NAVITIME Travel

大迫力の「黒部ダム」へ!東京・富山駅・立山駅・扇沢駅からアクセス

東京(関東方面)・富山駅・立山駅・扇沢駅から、富山県の黒部ダムに行くアクセス方法やルート、料金などを紹介します。長野と富山のほぼ県境に位置する黒部ダムは、富山県東部を流れる黒部川の上流にあり、堤高の高さ日本一を誇ります。世界有数の豪雪地帯として知られる「立山黒部アルペンルート」の目玉スポットで、観光は毎年4月中旬から11月末までの期間限定となっています。最寄駅は扇沢駅(長野)と立山駅(富山)です。

目次

  • 東京(関東方面)から黒部ダムへの行き方は?

  • 車で行く

  • 扇沢駅の駐車場

  • 扇沢駅から黒部ダムへのアクセス

  • 扇沢駅への自動車ルート

  • 新幹線で行く

  • 特急列車で行く

  • 高速バスで行く

  • 飛行機で行く

  • 富山から車で黒部ダムにアクセスする

  • 立山駅から立山黒部アルペンルートで黒部ダムへ

  • 東京(関東方面)から黒部ダムへの行き方は?

    関東方面から黒部ダムにアクセスする方法には、アルペンルートの長野県側の入り口である「扇沢」を経由するルートと、富山県側の入り口にあたる「立山」を経由するルートの2通りがありますが、特に公共の交通機関で富山からアクセスすると乗り継ぎが多く、それだけ運賃も時間も余計にかかってしまいます。したがって、ケーブルカーや高原バス、ロープウェイといったアルペンルートならではの乗り物を目的としたプランには富山ルートがおすすめですが、スピーディーでリーズナブルな移動方法としては長野ルートを利用するのが一般的です。

  • 車で行く

    ファミリーや連泊予定の旅行では、荷物も増えることからマイカーでの移動を考える方も多いことでしょう。車で黒部ダムにアクセスする場合は、長野自動車道や上信越自動車道を経由して、アルペンルートの入り口となる「扇沢駅」を目指します。この駅が車での乗り入れが可能な最終地点で、駐車場が完備されています。標高1,433mの高地に建つ扇沢駅は、1階が乗車券売り場、3階が関電トンネルトロリーバス乗り場です。

    立山黒部アルペンルート乗車券

    立山黒部アルペンルート乗車券

  • 扇沢駅の駐車場

    駅前には230台分の無料駐車場と350台分の有料駐車場があり、繁忙期には600台~800台を収容する臨時駐車場も開放されます。
    有料駐車場は第1・第2が12時間1,000円、第3・第4が24時間1,000円で、臨時駐車場の利用は1回500円です。

    扇沢駅の駐車場をチェックする(立山黒部アルペンルート公式サイト)
    https://www.alpen-route.com/access_new/access/parking.html

  • 扇沢駅から黒部ダムへのアクセス

    扇沢駅からは、関電トンネルトロリーバス(所要16分、運賃:大人1,540円)で黒部ダムに向かいます。トロリーバスは8時30分から16時まで30分おきの出発で、季節によっては6時30分から運行しています。

    関電トロリーバスの時刻表でチェックする(黒部ダム公式サイト)
    https://www.kurobe-dam.com/kankou/mirutanoshimu02.html

    トロリーバス

    トロリーバス

    黒部ダム駅には2つの出口があり、ひとつは60段の連絡階段を下りた「黒部ダムえん堤」に、もうひとつは220段上がったところにある「ダム展望台」へと通じています。
    展望台は黒部ダムの全容を一望できるスポットで、日本一を誇る高さ186mのえん堤は放水を上から見下ろせます。
    ほかにも、バリアフリーでベビーカーでも行ける「放水観覧ステージ」や、一番近くで大放水を見ることができる「新展望広場」、「レインボーテラス」があります。黒部ダムのマスコットキャラクター「くろにょん」がダムえん堤周辺をお散歩しているので、探しながら散策を楽しんでください。
    「ふぉっとダム」は、高所に設置されたカメラから広大な黒部ダムをバックに記念写真が撮れるシステムです(A4サイズ1枚1,400円)。

