NAVITIME Travel

【銀閣寺】京の“侘び寂び”を思わせる静かな佇まい。「東山慈照寺」で感じる東山文化

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

3. October. 2016

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

室町幕府8代将軍の足利義政が、北山山荘(金閣寺)を参考に建立した「銀閣寺」。正式名称は「慈照寺(じしょうじ)」と言い、京都の侘び・寂びを象徴する建築や、色彩を抑えた境内が静かな気品を感じさせます。

目次

  • 銀閣寺へ向かう参道「銀閣寺垣」
  • 禅宗文化の影響を色濃く受けた「銀閣(観音殿)」
  • 白砂がつくる芸術的庭園と銀閣のコントラスト
  • 義政が茶の湯に使用した「お茶の井」
  • 現存する最古の書院造り「東求堂(とうぐどう)」
  • 静けさの中で日本の風情を感じて

この記事を含むまとめ記事はこちら

新着記事

    もっと見る

    新着の観光コース

      京都府の写真集

    • 全国

      |

      エリアから探す

      • 目的から探す