金沢駅・周辺で買える有名で人気の和菓子 金沢駅・周辺で買える有名で人気の和菓子

【石川】金沢駅で買える人気土産はこれ!上品で美しい和菓子銘菓24選+おすすめ


2019.12.14

NAVITIME TRAVEL EDITOR

金沢駅・周辺で買える有名で人気の和菓子

石川県にある金沢は、京都や島根県松江と並ぶ全国的にも有名な和菓子どころです。日本三大菓子処とも言われる金沢和菓子の発祥は、天正18年(1590)の金沢加賀藩主・前田利家(まえだとしいえ)氏の入府にまでさかのぼります。そして、歴代藩主たちが茶の湯に強い関心を持ち千利休と交流があったことから、茶の湯に欠かすことのできない和菓子が栄えていったと言われています。
金沢銘菓といえば、誰もが知る老舗のきんつばや金箔を贅沢に使った華やかな羊羹など、四季を感じる目にも美しいお菓子がたくさんあります。今回は、金沢駅内にある「金沢百番街」にて購入可能な金沢銘菓を厳選してご紹介します。
☆金沢駅より徒歩10分、「めいてつエムザ」のおすすめ商品もあわせてご紹介!

  • 01

    【金澤福うさぎ】―愛らしい形の蒸し饅頭“福うさぎ”

    ちょこんと佇む姿がなんとも可愛らしい“福うさぎ”。お店を代表するこの銘菓の名前が、そのままお店の名前になっています。
    しっとりとした生地はほんのり甘く、五郎島金時芋を使った餡がほっくりとして風味豊かな味わいです。
    定番の五郎島金時・能登大納言・棒茶・能登産かぼちゃ・石川県産ゆずをはじめ、期間限定の商品もあり、いつ行っても新しい味が発見できる楽しさがあります。

    【公式HP】http://www.fukuusagi.jp/

    「金澤福うさぎ」 五郎島金時 4個入572円(税込)

    「金澤福うさぎ」 五郎島金時 4個入572円(税込)

    「金澤福うさぎ」 五郎島金時 4個入572円(税込)

    「金澤福うさぎ」 五郎島金時 4個入572円(税込)

  • 02

    【加藤晧陽堂】―涼を贈るなら、夏を感じる“うちわ煎餅”

    「加藤晧陽堂(かとうこうようどう)」は、昭和22年創業の干菓子専門店です。色鮮やかで美しい干菓子を販売しており、なかでも“うちわ煎餅”は、夏のお土産として大人気。うちわ型のお煎餅には花鳥風月の絵が描かれ、ふんわりとしたくちどけがなんともたまらない和菓子です。1枚1枚が手作りで、7~8月には売り切れも予想されるとのこと。1枚168円から購入可能なお手頃感も魅力です。

    【公式HP】http://katokoyodo.com/

    「加藤晧陽堂」 金沢便り 561 円(税込)

    「加藤晧陽堂」 金沢便り 561 円(税込)

    「加藤晧陽堂」 うちわ煎餅 8枚入1,004円(税込)

    「加藤晧陽堂」 うちわ煎餅 8枚入1,004円(税込)

  • 03

    【清菓室町】―あっさり粒あん×もちもち生地“金沢犀月”

    “金沢犀月”は、北陸和菓子として有名な羽二重餅の粉を使用したもっちりとした生地が特徴のお菓子。粒あんはあっさりとして、甘さ控えめな上品なお味です。
    満月のように丸く優しい甘みの“金沢犀月”は、金沢三文豪のひとり・室生犀星(むろうさいせい)の詩に詠まれた“犀川の月”をモチーフにして誕生しました。甘すぎるお菓子が苦手という方に、ぜひおすすめしたい一品です。

    【公式HP】https://www.seika-muromachi.com/index.html

    「清菓室町」 金沢犀月 130円(税込)

    「清菓室町」 金沢犀月 130円(税込)

    「清菓室町」 金沢犀月 5個入702円(税込)

    「清菓室町」 金沢犀月 5個入702円(税込)

  • 04

    【末広堂】―ほんのり塩気が効いた“うすかわまんじゅう”

