新宿から30分!!隠れパワースポット「深大寺」で夕涼み!


2015.08.26

NAVITIME TRAVEL EDITOR

深大寺へは新宿から電車とバスで30分。家族連れからカップルまで、老若男女問わず人気のパワースポットとして有名です。
まだまだ暑い日々が続きますが、自然がいっぱいの中で『涼』を感じてはみませんか?

  • 01

    まずは「深大寺」でパワーを授かろう

    年間130万人の人々が参拝に訪れる縁結びの寺として知られているパワースポットです。都内で2番目に古い寺である深大寺は、深大寺を中心とした古風な門前町が有名。
    茅葺の山門を抜けると、木々に囲まれた本堂が現れます。

    【住所】東京都調布市深大寺元町5-15-1
    【URL】http://www.jindaiji.or.jp/contact/

  • 02

    お参りしたあとはやっぱりこれ!「深大寺そば」は外せない!

    境内からあふれる豊富な湧水を利用して、深大寺周辺ではそばづくりが盛んです。
    そのため深大寺周辺には、20軒以上のおそば屋さんが立ち並んでいます。
    中でも1番人気は、「湧水」さんの「湧水もりそば」です!!

    職人さんが手打ちした九割蕎麦は、香りが高くコシがあり、お昼時には行列ができるほどの賑わいを見せます!
    暑くて食欲がないんだよなぁ…という方もするする食べられちゃいます!

    【住所】東京都調布市深大寺元町5-9-1
    【定休日】木曜(例外もあり)
    【営業時間】10:30~17:00
    【URL】http://www.yusui.co.jp/

  • 03

    様々な花が咲く「神代植物公園」で自然を満喫

    深大寺の裏門を抜けると、 色とりどりの植物が咲き乱れる植物公園が広がっております。
    春はサクラやツツジ、夏は真っ赤なバラやハスの花が多く咲き乱れ、夏の終わりには、スイレンやサルスベリが見ごろとなります。
    イベントが多く、温室も兼ね備えているので、一年中楽しめる植物公園となっています。
    (温室は2016年春まで改修中です。)

    【住所】東京都調布市深大寺元町二・五丁目、深大寺北町一・二丁目、深大寺南町四丁目
    【定休日】月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12/29~1/1)
    【営業時間】9:30~17:00
    【URL】https://www.tokyo-park.or.jp/park/format/index045.html

  • 04

    懐かしい風景に出会える「深大寺門前町」。お土産も買っておこう

    深大寺の参道沿いには、茶屋などが立ち並んでいて、古き良き街並みを肌で感じることができます。
    境内の湧水が門前町全体に流れていて、木々が生い茂っているので、涼しく散策することができます!
    山門からすぐの「鬼太郎茶屋」では、鬼太郎や目玉おやじたちが迎えてくれます。深大寺は漫画家水木しげるさんの第二の故郷。茶屋の中は、妖怪のお土産ショップやカフェになっています。
    2階はギャラリーとなっており水木しげるワールドが広がっているので、ぜひのぞいてみてはいかがでしょうか。

    【住所】東京都調布市深大寺元町5-12-8
    【定休日】月曜日(祝日の場合は翌日)
    【営業時間】10:00~18:00
    【URL】http://www.yoshimoto.co.jp/lumine/

  • 05

    夏の最後の思い出に「夕涼みの会」に行ってみませんか?

    8月29日(土)~30日(日)に、深大寺の参道にて自然と風情を活かした「深大寺夕涼みの会」が開かれます。
    縁日や和太鼓などの催し物が行われる予定となっているので、浴衣に袖を通して夏休み最後の思い出として足を運んでみてはいかが?

  • 06

    [アクセス]吉祥寺駅またはつつじヶ丘駅からのバスがおススメ

    深大寺までのバスは、JR中央線なら吉祥寺駅か三鷹駅から小田急バスで、京王線ならつつじヶ丘駅か調布駅から京王バスで行けます。
    このうち、吉祥寺駅南口からの小田急バス[吉04]系統は15分毎、つつじヶ丘駅北口からの京王バス[丘21]系統は約7分毎に運行していて便利です。

この記事を含むまとめ記事はこちら