NAVITIME Travel

熊本~天草ドライブ!世界遺産と絶景夕陽のフォトスポットをご紹介

熊本からの往復ドライブにおススメ3スポットとその周辺観光スポットをご紹介します。

目次

  • 世界遺産 崎津集落で潜伏キリシタンの歴史を振り返る

  • 海上鳥居の永尾神社は海上鳥居の隠れフォトスポット!

  • 明治日本の産業革命遺産、三角西港のライトアップを堪能!

  • 美しい干潟模様と水面を照らす夕陽がフォトジェニックな長部田海床路

  • 世界遺産 崎津集落で潜伏キリシタンの歴史を振り返る

    2018年7月「長崎と天草地方の潜伏キリシタン関連遺産」として世界遺産登録され注目を集める地。小さな集落に建物が密集した独特な街並みの中に頭一つ飛び出る協会が目を引きます。
    潜伏キリシタンの生活を知るには崎津資料館の「みなと屋」さん。街を歩いただけではわからない貴重な禁教時代の資料などから当時の状況を知ることができます。

    写真は遠景から、集落の中に飛び出た協会の不思議な世界観を写し撮ることが出来ますね。
    そのほかにも民家の裏はそのまま海岸に繋がっていたり、漁具などを準備するためのカケと呼ばれるテラスのようなつくりを見ることができます。

    崎津諏訪神社の近くに見えるマリア像が立つ建物は、崎津教会堂跡。また海上を見つめ祈りを捧ぐ海上マリア像が有ったりと、キリスト教解禁とともに建てられたものは、人々の厚い信仰心を物語っています。
    こちらで見つけたオススメカフェは、下田珈琲さん。美味しい珈琲でゆったり一休みに最適。持ち込み可なので名物の杉ようかんを食べました。名物の気さくな店長さんが色々教えてくれるほか、店内にはアンティークな家具がオシャレに配置されていて、二階に上がらせていただくと、タンスに小さなマリア像を拝見させていただきました。

    崎津は天草でも南方に位置しており、三角西港まで2時間近く車でかかります。朝早くに散策を開始し、天草観光をしながら帰路につく形での旅行が、後々の観光スポットでオススメの時間帯に立ち寄れると思います。
    協会は建設途中資金不足となり、半分程度が木造になったと言われる特殊なつくり。

    崎津から三角方面までの道中は、大江協会や天草ロザリオ館、天草キリシタン館などなど、観光施設はたくさんあるので、1日では回りきれないくらい!
    天草五橋の素晴らしい景観を楽しみながらのドライブも快適です。

    崎津教会

    崎津教会

    崎津教会
    住所
    熊本県天草市河浦町崎津539
    電話番号
    0969786000
  • 海上鳥居の永尾神社は海上鳥居の隠れフォトスポット!

    三角西港から程近いフォトスポットとして永尾神社をご紹介します。
    2回ほど訪れましたが、私以外の観光客はおらず、とても静かで穏やかな海を眺めながら、自分だけの時間を過ごすことができました。小高い丘の上にある境内には相撲の土俵が設置されており、相撲奉納などが行われたそうです。現在では、夏には不知火を鑑賞出来る場として、多くの観光客が訪れるそうです。

    永尾神社の境内

    永尾神社の境内

    満ち潮の海上鳥居を本殿高台から眺める。

    満ち潮の海上鳥居を本殿高台から眺める。

    干潮時の夕日と海上鳥居

    干潮時の夕日と海上鳥居

    永尾神社
    住所
    熊本県宇城市不知火町永尾615
    電話番号
    0964422053
  • 明治日本の産業革命遺産、三角西港のライトアップを堪能!

    日本で唯一残る明治期の港湾都市として、歴史深い街並みを今も忠実に残す三角西港です。
    美しい石畳と護岸の石積みは美しく、明治期に整備されたものが今もなお現役と思える状態で残っている貴重な遺産です。奇しくも港湾都市としての利用期間が短かったことが今の美しい状態が残っている理由にもなっているようです。
    港湾都市として役所や裁判所などが設置されていたことも確認でき、見学もできます。
    穏やかな港内を埠頭からゆっくり眺めるのも良いですね。
    こちらでオススメのカフェスポットは「浦島屋」さんです。二階から眺める港の風景も素晴らしいので是非。

    今回オススメする時間帯は夜のライトアップです。
    街灯は点々と石畳を照らし、港はキラキラひかる水面に係留された船、静かな街並みを独り占めしてお散歩が楽しめます。

    三角西港のライトアップ

    三角西港のライトアップ

    そしてもう1枚、夜の三角駅もきれいにライトアップされています。白が基調でとてもうつくしいですね。

    夜の三角駅

    夜の三角駅

    三角西港
    住所
    熊本県宇城市三角町三角浦
    電話番号
    0964531111
  • 美しい干潟模様と水面を照らす夕陽がフォトジェニックな長部田海床路

    三角西港から熊本の海岸線は西陽に照らされ赤く染まった干潟の見られる御輿来海岸。
    そこに海に向かって進む海床路があります。干満の差によって姿を変え、満潮時には海上に点々と電柱が立つ不思議な光景を見ることができ、また干潮時には美しい波模様の干潟と、長く続く海床路の姿が見られます。

    夕陽に染まる長部田海床路

    夕陽に染まる長部田海床路

    ここでの撮影は、なんども足を運んで色んな表情に出会うのが一番と思いますが、一度きりの観光でしたら、夕焼けから陽が落ちて1時間程度が良いと思います。
    遠くに雲仙岳を眺めながら夕陽が落ちていく姿を眺め、そのまま夜になると電柱のライトが点々と海面を照らす姿が幻想的です。

    電灯に照らされる長部田海床路

    電灯に照らされる長部田海床路

    さて、如何でしたでしょうか。
    天草だけでも充分に満足できますが、今回は熊本~天草間の観光をご案内しました。ぜひ、立ち寄り時間を意識しながら観光を楽しんでみてください。

    長部田海床路
    住所
    熊本県宇土市住吉町
    電話番号
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
Naoki Ishii
ライターのプロフィール画像
NAVITIME TRAVEL EDITOR
世界遺産巡りが好きで海外もしばしば旅行しています。\日本は四季折々の自然の変化や美しさが好きで、良い写真を撮るために転々と旅行をしています。\読んでくださった方が行ってみたくなるようなレポート、写真撮影の参考になるような内容をお届けできたらと考えています。\普段はビリヤード好きな会社員をしています。

おすすめの記事(旅行の目的別)

世界遺産
もっと見る
自然地形
もっと見る

おすすめの記事(エリア別)

もっと見る

新着記事

もっと見る