    なお、毎秒10tもの水が噴き出す「観光放水」は、毎年6月26日から10月15日までとなっており、黒部ダムに行けばいつでも見られるという訳ではありませんので注意してください。
    放水時刻は6・7月が6時から17時30分、8月から9月10日までは6時30分から17時で、10/15までは7時から16時30分です。

    黒部ダムの放水

    黒部ダムの放水

  • 扇沢駅への自動車ルート

    ■練馬ICから関越自動車道で行く
    【出発地】東京(練馬IC)
    【目的地】扇沢駅
    【所要時間】3時間22分
    【総距離】260.8km
    【ガソリン】18.52L
    【料金】5,310円(普通車)

    関越自動車道⇒上信越自動車道(藤岡JCT)⇒長野自動車道(更埴JCT)⇒麻績ICで国道403号線に降りるルートです。
    車ルート検索結果を表示(ナビタイム)

    ■調布ICから中央自動車道で行く
    【出発地】東京(調布IC)
    【目的地】扇沢駅
    【所要時間】3時間12分
    【総距離】248.4km
    【ガソリン】17.61L
    【料金】5,580円(普通車)
    中央自動車道⇒長野自動車道(岡谷JCT)⇒安曇野ICで降りて、県道306号線を走るルートです。
    車ルート検索結果を表示(ナビタイム)

    ■(小牧IC)から中央自動車道で行く
    【出発地】東京(小牧IC)
    【目的地】扇沢駅
    【所要時間】3時間7分
    【総距離】243.1km
    【ガソリン】17.26L
    【料金】5,160円(普通車)
    小牧ICから同じく中央自動車道で岡谷JCTを経由し、長野自動車道に乗るルートです。インターを降りて3.3km走った県道306号線(有明大町線)は、安曇野を南北に貫く見晴らしの良い道路で、天気が良ければ北アルプスを眺めながらドライブが楽しめることから「北アルプスパノラマロード」と呼ばれています。
    車ルート検索結果を表示(ナビタイム)

  • 新幹線で行く

    東京から新幹線を使って黒部ダムを目指すなら、アルペンルート(長野側)の入り口にあたる「扇沢駅」を経由するルートが最もポピュラーです。扇沢駅から黒部ダムまでは、関電トンネルトロリーバスで地下の黒部ダム駅を目指します。

    ■JR東京駅から北陸新幹線で黒部ダムへ
    所要時間:3時間13分 運賃:12,340(運賃4,000円・指定席特急券4,200円・特急バス2,600円・トロリーバス1,540円)
    6:16発の始発「かがやき501号(金沢行き)」で長野駅まで移動し(所要1時間22分)、長野駅東口を7:50に発つ特急バス(長野~大町・扇沢線)に乗ります(所要1時間35分)。扇沢駅でトロリーバスに乗り換えれば、所要16分で黒部ダムに到着です。

    東京→長野のJR北陸新幹線(長野経由) 時刻表・チケットをチェックする
    特急バス長野~大町・扇沢線の時刻表をチェックする(ナビタイム公式サイト)

  • 特急列車で行く

    長野ルートでは扇沢駅のほかに、黒部ダムへの拠点として大阪や名古屋方面からのアクセスにも便利な「信濃大町駅」があります。ここでは、新宿→松本間を高速でつなぐ「特急あずさ」を利用し、「信濃大町駅」経由で黒部ダムに向かう方法を紹介します。

    ■新宿駅から「特急スーパーあずさ」で黒部ダムへ
    所要時間:4時間29分 運賃:10,350円(乗車券4,750円・特急券2,700円・路線バス1,360円・トロリーバス1,540円)

    東京(新宿)から早朝7時00分始発の「特急スーパーあずさ1号」で終点の松本駅まで行き(所要2時間39分)、大糸線に乗り換えて信濃大町駅に移動します(所要54分、10時48分着)。扇沢駅までは路線バスで40分、さらにトロリーバス(所要16分)で黒部ダムに到着です。

