NAVITIME Travel

広島流お好み焼きの王様はここ!「みっちゃん」で味わう王道の味

広島グルメといえば「広島流お好み焼き」。広島県民のソウルフードとして愛され続けるご当地グルメです。あらゆる物事が物語を持つように、広島流お好み焼きにも語り継ぎたい歴史があります。今回はその物語の舞台である「お好み焼 みっちゃん」についてご紹介します!

広島のご当地グルメ 広島グルメの定番広島流お好み焼き「みっちゃん」

目次

  • 広島流お好み焼きの発祥とみっちゃんの物語

  • 本店はここ!「みっちゃん」アクセス情報

  • さっそく入店!人気のメニューは?

  • 広島流お好み焼きを体験

  • 行列必至!狙い目の時間帯は?

  • 広島流お好み焼きの発祥とみっちゃんの物語

    「みっちゃん」の歴史は、1950年頃に井畝 井三男(いさお)さんが「美笠屋」の名前でお好み焼の屋台を出したことがはじまり。病弱な井三男さんに代わり、当時19歳の“みっちゃん”――息子の井畝 満夫(みつお)さんがお店を営業しました。“みっちゃん”は満夫さんの愛称。みっちゃんと、みっちゃんの味を慕う仲間たちで、当時からお店は連日盛況だったそう。

    当時のお好み焼は、小腹が空いたときに食べる子どものおやつ感覚のグルメでした。お肉が入っていない野菜の重ね焼きはねぎ焼きに近いもので、新聞紙にくるんで提供されていたんだとか。

    そこからみっちゃんは改良に改良を重ねました。そばやうどんを入れたり、生地にしみこんでしまうウスターソースではなく現在の濃厚なソースを提案したり…たくさんのひらめきとアイデアによって、現在のお好み焼のかたちへと変化していきました。
    いま私たちの舌を楽しませてくれる広島流お好み焼きは、みっちゃんや、当時の屋台を支えた人たちの努力によるものだったんですね。

  • 本店はここ!「みっちゃん」アクセス情報

    徐々に規模を大きくした「みっちゃん」。総本店の名を冠した店舗は現在、広島県内に6店舗あります。その中でも広島市中区八丁堀にあるお店は広島最古のお好み焼き屋として連日大人気。

    広島流お好み焼きの生みの親・井畝満夫さん

    広島流お好み焼きの生みの親・井畝満夫さん

    行き方は「八丁堀」電停を下車して徒歩5分。中国銀行の前を通って…

    この小さな横断歩道まで来たら左折します。

    すると見えてくる「みっちゃん」総本店!到着です!

  • さっそく入店!人気のメニューは?

    広めの店内。日中はたくさんのお客さんとお好み焼きの匂いでいっぱいになる超人気店です!

    ずらっと並んだメニュー一覧。どれもおいしそう…何を選べばいいのか決められない!全部食べたい~!!

    悩んだ末にお店の方に相談したところ「よく出るのは“スペシャル そば入り”ですね~」とのこと。
    では、それでお願いします!!

  • 広島流お好み焼きを体験

    みっちゃん特製「スペシャル そば入り」製造過程を撮影させてもらいました!

    鉄板の上に生地を乗せ、キャベツ・もやし・お肉や魚介類をオン!!

    おいしい予感しかしない

    おいしい予感しかしない

    ひっくり返して絶妙な絶妙な蒸し加減でキャベツを焼いていきます。
    さらに隣で焼きそばを作り、重ね合わせます。

    お好み焼きにそば、玉子を重ねていき、たっぷりの「みっちゃんソース」と青のりをふったら…

    できあがり!!

    できあがり!!

    (※実際はもっと難しい技術を必要としていましたが、手さばきが早すぎて何をしているのかわからない…職人の技でした)
    初めて目の前で作られる広島流お好み焼きに興奮!さっそくいただきます!!

    出来上がったお好み焼きは、ヘラで食べてもよし、お皿に移してお箸で食べてもよし、だそう。

    具材たっぷり♡

    具材たっぷり♡

    せっかくなので小さめのヘラを使っていただきます。
    まずひとくち…

    ん~~~おいしい!!この優しい甘さはキャベツの甘みでしょうか?いわゆる「関西風お好み焼き」とはまったくの別物。
    麺(そば)はパリパリで、魚介とお肉、野菜それぞれの旨みが調和しており口の中で喧嘩しません。そしてやっぱり特筆すべきはキャベツの甘さ。しんなりとしたキャベツに絡みつく濃厚なソースがたまりません!
    思わず「これ、おいしいですね!」と叫んでしまいました。

    調味料も揃っているので、ソースもかけ放題!

    調味料も揃っているので、ソースもかけ放題!

    迷わず「追いソース」しちゃいました♪

  • 行列必至!狙い目の時間帯は?

    歴史ある広島流お好み焼き店「みっちゃん」はさすがの人気店。この日も次から次へとお客さんが訪れ、店内は大賑わい。
    注文もひっきりなし!職人さんが多いときには、1日に800枚を鉄板の前で焼き続けるのだとか…その様子はまさに圧巻!

    次々と焼かれていくお好み焼き。

    次々と焼かれていくお好み焼き。

    休日のお昼どき、夕食どきは特に大混雑するそう。比較的スムーズに入店できる時間を尋ねると「平日、オープン直後かお昼どきを外した時間帯ですね~」とのこと。

    みっちゃんの努力とアイデアが作り出した広島の名物「広島流お好み焼き」。単なるご当地グルメで終わらない、長い歴史が集約した食べるべき逸品です。広島を訪れた際は、ぜひ「みっちゃん」で本物の広島流お好み焼きを味わってみて。

    みっちゃん総本店 八丁堀店
    住所
    広島県広島市中区八丁堀6-7 チュリス八丁堀1F
    電話番号
    0822215438
    備考
    【URL】http://www.okonomi.co.jp/
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事