NAVITIME Travel

東京(関東方面)・大阪(関西方面)・名古屋・長野から草津温泉への行き方

東京(関東方面)、大阪(関西方面)、名古屋、長野から草津温泉へ行く際のアクセス(行き方)をご紹介します。群馬県の北西部に位置する草津温泉は「日本三名泉」のひとつで、パワースポットも多数ある観光地です。最寄駅は、長野原草津口駅や軽井沢駅で、そこからバスに乗って草津温泉バスターミナルを目指します。車や高速バスで直接草津温泉を目指すこともできます。

目次

  • 東京から草津温泉への行き方は?

  • 東京からの行き方①電車で行く

  • 長野原草津口駅から草津温泉までバスで行く

  • 東京からの行き方②新幹線で行く

  • 軽井沢駅から草津温泉までバスまたはレンタカーで行く

  • 東京からの行き方③高速バスで行く

  • 東京からの行き方④自動車で行く

  • 現地での移動はバスを利用しよう

  • 草津温泉の駐車場情報

  • 大阪から草津温泉への行き方は?

  • 名古屋から草津温泉への行き方は?

  • 長野から草津温泉への行き方は?

  • 東京から草津温泉への行き方は?

    東京都内から群馬県吾妻郡草津町に位置する草津温泉に向かう場合、次のような移動方法が挙げられます。

    ・電車を利用する。
    ・新幹線とバスまたはレンタカーを利用する。
    ・高速バスを利用する。
    ・自動車を利用する。

    草津温泉は上越新幹線と北陸新幹線のちょうど中間地点に位置しているため、新幹線で直接行くことはできません。電車の駅で一番近くてアクセスがよいのがJR長野原草津口です。軽井沢からもバスが出ているので、車を使わない場合はどちらかの駅を目指すことになります。

  • 東京からの行き方①電車で行く

    東京から電車で草津温泉に行く場合、上野駅から長野原草津口駅までは特急線や在来線でアクセスし、長野原草津口駅から草津温泉までバスを利用するのがおすすめです。

    上野駅から長野原草津口駅までは、特急列車「特急草津号」で直接アクセスすることができます。その場合の所要時間は約2時間30分で、運賃は4,750円です。ただし、上野駅の時刻表からも分かるように、特急草津号は平日で1日2本、休日でも1日4本の運行となっているため、特急草津号を利用する場合は綿密な計画が必要になります。

    ◆上野→長野原草津口の乗換結果
    ナビタイムの経路検索結果を表示
    ■特急草津を利用した場合
    所要時間:約2時間30分 運賃:4,750円(乗車券:3,020円 特急券(自由席):1,730円)
    上野駅の時刻表をチェックする(ナビタイム公式サイト)

    特急草津号

    特急草津号

    上野駅は駅中にエキュート上野が入っていて、駅弁屋は朝6時30分から、そのほかのお店は朝8時から開いているので、ゆっくりと特急の時間を待つことができます。余裕を持って上野駅に到着するとよいでしょう。

    上野駅構内3F ecute上野内にある「みやげ菓撰 上野店」

    上野駅構内3F ecute上野内にある「みやげ菓撰 上野店」

    在来線を使う場合、JR高崎線やJR吾妻線を乗り継ぐことになり、約3時間40分の移動時間と3,020円の運賃がかかります。特急料金の1,730円がかからないのは嬉しいところですが、乗り換えが1回~3回必要になり、特急草津号を利用した場合よりも1時間以上時間がかかってしまいます。電車の接続によっては30分程度待たされることになるので、おすすめはできません。

    ■在来線を利用した場合
    所要時間:約3時間30分~4時間 運賃:3020円
    上野駅からの経路検索結果をチェックする(ナビタイム公式サイト)

    吾妻線

    吾妻線

  • 長野原草津口駅から草津温泉までバスで行く

    長野原草津口駅から草津温泉まではJRバス関東を利用します。
    運賃:大人700円 子供350円 所要時間:25分~30分
    長野原草津口-草津温泉間のバスの時刻表をチェックする(ナビタイム公式サイト)

