クラゲ展示種数世界一!山形県唯一の水族館は、幻想的な世界に連れて行ってくれるフォトジェニックなスポットでした

出羽三山や日本海などの自然に恵まれた街・山形県鶴岡市。ここにフォトジェニックな展示が全国から注目を集めている水族館「鶴岡市立加茂水族館」があります。どんな展示が見れるのかワクワクしながら訪れてみました♪

鶴岡駅からバスで出発!

日本海に面した海沿いに建つ「鶴岡市立加茂水族館」。訪れるにはJR鶴岡駅からバスを利用するのが便利です。
まずはJR鶴岡駅から庄内交通バス湯野浜温泉行き(加茂経由)に乗り、約30分。「加茂水族館」で下車すると目の前が水族館です。

鶴岡駅からバスで出発!
波をイメージさせる曲線が特徴的

バスは平日だと1時間に1本ほど、土・日曜、祝日は本数が少なくなるので、事前に下調べして向かうのがおすすめです。善宝寺経由の路線は停車しないので、気を付けてくださいね。

水族館の目の前には日本海が広がります

クラゲの展示種数が世界一の水族館

「鶴岡市立加茂水族館」は昭和5(1930)年に「山形県水族館」として開館。昭和39(1964)年に「鶴岡市立加茂水族館」と名前を変え移築後、平成26(2014)年に現在の施設がオープンしました。一番の目玉は、世界各地のクラゲ50種類以上を展示するコーナー「クラネタリウム」。バーカウンター風のスタイルでクラゲの魅力を紹介する「クラゲ解説コーナー」などさまざまな展示があり、なかでもミズクラゲが泳ぐ巨大水槽「クラゲドリームシアター」は、メディアにも多く登場する注目の展示です。

クラゲの展示種数が世界一の水族館
庄内金魚の鮮やかな朱色と水槽のブルーのコントラストがキレイ☆
キュートな表情が魅力のアザラシもいますよ♡

ほかにも、海の生き物にタッチできる水槽があったり、華麗な技が見られるアシカショーが開催されたりと、お楽しみポイントが満載の水族館です。

壁に描かれた案内表示。館内のあちこちにあるクラゲモチーフを探してみよう♪

どんな展示が待っているのかドキドキ♡

館内に入り、さっそく展示室へ向かいます。まずは、庄内を流れる川や池に生息するイワナや鯉などの淡水魚コーナーがお出迎え。草木や水草などを配し、自然をリアルに再現した水槽は必見! その次の海水魚コーナーでは、アジやサバなどおなじみの魚や、悠々と泳ぐカメなどを見ることができます。

どんな展示が待っているのかドキドキ♡
クラネタリウムの入口に到着

薄暗い通路を進んでいくと、いよいよお待ちかねの「クラネタリウム」です! 庄内浜で生息しているクラゲやアメリカのクラゲなどが、大小さまざまな水槽で展示されています。

直径4~10mmの小さなベニクラゲ
光を反射してキラキラ輝くカブトクラゲ☆

ひらひらとフリルのような長い触手をもつクラゲはウエディングベールのようにも見えます♡

繊細なひだは芸術品みたい!
白く美しい姿とは裏腹に、強い毒をもつ種類もいるんです
触手がないことが特徴のウリクラゲ

こちらはラグビーボールのようなシンカイウリクラゲ。光を反射してピンクや緑など虹色に輝いています☆

シンカイウリクラゲ。水槽にカメラを近づけると、水中に吸い込まれそうな写真が撮れます

ゆらゆら漂いながら、キラキラと光るクラゲの姿は、まるで宇宙に輝く星のよう☆
幻想的な世界へ誘われます。

コロンッとした丸い傘がかわいい♡
たくさんのクラゲが浮遊し、雪景色みたい!

メインスポット「クラゲドリームシアター」へ!

クラゲの漂う姿に癒されながら進んでいくと「クラネタリウム」のハイライト、巨大水槽「クラゲドリームシアター」の登場です。

メインスポット「クラゲドリームシアター」へ!

「 き、きれい…。」

一目見た瞬間、思わず声が出ちゃいます。
大迫力の水槽は直径5m。 その中に加茂水族館で生まれたミズクラゲが約5000匹群泳しています。クラゲに虹色のライトがあたり、浮遊する姿は夢見るような美しさ!!

SNSにアップしたくなる写真が撮れちゃう♪

「クラゲドリームシアター」では、さまざまなパターンで撮影するのがおすすめ。水槽に近づいて撮ると、クラゲと一緒に泳いでいるみたい! 横から撮ると水槽の表面がカーブしているように見え、宇宙に浮かぶ惑星のよう…。撮り方によって、それぞれ印象の違った写真が撮れるフォトジェニックな水槽なんです。

SNSにアップしたくなる写真が撮れちゃう♪
レンズを近づけると、水槽の中に吸い込まれていきそう!
少し寄ってみたり…
さらに寄って横から撮るのもGOOD!
周囲で観覧している人の邪魔にならないよう、素早く撮りましょう
訪れた日はクリスマス限定のツリーと、冬季限定のカラフルなライトアップが施されていました

ゆっくり眺めていたい人は、水槽前に備えられている階段状の観覧スペースへ。
薄暗い空間のなか、少し離れた場所からぼんやりクラゲを見つめていると、とてもリラックスできますよ♡

とぼけた表情で寝転ぶアザラシの姿に、思わず笑みがこぼれます

「クラネタリウム」を観覧したあとは、「海獣コーナー」も立ち寄ってみて♪ アザラシやアシカが泳ぐ姿を間近に見られるプールは、見応えたっぷりです。 また、3月下旬~11月にはアシカショーが行われるので、開催時期にあわせて訪れるのもオススメですよ。

展示の観賞後はクラゲスイーツをいただきましょう♪

水族館に併設されているレストランや軽食コーナーでは、クラゲグルメも楽しめます。人気のメニューは「クラゲソフトクリーム」。濃厚なソフトクリームの上にカットしたクラゲをトッピング♪ コリッコリの食感とソフトクリームの組み合わせがユニーク!

展示の観賞後はクラゲスイーツをいただきましょう♪
クラゲソフトクリーム350円。バニラ、ミックス、チョコレートの3種類(フレーバーは季節ごとに替わります)

これほど多くのクラゲを展示している水族館は世界でここだけ。「クラゲドリームシアター」を見るだけでも、わざわざ訪れる価値ありですよ!
ふわりふわりと漂うクラゲの幻想的な写真を撮って、みんなに自慢しちゃいましょう♪

施設名称
鶴岡市立加茂水族館
住所
山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
電話番号
0235333036
時間
[通常]9:00-17:00
[夏休み]9:00-17:30
最終入館は閉館30分前まで
休業日
無休
料金
[入館料]大人1000円、小中学生500円、幼児無料
駐車場
有(500台)
クレジットカード
不可
紹介
山形県鶴岡市にある県内唯一の水族館で、愛称は「クラゲドリーム館」。50種類以上ものクラゲを展示しているのが特徴で、種類数ではギネス世界記録に認定されたことがある。最大の見どころは直径5mの大水槽で泳ぐ約5000匹ものミズクラゲ。庄内地方の淡水魚や海水魚の展示コーナー、アシカショー、ウミネコの餌やりなども人気。キッズ向けの展示コーナーも充実している。
備考
【URL】https://kamo-kurage.jp/
情報提供:
ナビタイムジャパン

関連記事

関連スポット

  • 鶴岡市立加茂水族館 image

    鶴岡市立加茂水族館

    水族館
    山形県鶴岡市今泉字大久保657-1
cntlog