シェアサイクルサービス「LUUP(ループ)」 非3密型の移動手段 として 5月25日から提供開始

「新しい生活様式」では、3密を避けるための移動手段として徒歩や自転車を活用した移動が推奨されています。新しいスマートモビリティを使ったシェアリングサービスとして短距離移動インフラ創りを目指す「LUUP(ループ)」がサービスの提供を開始しました。

  • 01

    LUUPのサービスについて

    自転車よりも小型のスマートモビリティを使ったシェアリングサービスです。5月25日現在では、Luupが自社開発した「LUUP Cycle Lite(ループサイクル・ライト)」という小型電動アシスト自転車の提供からはじめ、今後は電動キックボードやシニアカーなど複数の機体の提供を予定しています。
    ※LUUPは、「技適未取得機器を用いた実験等の特例制度」に基づいて開始するものです。

    LUUP Cycle Lite

    LUUP Cycle Lite

    自社開発の「LUUP Cycle Lite(ループサイクルライト)」は快適さと安全性のために走行時の「軽さ」を追求しています。最高速度を抑えている一方で、坂道などを軽い負荷で登れるようアシスト力を強化しています。

    LUUP Cycle Lite

    LUUP Cycle Lite

    利用方法は、スマートフォンアプリを使ったものになり、現在はiOSのみとなっています。また提供エリアも渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の一部となっています。

    LUUP利用方法

    LUUP利用方法

    <サービス概要>

    ・サービス名:LUUP(ループ)
    ・アプリダウンロードURL:https://itunes.apple.com/app/id1445630390 (※1)
    ・提供開始日:2020年5月25日(月)
    ・利用方法:下図参照
    ・料金:初乗り100円/10分(10分以降は1分あたり15円がかかります)(※2)
    ・利用可能エリア:渋谷区、目黒区、港区、世田谷区、品川区、新宿区の一部
    ・ポート数:57ヶ所(サービス開始時点)(※3)
    ・機体台数:50台(サービス開始時点)
    ・備考:最大限に安全性に配慮するため、サービス開始時は機体を50台に大幅に制限しています。順次、台数を増やしていく予定です。

    ※1…現在はiOS版のみ提供となります。Android版も順次対応予定です。
    ※2…料金やポート数は今後変更になる可能性があります。

    渋谷
    place
    東京都渋谷区渋谷2丁目
    no image

この記事を含むまとめ記事はこちら