    長野原草津口-草津温泉間のバスは、多くても1時間に2本程度の運行です。午前中の特急草津の到着時刻に合わせてバスのダイヤが組まれているので、特急を利用した方が待ち時間は少なくて済みます。長野原草津口駅に到着してから出発まで10分程度の余裕があるので慌てる必要はありません。

    ロータリー側に出ると目の前にバス停があります。また、西吾妻福祉病院経由のバスでも草津温泉に行くことができます。バスの数自体が多くないので、次に来た草津温泉行きのバスに乗ることをおすすめします。

  • 東京からの行き方②新幹線で行く

    東京駅から新幹線で草津温泉に行く場合は、軽井沢駅を利用します。東京駅から軽井沢駅までは新幹線を利用し、軽井沢駅から草津温泉まではバスまたはレンタカーを利用します。バスは主に草軽交通が運行し、平日・休日共に利用できます。また、軽井沢駅周辺にはレンタカーショップもいくつかあるので、どちらの交通手段でも草津温泉に行くことが可能です。

    ◆上野→軽井沢の乗換結果
    ナビタイムの経路検索結果を表示
    ■新幹線を利用した場合 所要時間:1時間~1時間20分 運賃:5,180円(乗車券:2,590円 特急券(自由席):2,590円)
    東京→軽井沢間の新幹線の時刻表をチェックする(ナビタイム公式サイト)

    JR北陸新幹線「はくたか」

    JR北陸新幹線「はくたか」

    JR北陸新幹線「あさま」

    JR北陸新幹線「あさま」

    東京駅から軽井沢駅までは、JR北陸新幹線の「はくたか」または「あさま」で行くことができます。基本的には「あさま」よりも「はくたか」の方が早く、所要時間が15分程度違います。運賃は変わりません。朝9時~10時は3本出ていますが、それ以外の時間は1時間に1本程度の運行ですので、昼頃に出発する方は時間を確認しておく必要があります。15時~17時の時間帯は約20分に1本の割合で運行しているので、夜に草津温泉に到着する旅程を組んでいる場合は選択肢が広がります。

  • 軽井沢駅から草津温泉までバスまたはレンタカーで行く

    軽井沢駅から草津温泉行のバスが出ています。また、レンタカーを借りる場所もあるので、交通手段の選択肢は豊富と言えます。草軽交通バスが運行しており、土日のみ西武観光バスが早朝の1便を担当しています。

    ■軽井沢から草津温泉までバスを利用した場合
    所要時間:約1時間20分 運賃:2,200円
    軽井沢→草津温泉間のバスの時刻表をチェックする(ナビタイム公式サイト)

    停車駅:軽井沢駅⇒旧軽井沢⇒三笠(長野県)⇒小瀬温泉⇒白糸の滝(長野県)⇒峰の茶屋⇒浅間ハイランドパーク⇒浅間牧場⇒北軽井沢(群馬県)⇒応桑セーブオン前⇒応桑道⇒草津温泉

    ■軽井沢から草津温泉までレンタカーを利用する場合
    【出発地】軽井沢
    【目的地】草津温泉
    【所要時間】56分
    【総距離】46km
    【料金】0円
    【ガソリン】3.23L

    軽井沢→草津温泉間の車ルートの一例(ナビタイム公式サイト)

    ・NAVITIMEで軽井沢駅周辺のレンタカーショップをチェックする
    【ナビタイム】https://www.navitime.co.jp/around/category/poi?node=00002048&category=0806001

    軽井沢駅を出てすぐ右側にある北口バス停2番線から草津温泉行のバスが出発しています。軽井沢駅からバスで1時間20分程度で草津温泉に到着します。特急草津号を利用した場合と所要時間は大きく変わりません。
    しかし、軽井沢は駅前に軽井沢・プリンスショッピングプラザがあり、約200店舗のショップが軒を連ねています。軽井沢経由の方が2,000円ほど高くなってしまうものの、帰りがけにアウトレットショッピングを楽しむことができるので、目的によってはおすすめできるアクセス方法です。しかし、軽井沢からのバスは1日に8本と本数が少ないため、乗り過ごさないように気をつけてください。
    時間を気にしたくないという方はレンタカーを借りるとよいでしょう。