    慶応3年創業の老舗「末広堂」の人気商品は、金沢兼六園名物“うすかわまんじゅう”。中のあんこが透けて見えるほど薄い皮で包まれた“うすかわまんじゅう”は、内閣総理大臣賞を受賞した全国的にも人気の一品です。
    ほんのり効いた塩気が良質な北海道あずきの甘みを引き立てています。口いっぱいに広がる甘みは素朴ながらも贅沢な味わいです。

    【公式HP】http://www.suehirodou.jp/index.php

    「末広堂」 うすかわまんじゅう 2個入216円(税込)

    「末広堂」 うすかわまんじゅう 2個入216円(税込)

    うすかわまんじゅう つぶあんがたっぷり!

    うすかわまんじゅう つぶあんがたっぷり!

  • 05

    【菓匠高木屋】―パステルカラーの宝石箱“紙ふうせん”

    大正14年創業、金沢兼六園の南に店舗を構える「菓匠高木屋」。宝石のようなまるい加賀最中の中に和風ゼリー(綿玉)が詰まった“紙ふうせん”は、和菓子に洋のエッセンスを加えた斬新さが好評の一品です。砂糖のシャリッした食感と、柔らかな食感が楽しいお菓子です。
    お菓子とセットになっている5色の折り紙で紙ふうせんを作るという遊び心も詰まっています。贈られた側がちょっと嬉しくなるような工夫ですよね。春夏限定と秋冬限定があり、その爽やかな色合いから特に女性に人気が高い商品です。9個入り、16個入り、28個入りから選べます。

    【公式HP】http://www.takagiya.jp/

    「菓匠高木屋」 涼味 紙ふうせん

    「菓匠高木屋」 涼味 紙ふうせん

    「菓匠高木屋」 紙ふうせん 9個入648円

    「菓匠高木屋」 紙ふうせん 9個入648円

  • 06

    【茶菓工房たろう】―意表を突くモダン和菓子“たろうのようかん”

    歴史ある老舗和菓子屋がひしめく金沢で、2005年創業の新生和菓子店「茶菓工房たろう」。ほかにはないモダンなパッケージや、スタイリッシュな見た目の和菓子で人気を集めています。
    代表的なお菓子は“たろうのようかん”。フレーバーは5種類あり、生チョコのような味わいのカカオチョコとホワイトチョコ、粒つぶ食感が楽しめるピーナツバター、そして定番のあずきとこいちゃ(抹茶)が揃います。色とりどりのシンプルモダンなパッケージにも注目。1本 260円(税抜)より販売されています。

    【公式HP】https://www.sakakobo-taro.com/

    「茶菓工房たろう」 たろうのようかん 10本入3,000円(税抜)

    「茶菓工房たろう」 たろうのようかん 10本入3,000円(税抜)

    「茶菓工房たろう」 たろうのようかん

    「茶菓工房たろう」 たろうのようかん

  • 07

    【石川屋本舗】―おはじきのような愛らしさ“かいちん”

    花や動物を模した色とりどりの干菓子を詰め合わせた銘菓“かいちん”が人気の「石川屋本舗」。“かいちん”とは金沢の言葉でおはじきのことを指します。寒天と砂糖を固めて作られたガラス細工のようなお菓子で、飴のようにも見えますが外はカリッと中は柔らかいゼリーのような触感が特徴的。涼やかな見た目も楽しい、老舗和菓子屋の逸品です。

    【公式HP】http://www.ishikawaya-honpo.co.jp/

    「石川屋本舗」 かいちんミニ 756円(税込)

    「石川屋本舗」 かいちんミニ 756円(税込)

    そのほか、24個入り1,672円(税込) 36個入2,160円(税込)

    そのほか、24個入り1,672円(税込) 36個入2,160円(税込)

    金沢百番街
    place
    石川県金沢市木ノ新保町1-1
    opening-hour
    あんと[ショッピング]8:30-19:…
    no image
  • 08

    【菓匠みのや】―金沢百番街あんと店限定“あん入り羽二重餅”

    とちの実が混ぜ込まれた“あん入り羽二重餅”は、口の中に残る香りがとてもよく、あんことの相性も抜群。白羽二重を思わせるたおやかな柔らかさと歯切れのいいお餅は、ほかには無い一品です。
    こちらの商品は「金沢百番街あんと店」限定。ここでしか買えない商品なので、「みのや」を知っている方にも喜ばれること間違いなしです。

    ■金沢百番街「菓匠みのや」についてはこちら!

