【東京】なぜこれが自販機で?都内の変わった自動販売機スポット6選


2021.11.30

NAVITIME TRAVEL EDITOR

急な喉の渇きや、寒くて体を温めたいとき、ちょっと一息入れたい時などにいつもそばにある「自動販売機」。ドリンクだけでなく、アイスやちょっとした軽食を売っているものなど、最近はいろいろなものが増えましたね。

そんな中でも「なぜこれが自販機で?」というものや、非対面・非接触かつ待ち時間無しという点でコロナ禍に注目を集め始めている“次世代自販機”と呼ばれるものまで。一度は買って見たくなるような、東京都内の「変わった自動販売機スポット」をご紹介します。

  • 01

    ハイブランドモデルの自動販売機も|本格コーヒーを提供する“次世代自動販売機”のパイオニア

    「root C」

    「root C」

    2021年5月にサービスを開始してから“次世代自動販売機”として注目を集めているのが、本格的なコーヒーを無人販売するAIカフェロボットの「root C(ルートシー)」です。

    こちらは、自分好みのコーヒーが見つかるパーソナライズ診断機能が搭載された専用アプリからモバイルオーダーし、指定した時刻にロッカーからコーヒーを受け取るというもの。AIが予め需要を予測してコーヒー抽出を行っているため、マシーンの前で待つ事なく受け取ることができます。

    一般客の利用が可能な「root C」の自動販売機は、「JR新橋駅南改札前」、「マーチエキュート神田万世橋」、「A|X HARAJUKU Cat Street」の3スポットに設置されています。中でも「A|X HARAJUKU Cat Street」の自販機はブランドの世界観にマッチしたマットブラック塗装が施されており、今までにないクールな自動販売機として話題を集めています。

    自動販売機の設置場所をチェックする

    「root C」1杯450円(税込)※単品購入価格

    「root C」1杯450円(税込)※単品購入価格

    「A|X HARAJUKU Cat Street」に設置されている「root C」

    「A|X HARAJUKU Cat Street」に設置されている「root C」

    神宮前グリーンテラス
    place
    東京都渋谷区神宮前6丁目
    info
    【URL】https://rootc.cafe/
    すべて表示arrow
    no image
  • 02

    ブルーボトルコーヒーの自動販売機|ネクストレベルの缶コーヒーで一息

    「クイックスタンド 渋谷」

    「クイックスタンド 渋谷」

    清澄白河に旗艦店を構える「ブルーボトルコーヒー」といえば、日本にサードウェーブコーヒーのブームを巻き起こした代表格として知られている人気カフェブランドです。

    そんな「ブルーボトルコーヒー」のコーヒーが買える自動販売機「ブルーボトル クイックスタンド」を道端で見かけたことはありませんか?渋谷や六本木、吉祥寺など都内約10箇所に設置されており、カフェと同じように自社焙煎豆で淹れたコーヒーや水出しコーヒーが楽しめるこだわりの缶コーヒーはもちろん、羊羹セットやコーヒー豆まで販売しています。

    自動販売機の設置場所をチェックする

    「コールドブリュー缶」640円(税込)

    「コールドブリュー缶」640円(税込)

    左奥から「ブライトブレンド」1460円/「インスタントコーヒー」1620円/「オリジナル&抹茶羊羹とミニコットンポーチ」1050円/「羊羹(4本入)」1620円(すべて税込)

    左奥から「ブライトブレンド」1460円/「インスタントコーヒー」1620円/「オリジナル&抹茶羊羹とミニコットンポーチ」1050円/「羊羹(4本入)」1620円(すべて税込)

    さらに2021年12月1日(水)からは、「渋谷スクランブルスクエア」にてブランド初の試みとなるロッカー式カフェのポップアップストアがオープンします。こちらは注文をタッチスクリーンの画面で行い、出来立てのドリンクをロッカーから受け取るというもの。2022年2月15日(火)までの期間限定イベントとなっているので、気になる方はぜひ足を運んで見てくださいね。

    渋谷スクランブルスクエア
    place
    東京都渋谷区渋谷2-24-12
    phone
    0342214280
    opening-hour
    【渋谷スクランブルスクエア …
    info
    【URL】https://store.bluebottlecoffee.jp/pages/bluebottlecoffee-quickstand
    すべて表示arrow
  • 03

    サラダの自動販売機|人気店のサラダをQRコードで後払い決済

    「CRISP STATION」

    「CRISP STATION」

    2021年11月、サラダの無人販売サービスを提供する自動販売機「CRISP STATION(クリスプ・ステーション)」が東京の丸ビルにオープンしました。

    こちらは有名カスタムサラダショップ「クリスプサラダワークス」が手がける新サービスで、「クラシック・チキンシーザー」や「スパイシー・バイマイ」といったお店の人気サラダメニューを8種類販売しています。

