NAVITIME Travel

美意識が高まる♪アートな京都土産【和菓子屋3選】

芸術の都、京都。日本人の繊細な感性が光る和菓子は、まさに”食べるアート”♡昔ながらの伝統を受け継ぐ老舗から、現代の京都を表現するニューカマーまで。職人さんの掌から生まれた芸術を箱に詰めてお持ち帰りしちゃいましょう。これを送ればあなたの大切なあの人も、絶対喜んでくれるはず!

目次

  • 100年後の新しい文化を作る。未来型和菓子【UCHU wagashi】

  • ”今”この瞬間を味わう!とびっきりおしゃれな生八ッ橋。【nikiniki】

  • 伝統美!箱の中に描かれた”京のよすが”ワールド【亀末廣】

  • 100年後の新しい文化を作る。未来型和菓子【UCHU wagashi】

    2012年、京都市のとある路地の一角に誕生した「UCHU wagashi」。
    「現代の和菓子を作ることが、100年先の新たな文化になっていく」。
    そんな未来への希望に満ちた品々は、受け取った人をワクワク、そして幸せにしてくれる事でしょう。

    FUKIYOSE 寺町店。町屋をリノベーションした趣きのある佇まい

    FUKIYOSE 寺町店。町屋をリノベーションした趣きのある佇まい

    made in kyoto UCHU wagashi

    made in kyoto UCHU wagashi

    淡く優しい色、造形美溢れる落雁は、どれも乙女を夢見心地にさせてくれます。
    温度、湿度で味や口どけが変わってしまうので、一つ一つ手仕事で作られているそう。

    写真は「Bird」。青い空に白い雲、そこへ羽ばたく鳥たちが描かれています。旅立ちの季節にふさわしい一品。進学や就職する方へのプレゼントに最適ですね。

    春限定「Bird」1500yen

    春限定「Bird」1500yen

    こちらは「fukiyose」。様々なデザインの和三盆糖と、カラフルな金平糖のセット。

    「fukiyose」970yen

    「fukiyose」970yen

    桃の新作ゼリー菓子「momohana」。桃色と白の一松模様が素敵♡(左)
    定番の落雁drawingに、春限定色が登場。ラブリーなピンクと白で心華やぎます。(右)

    「momohana」1080yenと「drawing(spring ver)」680yen

    「momohana」1080yenと「drawing(spring ver)」680yen

    drawingはパズルのように形を組み替えて、自由にデザインできちゃいます!あなただけのオリジナルデザインを、SNSでぜひ披露してみては?

    落雁を使ったアート。

    落雁を使ったアート。

    【編集部チョイス♪】
    清水寺、平安神宮、京都タワー、鴨川・・・。京都の美しい景色を落雁にした情緒あふれる「京都ものがたり」。京の町並みが描かれたパッケージは、食べ終わった後もとっておきたくなるほどキュート♡

    「京都ものがたり」1080yen

    「京都ものがたり」1080yen

    UCHU wagashi 寺町店
    住所
    京都府京都市上京区寺町通丸太町上ル信富町307
    電話番号
    0757548538
  • ”今”この瞬間を味わう!とびっきりおしゃれな生八ッ橋。【nikiniki】

    これまでにない、新たな八ツ橋のスタイルを提案する「nikiniki」。老舗和菓子屋「聖護院八ッ橋総本店」から生まれた新ブランドです。創業320年以上八ッ橋を作り続けるスペシャリストが織りなす、乙女心を掴んで離さないカワイイ品々。京都では河原町と京都駅の2店舗で出会えます。

    「nikiniki á la gare」京都駅店

    「nikiniki á la gare」京都駅店

    Nikinikiを代表する看板商品「カレ・ド・カネール」。カラフルな生八ッ橋と、中に包む果物のコンフィなどが数種類から選べ、自由にカスタマイズできる逸品。

    イートインもOK. お店の方がこんな風にお花型に包んでカップに入れてくれます。店内でフレッシュなうちに頂くもよし。

    「カレ・ド・カネール」108yen~

    「カレ・ド・カネール」108yen~

    テイクアウトして、創作意欲の赴くまま自分だけのオリジナルを作るもよし。

    友達、恋人、家族みんなで楽しめる♪

    友達、恋人、家族みんなで楽しめる♪

    あん、果物・野菜のコンフィなど種類豊富!

    あん、果物・野菜のコンフィなど種類豊富!

    こちらも人気商品「季節の生菓子」。来店時は4月という事で、イースターのウサギやエッグをモチーフにしたお品がありました。なんとも芸術的!これが八ッ橋だと、誰が想像できるでしょうか?

    「季節の生菓子」

    「季節の生菓子」

    【編集部チョイス♪】
    ポップなカラーの蝶とハートの生菓子をセレクト。お土産用の箱に入れるとこんな感じ。生八ッ橋なので、その日のうちに頂きましょう。

    「papillon」594yen/箱、 「amour -vent-」486yen/箱

    「papillon」594yen/箱、 「amour -vent-」486yen/箱

    nikiniki a la gare(ニキニキアラギャール) 京都駅店
    住所
    京都府京都市下京区東塩小路高倉町8-3 ASTY京都1F・16区画
    電話番号
    0756628284
  • 伝統美!箱の中に描かれた”京のよすが”ワールド【亀末廣】

    文化元年(1804)創業、200年を超える老舗「亀末廣」。江戸時代には御所や二条城からも注文が入ったと言われる由緒正しき和菓子屋です。

    風格のある店構えに、歴史を感じます。

    風格のある店構えに、歴史を感じます。

    木の温もりが心地よい、どこか懐かしさ漂う店内。

    【編集部チョイス♪】
    お店を代表する商品は「京のよすが」(3600yen)。今回は、ちょっぴり小さめの「ミニ 京のよすが」(1100yen)をGet!六角形の和柄の箱が美しいです。中身はどんななのか、期待が高まります。

    「ミニ 京のよすが」(1100yen)

    「ミニ 京のよすが」(1100yen)

    暖かな春を「干菓子」で表現。2段重ねになっていて重箱のようなご馳走感を味わえる逸品。食べるのが勿体ないですね・・・。四季折々の草花をデザインしているので、季節が変わるごとに訪れたくなります。

    ふたを開けると・・・広がる春♡

    ふたを開けると・・・広がる春♡

    亀末廣
    住所
    京都府京都市中京区姉小路通烏丸東入ル
    電話番号
    0752215110
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの記事(旅行の目的別)

スイーツ
もっと見る
お土産
もっと見る

おすすめの記事(エリア別)

もっと見る

新着記事

もっと見る