    「菓匠みのや」 あん入り羽二重餅 5個入540円(税込)

    「菓匠みのや」 あん入り羽二重餅 5個入540円(税込)

    あん入り羽二重餅 和×ポップで可愛らしいパッケージ

    あん入り羽二重餅 和×ポップで可愛らしいパッケージ

  • 09

    【板屋】―味覚で感じる四季“和風パイ”

    季節ごとに限定販売される和風のパイが楽しめるのは、古都金沢の小粋な味を楽しめると評判の「板屋」です。昭和21年の開業より、美味しいお菓子を作るためにと素材にこだわって独自の味を作り出しています。
    春は桜庭入り白餡の”さくらひらく”、夏はずんだ餡の”緑萌ゆ”、秋はかぼちゃ餡の”紅もゆる”、冬は画廊島金時餡の”小雪まう”など、日本の四季を味わえる個性豊かなナインナップが素敵です。バターが香るさっくり食感のパイ生地が和風な餡と合わさって食べやすく、小さなお子様や若い人にもおすすめです。

    【公式HP】http://www.itaya-net.com/

    「板屋」 季節のパイ“緑萌ゆ”  162円(税込)

    「板屋」 季節のパイ“緑萌ゆ”  162円(税込)

  • 10

    【和菓子処中越】―しっとり一口あんパン“ZAWAPAN(ざわぱん)”

    “ほっと心和むひとときを大切に”という思いで手作り和菓子を製造している「中越」。一口サイズの“ZAWAPAN(ざわぱん)”は、しっとりふわふわのあんパンのような和菓子です。生地の中心にトッピングされたイチゴが甘酸っぱく、とてもいいアクセントになっています。一口サイズですがしっかりと食べ応えがあり、おやつにもお土産にもぴったりです。

    【公式HP】http://nakagosi.co.jp/

    ざわぱん いちご 140円(税込)

    ざわぱん いちご 140円(税込)

  • 11

    【菓匠まつ井】―加賀百万石の歴史と文化を感じる“金箔羊羹”

    加賀百万石の文化と歴史を題材とした和菓子を作り続けている「菓匠まつ井」。おすすめは、日本一の生産量を誇る伝統工芸・金沢金箔を贅沢に使った羊羹です。すっきりとした甘さで、しつこくない上品なお味が魅力。おもてなしやかしこまった場など、ここぞという大事な場面でぜひ贈りたい、品のあるお菓子です。60日間日持ちするというのも嬉しいポイントですね。

    【公式HP】https://wagashi-matsui.co.jp/

    「菓匠まつ井」 金箔羊羹 3個入1,000円(税抜)

    「菓匠まつ井」 金箔羊羹 3個入1,000円(税抜)

  • 12

    【御菓子処雅風堂】―とろけるような口当たり“くるみ餅”

    「御菓子処雅風堂」では、お菓子を五感のアートとして捉え、ひとつひとつ丹念に手作りしています。伝統菓子のひとつである“くるみ餅”は、やわらかくてもちもちと伸びるお餅が特徴の和菓子です。古来より、加賀では胡桃を料理・お菓子にと幅広く使っていたそうです。
    こちらのくるみ餅はカップに入っていますが、たしかにカップなしでは形を保っていられなさそうなほどの柔らかさ。ゴロゴロ入った大きめのクルミとの食感の違いがクセになります。

    【公式HP】http://www.gafudo.co.jp/index.html

    「御菓子処雅風堂」 くるみ餅 5個入756円(税込)

    「御菓子処雅風堂」 くるみ餅 5個入756円(税込)

  • 13

    【金沢うら田】―店頭限定!どら焼き“唐崎”

