベントを開催。何度行っても新しい発見のある施設です。

    ここでしか変えないグッズも多数!

    ここでしか変えないグッズも多数!

    カフェから居酒屋まで、飲食スペースも充実しています。アートを眺めながら、のんびりとお茶を楽しむのも素敵ですね。

    【住所】〒101-0021 東京都千代田区外神田6丁目11-14
    【連絡先】03-6803-2441
    【営業時間】10:00~21:00(入居しているテナントにより変更あり)
    【定休日】無
    【URL】http://www.3331.jp/

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

新着記事

cntlog