    次の7時30分発「特急あずさ3号」で信濃大町まで行った場合の所要時間は3時間31分で11時01分着、運賃は同じなので、ほとんど違いはありません。
    なお、信濃大町駅を出発した路線バスは、途中で大町温泉郷や日向山高原を経由しながら扇沢駅に向かいます。高瀬渓谷の葛(くず)温泉からお湯を引いた魅力的な宿が多いので、立ち寄り湯で旅の疲れをリフレッシュしたり、1泊してから黒部ダムを目指したりするプランも良いでしょう。

    スーパーあずさ(JR中央本線 東京-塩尻)の時刻表をチェックする(ナビタイム公式サイト)
    https://www.navitime.co.jp/diagram/timetable?node=00004254&displayLine=00000019&updown=1
    松本→信濃大町(JR大糸線 松本-南小谷)の時刻表をチェックする(ナビタイム公式サイト)
    https://www.navitime.co.jp/diagram/depArrTimeList?departure=00003876&arrival=00004149&line=00000170&updown=1
    信濃大町→扇沢(路線バス=アルピコ交通・関電アメニックス北アルプス交通の共同運行)の時刻表をチェックする(アルピコ交通公式サイト)
    https://www.alpico.co.jp/access/hakuba/ogizawa/#timetable_01

    特急スーパーあずさ

    特急スーパーあずさ

    信濃大町駅

    信濃大町駅

  • 高速バスで行く

    東京から扇沢の直通バスは、アルピコ交通と京王電鉄バスが共同運行する安曇野・大町・白馬線「さわやか信州号」の季節運行便となります。下りは夜行便(新宿西口発)、上りは昼行便(バスタ新宿着)の1往復です。特定日のみの運転ですが、2018年度は7月中旬から8月は毎日、9月もほぼ連日運行しており、予約は乗車日の1か月前から可能です。

    ■新宿からバスで黒部ダムへ
    所要時間:往路6時間33分 運賃:7,740円 復路5時間17分 運賃:6390円
    運行経路は
    新宿⇒安曇野スイス村⇒安曇野穂高⇒安曇松川⇒信濃大町駅⇒大町温泉郷⇒扇沢駅
    で、信濃大町駅から黒部ダム方面に進路を取ります。
    なお、2018年の運転時刻は、
    ・下り 新宿西口23時15分発→扇沢5時32分着
    ・上り 扇沢16時10分発→バスタ新宿21時11分着
    運賃は昼行便4,850円、夜行便は6,200円(割増運賃1,350円を含む)でした。また、繁忙期には400円増しの運賃となります。

    ※利用の際には最新の時刻表を確認してください。

    「さわやか信州号」の公式サイトをチェックする
    http://sawayaka.alpico.co.jp/area/hakuba/shinjuku/#a01

  • 飛行機で行く

    東京→長野(信州まつもと空港)行きの飛行機は運行していませんので、富山からアクセスします。

    ■羽田空港から黒部ダムまで
    所要時間:4時間5分 運賃22,070~36,180円

    羽田から「富山きときと空港」まで行き(所要1時間・運賃12,990~27,100円)、空港連絡バスで富山地方鉄道「電鉄富山駅」まで移動し(所要20分・運賃410円)、富山地方鉄道立山線に乗り立山駅で降ります(所要約1時間10分・運賃1,200円)。
    その先は立山黒部アルペンルートとなるため、ケーブルカーで美女平(所要7分・運賃720円)⇒高原バスで立山室堂(所要50分・運賃2,430円)⇒トロリーバスで大観峰(所要10分・運賃2,160円)⇒ロープウェイで黒部平(所要7分・運賃1,300円)⇒ケーブルカーで黒部湖(所要5分・運賃860円)と乗り継ぎ、黒部湖から15分歩くと黒部ダムです。

    以上をまとめると、東京(羽田)から電鉄富山駅までの所要時間は約1時間20分、さらに電鉄富山駅から黒部ダムの最寄駅である黒部湖までは5回の乗り換えが必要で、連絡時間を除いても約2時間30分かかります。

    羽田空港 → 富山空港の航空券・飛行機時刻表をチェックする
    空港連絡バスの時刻表をチェックする(ナビタイム公式サイト)

    電鉄富山駅

    電鉄富山駅

  • 富山から車で黒部ダムにアクセスする

    黒部ダムは富山県に所在する観光地ですが、ここでは乗り換えの多い立山からのルートではなく、新潟県を経由して長野県の扇沢から黒部ダムに入る場合の所要時間と運賃を計算します。

