NAVITIME Travel

鎌倉3大洋館のひとつ「鎌倉文学館」で鎌倉文士・文学の魅力に触れる

加賀百万石の藩主で知られる前田利家の系譜である、旧前田侯爵家の別邸の利用した「鎌倉文学館」。昭和60年、鎌倉ゆかりの文学者の著書や原稿、愛用品などの貴重な文学資料の収集・保存・展示を目的として開館しました。文学好きなら一度は訪れたい、「鎌倉文学館」の魅力についてご紹介します。

  • 文学都市「鎌倉」の歴史を描く常設展

    鎌倉は、古くは「万葉集」に詠まれた情緒豊かな都市。鎌倉幕府の時代には「平家物語」や「源平盛衰記」など、さまざまな軍記物語の舞台として語られました。
    さらに明治に入って横須賀線が開通すると、多くの著名な文学者が鎌倉に集うようになります。夏目漱石、有島武郎、島崎藤村、高浜虚子、芥川龍之介…誰もが知る名だたる文豪たちが鎌倉に移り住み、あるいは鎌倉を舞台にした作品を執筆しました。
    昭和・平成にかけても、三島由紀夫や澁澤龍彥、脚本家で映画監督の小津安二郎などに愛された鎌倉。鎌倉文学館の常設展では、そんな文学都市としての鎌倉の変遷を4つの時代に分けて展示。

    鎌倉文学館 常設展示室

    鎌倉文学館 常設展示室

    さらに大佛次郎、川端康成をはじめとした鎌倉文士にも焦点をあて、鎌倉で生まれた作品を数多く紹介しています。

    鎌倉文学館 常設展示室

    鎌倉文学館 常設展示室

    ファン垂涎の直筆原稿や、思わず見入ってしまう年譜など充実の内容!

    ファン垂涎の直筆原稿や、思わず見入ってしまう年譜など充実の内容!

    人気作家が描く鎌倉の一端を紹介するミニコーナーも

    人気作家が描く鎌倉の一端を紹介するミニコーナーも

    小学生に大人気!鎌倉のまちのジオラマも展示

    小学生に大人気!鎌倉のまちのジオラマも展示

  • 何度来ても飽きない!工夫をこらした特別展も

    鎌倉文学館では常設展のみならず、定期的に特別展を開催しています。鎌倉にゆかりのある作品・作家を中心に取り上げた展示が魅力で、アカデミックなものだけではなく子どもたちを対象にした展覧会も開催。見れば鎌倉を歩いてみたくなるようなものばかりです。

    特別展示室の様子

    特別展示室の様子

  • アール・デコの建築美にも注目

    鎌倉文学館の魅力のひとつに建築の美しさがあります。近代鎌倉で数多く建てられた別荘建築の中でも規模が大きい、貴重な建物です。和洋折衷のデザインですが、内部はアール・デコの様式が見られ、何とも言えない異国情緒あふれる品のある佇まいが魅力です。

    鎌倉文学館の外観

    鎌倉文学館の外観

    至るところに美しいステンドグラスが

    至るところに美しいステンドグラスが

  • 薔薇園のある庭園も人気

    本館前には青々とした芝生が広がる庭園があります。天気のいい日はぜひ散策してみましょう!スタジイ(シイノキ)の木では、運がよければリスなどの動物が戯れる姿を目撃できます。

    スタジイ(シイノキ)の木

    スタジイ(シイノキ)の木

    さらに人気なのが庭園内にある薔薇園。“鎌倉”“静の舞”“流鏑馬”“春の雪”など、鎌倉や文学にゆかりのある名前がつけられた見事な薔薇を目にすることができます。他にも海外女優の名を冠したものがあり、名前を見ているだけで愛着がわいてしまいそう。

    春と秋が見ごろです。

    春と秋が見ごろです。

    鎌倉文学館薔薇園の薔薇

    鎌倉文学館薔薇園の薔薇

    文学館2階の休憩室からは、湘南の海と庭園、そして豊かな緑に囲まれた鎌倉のまちを一望できます。
    休憩室では飲み物も購入できるので、素通りせずにぜひゆったりした時間を過ごしてください。

    休憩室では読書も楽しめます

    休憩室では読書も楽しめます

  • 出かける前に公式サイトをチェックするのがおすすめ

    さまざまなコンテストやイベント、さらに音楽フェスティバルなどを開催している鎌倉文学館。訪れる際には、ぜひ公式ウェブサイトをチェックして出かけましょう。
    定期的に行われる「鎌倉文学館こども文学賞」発表後は、子どもたちの作品が貼り出されます。将来が楽しみになる才能にあふれたものばかりで思わず感心してしまうはず。
    入口/出口近くのミュージアムショップでは、書籍や絵葉書はもちろん、文学にゆかりのあるモチーフを使ったアイテムが購入できます。

    ミュージアムショップ

    ミュージアムショップ

    鎌倉文学館オリジナルのブックマーカーやブックカバーも。来館の記念やおみやげにおすすめです。

    ここでしか手に入らない!オリジナルブックマーカー

    ここでしか手に入らない!オリジナルブックマーカー

    鎌倉文学館
    住所
    神奈川県鎌倉市長谷1-5-3
    電話番号
    0467233911
    備考
    【URL】http://www.kamakurabungaku.com/
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事