    どら焼きと言えばあんこが主役と思いがちですが、「金沢うら田」の“唐崎”は、黒糖のコク深さが特徴的!弾力があってもっちもちの生地はまるでパンケーキのようです。日持ちがしないため店頭限定商品となっています。ぜひ、その日の美味しいうちに召し上がってくださいね。
    金沢の風土や景色を模した、美しく繊細な和菓子が「金沢うら田」の自慢。本格派の和菓子の味に感動すること間違いなしです。

    【公式HP】http://www.urata-k.co.jp/

    「金沢うら田」 唐崎 152円(税込)

    「金沢うら田」 唐崎 152円(税込)

  • 14

    【HORITA】―石川県の地酒たっぷり“天狗舞シルクケーキ”

    「HORITA」の“天狗舞シルクケーキ”は、石川県の名酒・天狗舞を使用したオトナな味わいのケーキです。スポンジ生地は、室町時代にポルトガルから伝わったとされる南蛮菓子・カステラのようなしっとり食感。そして、果実のようなフルーティーな香りと、濃厚ながらあっさりとした味わいが特徴です。名酒・天狗舞をたっぷりと生地に染み込ませているため、芳醇でリッチな味わいが楽しめます。お酒好きの方にぜひ贈りたい一品です。

    【公式HP】https://www.e-horita.co.jp/

    「HORITA」 山廃仕込純米酒 天狗舞シルクケーキ(小) 1,080円(税込)

    「HORITA」 山廃仕込純米酒 天狗舞シルクケーキ(小) 1,080円(税込)

  • 15

    【中田屋】―艶やかな粒あんが特徴!“きんつば”

    「中田屋」は、金沢を代表する創業85年以上の老舗銘菓。金沢で知らない人はいない!というほど有名な「中田屋」の“きんつば”は、一般的なきんつばに比べて表面が薄く柔らかいのが特徴です。艶やかな大粒の餡が、形そのままにふんわりと包まれており、ついつい「もうひとつ…」と手が伸びてしまいそうになるそんな一品です。
    自分用にも最適な1個売り195円(税込)から、50個箱入9,396円(税込)まで幅広いラインナップが揃っています。

    【公式HP】http://www.kintuba.co.jp/main.html

    「中田屋」 きんつば 1個195円(税込)

    「中田屋」 きんつば 1個195円(税込)

  • 16

    【加賀藩御用菓子司 森八】―最高峰の味わい“宝達(ほうだつ)”

    日本三銘菓の落雁・長生殿で有名な老舗和菓子店「森八」。寛永2年(1625)に創業し、390年以上に渡り歴史を紡いできました。
    “宝達(ほうだつ)”は、加賀藩の御用金山であった能登最高峰の宝達山から命名されました。雄大な山容を連想させる柔らかな半円を描き、頂上となる部分には金箔があしらわれています。
    しっとりしたもち皮の中にくるまれた餡がほどよい甘さで美味しいと評判です。

    【公式HP】https://www.morihachi.co.jp/

    「森八」 宝達 1個141円(税込) 7個入1156円(税込)

    「森八」 宝達 1個141円(税込) 7個入1156円(税込)

  • 17

    【まめや金澤萬久】―金沢の伝統工芸をあしらった“金のかすてら”

    「まめや金澤萬久」が販売するのは、金沢が誇る伝統工芸・金箔をあしらった“金のかすてら”。
    熟練した職人の技によって、極限まで薄く伸ばした金箔を丁寧に敷き詰めています。黄身の色が濃いこだわりの卵を使用し、しっとりと重厚感のある生地に仕上がっています。フレーバーはプレーンのほか、抹茶味もあります。また、春には桜、冬には干支など、季節に応じた遊び心のある“切り抜きかすてら”もおすすめですよ。

    【公式HP】https://www.mameya-bankyu.com/

    「まめや金澤萬久」 金のかすてらプレーン 1296円(税込)

    「まめや金澤萬久」 金のかすてらプレーン 1296円(税込)

  • 18

    【村上】―3つの食感を一度に味わえる!“ふくさ餅”

