NAVITIME Travel

首都圏から日帰りOK!生き物との触れ合いが子どもの心を豊かにする

生き物との触れ合いは、子どもの情操教育になり心を豊かにするのに役立ちます。首都圏から日帰りで気軽に訪れることができ、旅育におすすめの動物園や水族館を紹介します

※本記事は「家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ~旅育BOOK(日本実業出版社)http://www.travel-k.com/book」の情報をもとに再構成しています。
※記事の情報は、2018年11月現在となります

首都圏から日帰りOK!生き物との触れ合いが子どもの心を豊かにする

目次

  • 生命の共生・自然との調和がテーマ

  • 街中で公園のように寛げる

  • 動物がぐっと身近な存在に

  • 動物との触れあい&バードショーは必見

  • 環境を学べるイチオシの水族館

  • 旅育ポイント

  • 生命の共生・自然との調和がテーマ

    よこはま動物園 ズーラシア(神奈川県)
    広大な敷地は、「アフリカの熱帯雨林」「オセアニアの草原」など、気候帯・地域毎に8つのゾーンにわけられ、それぞれの環境を再現。園内は散策するだけでも、世界旅行をしているようで楽しめます。動物たちが住む環境を身近に、自然に近い環境でんのびのび過ごす動物たちの姿に、子どもも多くを発見し学ぶ機会になります。

    よこはま動物園 ズーラシア

    よこはま動物園 ズーラシア

    よこはま動物園ズーラシア
    住所
    神奈川県横浜市旭区上白根町1175-1
    電話番号
    0459591000
    備考
    【URL】http://www.hama-midorinokyokai.or.jp/zoo/zoorasia/
  • 街中で公園のように寛げる

    すみだ水族館(東京都)
    東京スカイツリーのお膝元に位置し公園のような寛ぎ感が感じられる水族館。館内にはソファやイスが配され、好きな順番で回れるなど、自由気ままに過ごせます。
    ラボでは飼育施設を観察でき、生き物の世話をするスタッフの姿もあり、質問にも気軽に応じてくれます。屋内のプール型水槽には、現在55羽のマゼランペンギンが暮らし、ゴハンの時間にはペンギンと飼育スタッフのやり取りに思わず笑顔。惹きこまれます。

    すみだ水族館

    すみだ水族館

    すみだ水族館

    すみだ水族館

    すみだ水族館
    住所
    東京都墨田区押上1-1-2 東京スカイツリータウン・ソラマチ5・6F
    電話番号
    0356191821
    備考
    【URL】https://www.sumida-aquarium.com/
  • 動物がぐっと身近な存在に

    日立市立かみね動物園(茨城県)
    かみね公園内に昭和32年に開園した懐かしい雰囲気の漂う動物園。太平洋を一望する絶景も楽しめ、動物との距離が近いのが特徴です。中でも「もぐもぐタイム」は、キリン、ゾウ、ペンギン、カピパラ、クマなどに直接えさやりをできるとあって大人気。スタッフ手作りの豆知識の掲示も温もりがあり、動物たちものんびりとリラックス。見ているだけで癒されます。

    日立市立かみね動物園

    日立市立かみね動物園

    日立市立かみね動物園

    日立市立かみね動物園

    日立市かみね動物園
    住所
    茨城県日立市宮田町5-2-22
    電話番号
    0294225586
    備考
    【URL】http://www.city.hitachi.lg.jp/zoo/
  • 動物との触れあい&バードショーは必見

    那須どうぶつ王国(栃木県)
    広い園内には、餌をあげたり、動物と触れ合えるスポットが満載。2018年3月には、ビーバーやカワウソを様々な角度から見学できる新しい施設もオープン。
    フクロウや鷲、ハヤブサなど猛禽類による「バードパフォーマンスショー」は迫力満点で大人も楽しめます。ガラス越しにカピバラを見ながら、一緒に入浴気分が味わえる温泉もユニークです。
    (※一部施設は冬季は休業)

    那須どうぶつ王国

    那須どうぶつ王国

    那須どうぶつ王国

    那須どうぶつ王国

  • 環境を学べるイチオシの水族館

    アクアマリン福島(福島県)
    全国でも屈指の遊びながら学べる水族館。東京からもアクセス至便です。三角トンネルで黒潮・親潮それぞれの様子が観察できる大水槽など充実した展示の他、「こども体験館アクアマリンえっぐ」、干潟や磯、砂場の環境を再現した「蛇の目ビーチ」、田んぼや小川、沼など里地の水辺の環境を再現した「BIOBIOかっぱの里」など、屋内外に体感型で学べる施設が充実。クラフトや缶詰を作る体験、釣り体験ではその場で釣った魚を食べることもできます。

    アクアマリン福島

    アクアマリン福島

    アクアマリン福島

    アクアマリン福島

    環境水族館アクアマリンふくしま
    住所
    福島県いわき市小名浜字辰巳町50
    電話番号
    0246732525
    備考
    【URL】https://www.aquamarine.or.jp/
  • 旅育ポイント

    ・動物などに触れることで、生き物への愛情が育まれます
    ・動物の観察や生態を学ぶことで、環境問題などを考えるきっかけにもなります
    ・広い園内や館内は、「どの順番でまわるか?」をお子さんと話し合い、当日のナビゲーターを任せるのも、冒険気分で楽しめ学びのモチベーションがあがります。

    生き物との触れ合いは、幼い時からできるおすすめの旅育スタイル。ショーや触れ合い体験などは開催時間や条件(参加できる年齢や予約。整理券の必要など)をあらかじめ確認。お子さんと何を見たいか?何をしたいか?計画をして、ぜひ出かけましょう。

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
村田和子
ライターのプロフィール画像
NAVITIME TRAVEL EDITOR
旅行ジャーナリスト。「旅を通じて人・地域・社会が元気になる」をモットーに、旅の魅力発信やコンサル・講演などを行う。2013年に村田式「親子の旅育メソッド」を発表、家族deたびいく(http://tabi-iku.jp/)を運営。著書に「旅育BOOK~家族旅行で子どもの心と脳がぐんぐん育つ(日本実業出版社)」。総合旅行業務取扱管理者。HP:http://www.travel-k.com/

おすすめの新着記事