    購入方法はシンプルで、好きなサラダを冷蔵庫から取り出し、パッケージのQRコードを読み込んで決済するのみ。オーダーから支払いまで列に並ぶ必要がないので、忙しいランチタイムでもささっと購入できるのがポイントです。

    自動販売機の設置場所をチェックする

    サラダは一律1,180円(税込)※イメージ

    サラダは一律1,180円(税込)※イメージ

    丸ビル
    rating

    4.0

    305件の口コミ
    place
    東京都千代田区丸の内2-4-1
    phone
    0352185100
    opening-hour
    [ショップ]11:00-21:00(日祝11…
    info
    【URL】https://station.crispsaladworks.com/
    すべて表示arrow
  • 04

    ラーメンの自動販売機|アメリカから日本初上陸!8種類のラーメンを約1分で提供

    日本初上陸の「Yo-Kai Express」

    日本初上陸の「Yo-Kai Express」

    スイーツやコーヒーなど、様々な商品が自動販売機で販売され始めた中でも、“次世代自動販売機”として最も注目されている物の一つが、アメリカ発のラーメン自販機「Yo-Kai Express(ヨーカイエクスプレス)」です。

    日本第1号となる「Yo-Kai Express」は2021年11月、東京・渋谷の「b8ta Japan(ベータジャパン)」店内に設置されることに。初上陸が決定してからは、雑誌『日経トレンディ』の“2022年ヒット予測ランキング”で紹介されたほか、数々のウェブメディアでも取り上げられており、その注目度の高さが伺えます。

    ラーメンは8種類ほどのラインナップとなっており、注文が入ると冷凍麺とスープを独自のスチーム技術で調理。オーダーから約1分程で出来立てあつあつのラーメンが完成します。

    ※「Yo-Kai Express」の試食開始時期は未定

    自動販売機の設置場所をチェックする

    展開予定のラーメンメニュー

    展開予定のラーメンメニュー

    「b8ta Japan Shibuya」店内に設置されています

    「b8ta Japan Shibuya」店内に設置されています

    b8ta Tokyo Shibuya
    place
    東京都渋谷区渋谷1-14-11 小林ビル1階
    opening-hour
    11:00-19:30
    info
    【URL】https://b8ta.jp/
    すべて表示arrow
    no image
  • 05

    昆虫食の自動販売機|姿形そのままの上級者向けからプロテインバーなど初心者向けも

    アメ横センタービル入口に設置された昆虫色の自動販売機

    アメ横センタービル入口に設置された昆虫色の自動販売機

    サステナブルな食糧供給の観点から、ここ数年注目を集めている“昆虫食”。地球環境へのダメージが少なく、高タンパクで栄養価が高いことから“次世代のタンパク源”とも言われています。

    そんな昆虫食を販売する自動販売機が、上野のアメ横内に2箇所設置され話題を集めています。コオロギ、タガメ、タランチュラなど約30種類がラインナップしており、価格は500円ほどから高いものでは3000円近くするものも。姿形がそのままの上級者向けのタイプから、昆虫の粉末を配合したプロテインバーなど初心者向けのタイプまで揃っています。

    Youtuberの企画で取り上げられることも増え、ますます認知度が上がっている昆虫食。上野に行く機会があればぜひ試してみてはいかがでしょうか?

    上野のアメ横

    上野のアメ横

    アメ横センタービル
    place
    東京都台東区上野4-7-8
    phone
    0338369450
    opening-hour
    10:00-20:00
    すべて表示arrow
  • 06

    ドールのバナナ自動販売機|手軽な栄養補給や小腹が空いたときにも

    「ヴィレッジヴァンガード渋谷本店」地下2階の入り口付近に設置されています

    「ヴィレッジヴァンガード渋谷本店」地下2階の入り口付近に設置されています

    手軽な栄養補給や小腹が空いたときに利用したいのが、世界有数のフルーツカンパニー「Dole(ドール)」のバナナの自動販売機です。

    こちらの自動販売機はバナナの鮮度を保つため13℃に設定されており、いつでもおいしいバナナを1本から手軽に購入することができます。さらに自動販売機の横には「缶」・「ペットボトル」・「ビン」でもなく、“バナナの皮”専用のゴミ箱が設置されています。

    東京メトロ半蔵門線「渋谷駅」の3番出口、もしくは「ヴィレッジヴァンガード渋谷本店」地下2階の入り口付近を目指すと、こちらの自動販売機が見つかるはずです!

    自動販売機の設置場所をチェックする

    1本150円(税込)

    1本150円(税込)

    自動販売機横にはバナナの皮を捨てるゴミ箱も

    自動販売機横にはバナナの皮を捨てるゴミ箱も

    ヴィレッジヴァンガード 渋谷本店
    place
    東京都渋谷区宇田川町23-3 渋谷第一勧銀共同ビル B1・2F
    phone
    0364165641
    opening-hour
    10:00-23:00
    info
    【URL】https://www.dole.co.jp/
    すべて表示arrow
    no image

この記事を含むまとめ記事はこちら