    軽井沢・プリンスショッピングプラザ

    軽井沢・プリンスショッピングプラザ

  • 東京からの行き方③高速バスで行く

    東京駅から草津温泉に行くのであれば、東京駅八重洲南口やバスタ新宿から出ているJR高速バス「上州ゆめぐり号」を利用するのもおすすめです。高速バスを利用すれば乗換なしで草津温泉まで行くことができます。草津温泉から東京方面へ帰るときは「東京ゆめぐり号」が利用できます。

    ■上州ゆめぐり号を利用する場合
    上州ゆめぐり号の時刻表をチェックする(ジェイアールバス関東公式サイト)
    http://time.jrbuskanto.co.jp/bk03010.html
    停車駅:東京駅八重洲南口⇒バスタ新宿(新宿駅新南口)⇒練馬駅(区役所前)⇒上里SA⇒渋川駅⇒伊香保温泉⇒伊香保石段町⇒東支所前⇒中之条駅入口⇒群馬原町駅入口⇒長野原草津口⇒JRバス長野原支店前⇒草津温泉バスターミナル

    所要時間:3時間30分~4時間程度(のりばにより異なる) 費用:2,850~3,750円(シーズンや予約方法によって異なります)
    ※2019年1月現在の情報です。

    東京駅八重洲南口からのバスは、平日の9時10分発、10時10分発のみの運行です。それ以外はバスタ新宿からの発車になり、練馬駅(区役所前)から乗車することも可能です。練馬駅(区役所前)を出ると、上里SAで20分間の休憩があります。バスの乗車券は高速バスネットや、バスタ新宿、JRバス東京駅、コンビニエンスストアで購入することができます。
    上州ゆめぐり号の車両の特徴は、4列シート(車両により異なることもあります)で無料のWi-Fi、コンセントが各席でご利用いただけます。また、乗車日、乗車便によりますが女性専用席が用意されているので女性の一人旅でも安心して利用できます。

  • 東京からの行き方④自動車で行く

    自動車を使って東京から草津に向かうルート例を2つご紹介します。

    ■渋川伊香保ICルートの場合
    東京→草津温泉の渋川伊香保IC経由車ルート(ナビタイム公式サイト)

    【出発地】東京都
    【目的地】草津温泉
    【所要時間】2時間58分(10:00発→12:58着)
    【総距離】192km
    【料金】3,850円(普通車)
    【ガソリン】13.52L

    関越自動車道⇒渋川伊香保ICで降りて草津温泉を目指すルートです。伊香保で降りれば、伊香保温泉や、石段街に寄ることができます。

    ■碓氷軽井沢ICルートの場合
    【出発地】東京都(練馬IC)
    【目的地】草津温泉
    【所要時間】3時間11分(10:00発→13:11着)
    【総距離】217.1km
    【料金】4,210円(普通車)
    【ガソリン】15.29L

    関越自動車道→上信越自動車道⇒碓氷軽井沢IC⇒日本ロマンチック街道と巡るルートです。軽井沢を経由するので軽井沢アウトレットや旧軽井沢森ノ美術館など、草津温泉に行く前に観光を楽しむことができます。

  • 現地での移動はバスを利用しよう

    草津温泉には湯上がり散策を楽しめる湯畑や、いくつものお店が建ち並ぶ西の河原通り、草津最大の露天風呂である西の河原露天風呂など、歩いてさまざまな観光スポットに行くことができます。また、冬の時期は天狗山でスキーを楽しむことができ、そのあと草津温泉に戻ってゆっくり湯に浸かるといった贅沢な楽しみ方もできます。草津温泉と天狗山ゲレンデ間のシャトルバスは無料なので、ぜひスキーと温泉を楽しんでください。

    草津温泉の湯畑

    草津温泉の湯畑

    ※注意点
    平成30年4月に、白根山の噴火警戒レベルが1から2に引き上げられたため、2019年1月時点で草津温泉 ⇔ 白根火山間のバス運行は休止になっています。草津温泉観光協会公式サイトで草津温泉のバス情報について確認をお願いします。

    草津温泉→天狗山ゲレンデのバスをチェックする(草津観光公社公式サイト)
    https://www.932-onsen.com/common/access/bus3草津温泉のバス情報をチェックする(草津温泉観光協会公式サイト)
    https://www.kusatsu-onsen.ne.jp/access/bus02.php