    明治44年創業の「村上」がつくる“ふくさ餅”は、黒糖風味の焼き皮・ふくさで自家製こしあんと求肥餅をくるんだ和菓子です。ふくさとは、どら焼きの皮を裏返したような(焼き目のある面を内側にした)ふんわり食感の生地のこと。
    一口食べると、ふわふわの生地とあっさりしたこしあんの風味、そしてもちもちの求肥を一度に味わえます。定番の黒糖のほか、季節ものの“桜ふくさ餅”が販売されることもあります。四季の移ろいが楽しめる季節の詰め合わせや季節のふくさ餅セットを贈るのもおすすめです。1個から購入可能。

    【公式HP】https://www.wagashi-murakami.com/

    「村上」 ふくさ餅5個入り 1300円(税別)

    「村上」 ふくさ餅5個入り 1300円(税別)

  • 19

    【飴の俵屋】―金沢最古の飴屋の“じろ飴”

    創業天保元年、金沢最古の飴屋である「飴の俵屋」。こちらの定番商品「じろ飴」は、一世を風靡したドラマ「半沢直樹」に登場したことで一躍話題となりました。
    一般的な硬い飴と違って、水あめのやわらかい食感が魅力。国産の米と大麦を使用し、素材そのものの甘さを活かした濃厚な味わいは、どこか懐かしさを感じます。
    他にも良質のもち米を使用した「あわあめ」や、割って食べる固い「おこしあめ」など種類はさまざま。ぜひお気に入りを見つけてくださいね。

    【公式HP】http://www.ame-tawaraya.co.jp/

    「あめの俵屋」 じろあめ 壺入り 300g 1296円(税込)

    「あめの俵屋」 じろあめ 壺入り 300g 1296円(税込)

  • 20

    【柴舟小出】―生姜の風味が効いた煎餅“柴舟”

    大正6年(1917)に初代が小さな菓子工房を始めて以来、金沢の地でこだわりのお菓子を作り続けてきた「柴舟小出」。そんな老舗がつくる“柴舟”は、生姜蜜がピリッと効いた煎餅です。柔らかに反り返った姿は、その名の通り小舟を思わせます。
    表面にうっすらと刷いた白砂糖の甘さと、生姜のピリッとした辛み、それらが程よくマッチした味わいが魅力。甘すぎるお菓子が苦手な方にもおすすめの大人のための和菓子です。そのほかにも、「山野草」などオリジナルのお菓子がたくさんあるので、店頭であれこれ悩みながら選ぶのも楽しいですよ。

    【公式HP】https://www.shibafunekoide.co.jp/

    「柴舟小出」 柴舟 14枚(籠入)700円(税抜) 15枚(化粧箱入)750円(税抜)

    「柴舟小出」 柴舟 14枚(籠入)700円(税抜) 15枚(化粧箱入)750円(税抜)

  • 21

    【越山甘清堂】―手作りを贈りたいあなたにぴったり“上生菓子”

    金沢を代表する老舗和菓子店「越山甘清堂」。酒饅頭「焼まん」や銘菓「金城巻」などさまざまな和菓子が揃っていますが、ここで紹介したいのは彩り豊かな上生菓子です。老舗だからこそ出せる味わい深さと、繊細かつ華やかな見た目が魅力です。
    「越山甘清堂」本店ではこの上生菓子の手作り体験ができます(予約制)。手作りの和菓子をお土産に…というのも新鮮でいいですね。
    ☆詳細はホームページをご確認ください。

    【公式HP】http://www.koshiyamakanseido.jp/

    「越山甘清堂」 上生菓子 

    「越山甘清堂」 上生菓子 

  • 22

    【落雁諸江屋(らくがんもろえや)】―“花うさぎ”

    嘉永2年(1849)創業の老舗「落雁諸江屋(らくがんもろえや)」。加賀銘菓の伝統を守り続ける名店です。その名の通り、“落雁”という米粉などに水飴や砂糖を混ぜて色づけした型押し干菓子で定評のあるお店です。
    1番人気は、可憐な“花うさぎ”。和紙で包んだ姿が可愛らしく飛び跳ねるうさぎに似ていることから、この名がつけられました。
    茶菓子の定番として、金沢で愛されて続けてきた本物の味をぜひお土産にしてみてはいかがでしょうか。

    【公式HP】http://moroeya.co.jp/

    15粒(巾着入り) 486円(税込)

