NAVITIME Travel

(お忍び?)デートに最適!隠れ家すぎる「名前のないラーメン屋」【京都】

名前なし、看板なし、広告も一切なし!そんな究極の隠れ家店があるという噂を聞きつけ、訪れたのは京都の三条。瞬く間に口コミで広がり、文字通り“無名”店から、TVで特集される程の有名店に。女性が喜ぶポイント満載なので、デートを控えた男性諸君!必見ですよ♪

目次

  • 目指すはオンリーワン!

  • 宝島を見つけるようなワクワク感♪噂は本当だった!

  • THE機能美!シンプルで無駄のないデザイン。

  • オーナー自ら実験台に。半年間毎日食べ続けた結果・・・GOサイン

  • デートで連れてこられたら、惚れてしまうカモ

  • 目指すはオンリーワン!

    手掛けるのは京の商人(あきんど)集団「高倉二条」。誰もやったことのない”日本初”で世間をあっと言わせ続けるサプライズの魔術師です。
    「1000円で、特別な空間を味わってほしい」。そんな想いから生まれたこちらのお店は、デートを想定して作られたとも言われています。ラーメンそのものだけでなく、ロケーション、雰囲気、デザインなど様々な角度から、他にはない演出がほどこされています。

    しかし名前も看板もないのだから、オープン当初は当然お客さんが来るはずもなく・・・ 「ココは店なのか?何があるんだろう??」と、扉を開けた勇気ある者だけが訪れたそう。コンセプトに共感する人々が次第に増え、現在では行列ができるほど人気に。

  • 宝島を見つけるようなワクワク感♪噂は本当だった!

    地図を片手に三条駅から歩くこと5分。お店があると思われるビルに到着。住所ではこちらの地下にあるはずですが・・・

    本当だ、名前も看板もありません。

    本当だ、名前も看板もありません。

    恐る恐る階段を下り地下へ・・・

    恐る恐る階段を下り地下へ・・・

    扉を開けると・・・突如現れる中庭!!!度肝を抜かれながらも、奥に客席が続いているのを確認。どうやら噂のラーメン店はこちらで間違いなさそうです。
    それにしても木々の緑に囲まれると、待ち時間でも癒されて良いですね。

    ちなみに、日光の入らない地下で植物を育てるのは結構大変らしいですよ。

    ちなみに、日光の入らない地下で植物を育てるのは結構大変らしいですよ。

  • THE機能美!シンプルで無駄のないデザイン。

    客席は、コンクリート打ちっぱなしの大きなカウンターが一列あるのみ。敷地面積に対して空間の使い方が贅沢!椅子もわざと低めに設計されているそうで、身長153cmの小柄な筆者でも腰をかけた時床に足が付き、座り心地◎。バーカウンターのように奥行が広い上に、物が一切ないのでゆったり感じます。

    カウンターに備えつけられた引き出し。まるで教室の机を思い出させます。開けるとお箸や紙ナプキン、そしてスパイスがワンハンドペッパーミルに入っていてお洒落♪ちなみにこの引き出しスタイルは、こちらのお店が日本初らしいです。さすが、オンリーワンへのこだわりが半端ないですね!

    ラーメンの薬味に”山椒”。最近ではたまに見かけますが、これも高倉二条が発祥と言われています。

    ふと目線を上げると、窓から見える石畳。この時期は丁度桜の花びらが舞い散っていて、窓絵のように美しいです。(散る雪の花、写真でお見せできずすみません)

  • オーナー自ら実験台に。半年間毎日食べ続けた結果・・・GOサイン

    カロリーの高いラーメンって、食べるハードルが若干高いもの。どんなに美味しくても、美と健康に気をつける者にとって悩ましい問題です。そう、女子には食べても良いと思わせる “言い訳”が必要。そこで開発されたのが、最高の食材で作られたヘルシーラーメン。

    驚いたのは、オーナー山田氏がとった行動。なんと!昼と晩、毎日お店のラーメンだけを半年間も食べ続けたそう。本当に安全なのか自ら体を張って検証されるとは・・・そのストイックさに脱帽です。
    結果、お肌トラブルなし!体重増減なし!
    というわけで早速、その”罪悪感0ラーメン”を作っていただきましょう。

    シャイながらも笑顔で対応してくれたお兄さん。手際の良さが素敵です。

    シャイながらも笑顔で対応してくれたお兄さん。手際の良さが素敵です。

    さて、そのこだわりとは!?
    【麺】糖質を抑えた全粒粉には“ごぼう”が練りこんであり、栄養素が高く腹持ちも良い。今でこそ数多くのラーメン店が全粒粉の麺を使用していますが、実はこちらも高倉二条が生みの親。

    【スープ】天然のかつおがこれでもかと入っており、添加物は一切使われていないので後からのどが渇く事もない。

    【素材】正しい飼育方法で丁寧に育てられた地鶏や黒豚のみ使用。野菜も京野菜を中心に、新鮮なものをチョイス。直接オーナーが生産地に出向いて確認したそう。

    【調味料】醤油は樽仕込み、みりんは3年もの、酒は純米酒・・・と、作り手が丁寧に手間暇かけたものを使用。

    女子に嬉しい!身も心も満たされる一杯

    女子に嬉しい!身も心も満たされる一杯

    【お味】今回頂いたのは淡麗系醤油ラーメン。スープは濃い目、でも全然しょっぱくない!かつおだしがガツンと効いています。スーッと引いていく後味はとてもすっきり。炙られた黒豚がとろける程柔らかく、ねぎも香ばしい。

    通常の健康系ラーメンって物足りなさを感じがちですが、全くそんなことありません。むしろこれで本当に太らないなら、毎日でも食べたくなる程。

    最後の一滴まで、完食です

    最後の一滴まで、完食です

  • デートで連れてこられたら、惚れてしまうカモ

    名前もない、看板もない。隠れ家すぎるにもほどがあるラーメン屋。初デートでこんな乙なお店に連れてこられたら、女子は不意打ちをつかれたように「くらっ」と来ることでしょう。こりゃ、探してでも来たくなりますね・・・。本当は秘密にしておきたかった、デート最終兵器のご紹介でした♪

    なまえのないラーメン屋
    住所
    京都府京都市中京区恵美須町534-31CE0木屋町ビルB1
    電話番号
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの記事(旅行の目的別)

ラーメン
もっと見る

おすすめの記事(エリア別)

もっと見る

新着記事

もっと見る