    ■富山駅から北陸自動車道で行く
    【出発地】JR富山駅
    【目的地】扇沢駅
    【所要時間】2時間42分
    【総距離】164.5km
    【ガソリン】11.74L
    【料金】2,230円(普通車)
    扇沢駅からはトロリーバスを利用します。
    黒部ダムまでの合計所要時間:2時間58分 合計料金:3,770円

    北陸自動車の富山ICから糸魚川ICまで走り、古道・千国街道を経て県道45号線で扇沢駅に向かいます。電鉄富山駅から立山線で立山駅に向かい、立山黒部アルペンルートの乗り物を利用し、黒部湖から黒部ダムまで行く場合の所要時間は2時34分なので時間的にはそれほど変わりません。しかし、運賃の合計は8,670円ですので、仮にガソリン代を142.8 円(1リットル消費税込)で計算すると長野経由の方が3,224円安く移動できます。

    富山駅→扇沢駅のルートをチェックする(ナビタイム公式サイト)

  • 立山駅から立山黒部アルペンルートで黒部ダムへ

    乗り換えが多いとはいえ、北アルプスを訪れるからには乗ってみたいのがアルペンルートのトロリーバスやケーブルカーです。ここでは、立山から黒部ダムまでの乗り継ぎや料金について、もう少し詳しく紹介します。

    ■立山駅からケーブルカーで美女平へ
    所要時間:7分 運賃:大人720円(往復1,290円) 小人360円(往復650円)
    立山駅は1階が富山地方鉄道立山駅、2階が立山ケーブルカーの駅になっています。この先は車の乗り入れができないため、周辺には約900台分の無料駐車場と約600台分の臨時駐車場が用意されていて、インフォメーションカウンターや無料休憩所もあります。
    この駅から標高977mの「美女平」に向かうケーブルカーは早朝6時から17時まで、1時間に3便が運行しています(始発の時刻は季節により異なります)。

    ■美女平駅から立山高原バスで室堂へ
    所要時間:50分 運賃:大人1,710円(往復3,020円) 小人860円(往復1,510円)
    美女平駅は屋上展望台と売店を備えたターミナルです。美女平駅を出発したバスは弥陀ヶ原と天狗平を経由して、標高2,450mに建つ日本最高所のターミナル「室堂(むろどう)」に向かいます。

    ■室堂から立山トンネル トロリーバスで大観峰へ
    所要時間:10分 運賃:大人2160円(往復3,240円) 小人1,080円(往復1,620円)
    室堂には展望テラスやレストランがあります。断崖絶壁のターミナル「大観峰(だいかんぼう)」へのバスは30分おきに出発しています。

    ■大観峰からロープウェイで黒部平へ
    所要時間:7分 運賃:大人1,300円(往復1,940円) 小人650円(往復970円)
    建物の外に出ることはできませんが、屋上展望台からの絶景はアルペンルート随一です。ここから黒部平行きのロープウェイが20分おきに運行しています。

    ■黒部平からケーブルカーで黒部湖へ
    所要時間:5分 運賃:大人860円(往復1,300円) 小人430円(往復650円)
    黒部ダムや黒部湖の絶景を見下ろせる展望台を備えたステーションです。2階レストランの「雪の大谷カレー」が人気です。

    ■黒部湖からは徒歩で黒部ダムへ
    地下トンネル内にある富山ルート最後のターミナルで、日本最高所の遊覧船「ガルベ」の乗り場もあります。徒歩15分で黒部ダムです。

    アルペンルートの時刻表をチェックする(黒部ダム公式サイト)
    https://www.kurobe-dam.com/access/alpine_timetable_toyama.html#tab

    ロ-プウェイ

    ロ-プウェイ

    黒部ダムから臨む立山連邦

    黒部ダムから臨む立山連邦

    黒部ダム
    住所
    富山県中新川郡立山町芦峅寺
    電話番号
    備考
    【URL】https://www.kurobe-dam.com/
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの記事(旅行の目的別)

交通
もっと見る
自然地形
もっと見る

おすすめの記事(エリア別)

もっと見る

新着記事

もっと見る