    15粒(巾着入り) 486円(税込)

  • 23

    【すゞめ】―自分用にもおすすめ“塩豆大福”

    金沢駅内「金沢百番街」にあるお米にこだわった豆餅の店「すゞめ」で販売している塩豆大福。1個120円です。
    賞味期限が当日限りのため、すぐ贈るお土産としていかがでしょうか。また、自分用に購入して行き帰りの新幹線などででいただくのもいいですね。
    しっかりしたお餅に甘さ控えめのあんこが詰まっていて、ペロリと食べられる美味しさです。

    【公式HP】https://www.rokusei.net/suzume/

    「すゞめ」 塩豆大福 1個120円(税込)

    「すゞめ」 塩豆大福 1個120円(税込)

  • 24

    【御菓子司松葉屋】―竹の皮で包んだ蒸し羊羹“月よみ山路”

    嘉永5年(1852)創業の老舗「御菓子司松葉屋」。代表的な銘菓のひとつ“月よみ山路”は、竹の皮に包まれた栗蒸し羊羹です。ほのかに竹の香りが立ちのぼり、葛を加えて蒸した餡は独特の食感が楽しめます。なかにみっちりと詰まった栗はほくほくと甘く、まさに“伝統の味”。古風な見た目に、金沢らしさを感じる和菓子です。切り分けやすいようにプラスチックナイフがセットで付いているので、お茶請けにささっと出しやすいのも嬉しいポイントです。

    【公式HP】http://www.matsubaya.jp/index.html

    「御菓子司松葉屋」 月よみ山路 750円(税込)

    「御菓子司松葉屋」 月よみ山路 750円(税込)

  • 25

    おまけ◎「めいてつエムザ」で購入できるお土産2品

    ここまでご紹介したものは、金沢駅内にある「金沢百番街」で購入可能です。
    しかし、日本三大菓子処・金沢には素敵な銘菓がまだまだたくさん。最後は、金沢駅から徒歩10分のところにある「めいてつエムザ」から、ナビタイム編集部がどうしてもおすすめしたい2品を厳選してご紹介します!

  • 26

    【山海堂】―おみくじを引く楽しさ“そっとひらくと”

    絵柄が可愛らしい最中を開けると、中には干菓子と金平糖、そして占いの紙(辻占)が入っています。見た目の可愛さだけでなく、何が書いてあるのかを見る楽しさまでが詰まった一品です。“そっとひらくと”という、ユニークな名前も魅力的。
    さらに、季節によって中身が変わるのでよりわくわくとした気持ちにさせられます。手作業でひとつひとつ作り上げられた、繊細で美しいお菓子はまさに金沢ならではです。

    【公式HP】http://sankaido.co.jp/

    「そっとひらくと なつきらり」 2個入896円(税込)

    「そっとひらくと なつきらり」 2個入896円(税込)

    春は「はるほのか」、秋は「あきゆらら」、冬は「ゆきふわり」と名前が変わります

    春は「はるほのか」、秋は「あきゆらら」、冬は「ゆきふわり」と名前が変わります

  • 27

    【めいてつエムザ】―黒門小路限定!“ムーさんの金沢弁どら焼き”

    こちらは「めいてつエムザ」のゆるキャラ“ムーさん”が金沢弁と共に刻印されているどら焼き。十勝黒豆味・ダブルチーズ味とそのお味にもこだわりがあります。めいてつエムザの「黒門小路」限定で発売されているので、見つけたらぜひ買ってみてくださいね。

    【公式HP】http://www.meitetsumza.com/kuromon/

    「黒門小路」 ムーさんの金沢弁どら焼き

    「黒門小路」 ムーさんの金沢弁どら焼き

    めいてつ・エムザ
    rating

    3.5

    4件の口コミ
    place
    石川県金沢市武蔵町15-1
    phone
    0762601111
    opening-hour
    10:00-19:30[ 食堂街]11:00-21…
    no image
    金沢百番街あんと
    place
    石川県金沢市木ノ新保町1-1
    phone
    0762603700
    opening-hour
    [ショッピング]8:30-20:00[お…

この記事を含むまとめ記事はこちら