  • 草津温泉の駐車場情報

    草津温泉には各地に駐車場が用意されていて、中には無料で駐車できる場所もあります。車でのアクセスをお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

    ・湯畑観光駐車場
    https://travel.navitime.com/ja/area/jp/spot/01300-13241/
    草津温泉の中心地、湯畑のそばの駐車場です。有料ですが、草津温泉周辺の観光をお考えなら、近くに車を駐めておけるので便利です。
    【電話番号】0279-88-2704
    【収容台数】180台
    【料金(普通車)】
    10:00~15:00:500円(2時間未満)それ以降は30分100円
    15:00~翌10:00:一律800円

    ・草津運動茶屋公園道の駅
    https://travel.navitime.com/ja/area/jp/spot/02301-12500279/
    草津温泉中心地からは少し離れますが、無料で駐めておける駐車場です。日・独ロマンチック街道資料館やベルツ記念館といった観光スポットもあります。
    【電話番号】0279-88-0881
    【収容台数】111台(大型車10台、身体障害者用車両2台を含む)
    【料金】無料

    ・天狗山第1~6駐車場
    スキー場のある天狗山の駐車場です。収容台数も多い上に、年末年始期間(12月29日~1月3日)以外は無料で利用することができます。
    【電話番号】0279-88-8111
    【収容台数】
     第1駐車場:300台
     第2駐車場:80台
     第3駐車場:100台
     第4駐車場:160台
     第5駐車場:400台
     第6駐車場:220台
    【料金】無料(年末年始期間のみ(12月29日~1月3日)1回1,000円)

  • 大阪から草津温泉への行き方は?

    大阪から草津温泉へ向かう場合は、新大阪ー東京間を東海道新幹線で移動する方法がおすすめです。東京から草津温泉へのアクセスは、上記に書いたものを参考にしてください。

    新大阪駅ー草津温泉の移動情報(東京・軽井沢経由):
    移動時間:約5時間30分
    運賃:20,020円(JR運賃新幹線込み:17,820円 バス運賃:2,200円)

    新大阪から東京駅まで2時間30分程度、東京から草津温泉も2時間30分程度かかるため、移動だけで1日が終わってしまいます。そのため、東京駅周辺を観光したり、軽井沢でショッピングを楽しんだりと、道中に観光を取り入れたプランがおすすめです。

  • 名古屋から草津温泉への行き方は?

    名古屋からは新幹線や高速バスで東京を経由して草津温泉を目指す方法と、「ワイドビューしなの」で名古屋から長野を経由して草津温泉を目指す方法があります。ここでは、名古屋-草津温泉の経路と、名古屋-長野間の「ワイドビューしなの」を利用した場合の経路についてご紹介します。

    名古屋―草津温泉の移動情報(東海道新幹線利用 東京・軽井沢経由):
    移動時間:約4時間30分
    運賃:17,310円(JR運賃新幹線込み:15,110円 バス運賃:2,200円)

    名古屋―草津温泉の移動情報(ワイドビューしなの利用 長野・軽井沢経由):
    移動時間:約5時間
    運賃:(JR運賃ワイドビューしなの自由席料金・新幹線込み8,650円 バス運賃:2,200円)
    「ワイドビューしなの」の時刻表をチェックする(ナビタイム公式サイト)
    https://www.navitime.co.jp/diagram/timetable?node=00008576&displayLine=00000027

  • 長野から草津温泉への行き方は?

    長野から草津温泉を目指すときは軽井沢まで新幹線で移動し、軽井沢から草津温泉まではバスかレンタカーを利用するのがおすすめです。軽井沢は長野からほど近い場所にあるので、時間をかけずにアクセスができます。

    長野―軽井沢間の移動情報(北陸新幹線利用):
    移動時間:約30分
    運賃: 5,360円(JR運賃新幹線込み:3,160円 バス運賃:2,200円)
    長野→軽井沢の時刻表をチェックする(ナビタイム公式サイト)
    https://www.navitime.co.jp/diagram/depArrTimeList?line=00000177&departure=00006275&arrival=00002048&updown=0

    湯けむり亭
    住所
    群馬県吾妻郡草津町草津
    電話番号
    0279880800
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事