NAVITIME Travel

空港にある「ラウンジ」ってどんなところ?利用条件やサービス内容を紹介!

国内や海外の主要な空港にある「ラウンジ」。飛行機に乗る前に利用する場所として知られています。ただ、誰でも入ることができるわけでなく、ビジネスクラスなどの上級クラスに搭乗する場合だったり、クレジットカードのゴールド会員だったりと、それぞれのラウンジには「利用基準」が定められています。

空港にある「ラウンジ」ってどんなところ? 利用条件やサービス内容

目次

  • 航空会社のラウンジを利用するのはややハードルが高め

  • ラウンジ内にはドリンクや軽食、日系では「カレー」が人気

  • カードラウンジは別、ゴールド会員などが利用できる場所

  • ラウンジは利用できると仕事や休憩に便利、シャワーも重宝

  • 航空会社のラウンジを利用するのはややハードルが高め

    まず、航空会社が運営するラウンジ。ANAだと「ANAスイートラウンジ」「ANAラウンジ」、JALでは「ダイヤモンドプレミアラウンジ(国内線)/ファーストクラスラウンジ(国際線)」「サクララウンジ」です。大手航空会社は、拠点とする空港をはじめ、利用者が多い主要空港にラウンジを設置しています。

    JAL「サクララウンジ」(国際線、成田国際空港)

    JAL「サクララウンジ」(国際線、成田国際空港)

    利用できる条件は、ANAラウンジの場合、国内線ではプレミアムクラスや国際線ではビジネスクラスといった上級クラスでの搭乗、年間のANAおよび提携航空会社での搭乗回数が多くて一定の基準を満たした「上級会員」であることなどです。ラウンジクーポンで利用できることもあります。ANAスイートラウンジはさらに上級ランクの搭乗客しか入室できません。JALもほぼ同様のルールです。
    【参考】
    ANA:空港ラウンジ ご利用基準一覧表
    https://www.ana.co.jp/ja/jp/share/reference/search_class.html
    JAL:ラウンジサービス ご利用基準(国内線)
    http://www.jal.co.jp/dom/service/lounge/member/

    例えば、年に数回しか飛行機に乗らなくて普通席だと、なかなか縁のない場所です。クレジットカードのゴールドカード(※)では、通常は入室不可なので注意しましょう。※一部のプラチナカードで入室できる場合もあります

    もしも、上級会員で利用基準を満たしていれば、その会員本人に加え、同行者も入室できるのが一般的。また、エコノミークラスや普通席の利用であっても、上級会員であれば利用が可能です。さらに、現金やカード支払い、もしくはマイルの利用で入室できるラウンジもあります。

  • ラウンジ内にはドリンクや軽食、日系では「カレー」が人気

    ラウンジ内には、国内線ではソフトドリンクやビールなどのアルコール類、おつまみが無料で飲み放題、電源やWi-Fiなども無料で利用でき、搭乗前の時間をゆっくり過ごすことができます。国際線のラウンジだと、サンドイッチやサラダなどの軽食も置かれています。

    ANAラウンジで提供されているカレーライス

    ANAラウンジで提供されているカレーライス

    特に、ANAやJALでは「カレー」が人気です。海外にある航空会社のラウンジには、国内線っても軽食が豪華だったり、注文してから調理して提供する「ヌードルバー」やバーカウンターなどを設けていたりするところもあります。

  • カードラウンジは別、ゴールド会員などが利用できる場所

    一方、クレジットカードのゴールドカードやプラチナカードなどの上級カードを持っていると利用できるラウンジもあります。例えば、東京国際空港(羽田空港)では、国内線のターミナルにある「パワーラウンジ」、国際線ターミナルでは「TIAT SKY LOUNGE」です。カードラウンジは、日本の地方空港やホノルル国際空港にある場合も。同行者の利用は無料だったり有料だったりと、保有するカードによって基準が異なります。

    ホノルル国際空港にある「IASSハワイラウンジ」

    ホノルル国際空港にある「IASSハワイラウンジ」

    航空会社のラウンジと違う点は、ビールなどのアルコール類が基本有料であること、国際線のラウンジでも軽食がないことなど。また、出発前に座席を変更したいなどのリクエストも、カードラウンジではできません。航空会社のラウンジよりも利用基準が緩いため、ラウンジ内に人が多すぎて混雑し、やや窮屈なこともあります。

  • ラウンジは利用できると仕事や休憩に便利、シャワーも重宝

    空港にあるラウンジは、航空会社のラウンジとカードラウンジ、どちらも多く利用してきました。実際によく利用する身としては、利用できるに越したことはないと、つくづく感じます。

    国内では、出発前に時間があれば、ラウンジでパソコンを開いて仕事をしたり、ちょっと休憩したりします。ビールが飲み放題なので、アルコール類が好きな人にはたまらないかと思います。新聞や雑誌もあり、化粧室もラウンジ内(※)にあって便利です。※一部空港除く

    航空会社のラウンジではアルコール類も無料がほとんど

    航空会社のラウンジではアルコール類も無料がほとんど

    海外では、ラウンジは国内以上に重宝しています。搭乗前にしっかり食べて飲んでフライトに備えることができる、Wi-Fiにつないで仕事をしたりスマートフォンを充電したり、南国で汗をびっしょりかいた後にラウンジでシャワーを無料で借りられるところもあります。

    さらに、乗り継ぎ待ちを快適に過ごせるよう、仮眠室やマッサージチェア、スパや美容院まで備えているラウンジも。航空会社もラウンジでその国ならではの料理、日本だと握り寿司や鉄板焼を提供するなど、よく飛行機に乗ったりビジネスクラスに搭乗したりする上級顧客へのサービスに力を入れているのがうかがえます。

    飛行機に乗る前に、自分が所有するカードまたは搭乗クラスなどで、空港で利用できるラウンジがないかどうか、ぜひ調べてみてください。

    サクララウンジ 成田空港 国内線
    住所
    千葉県成田市古込1-1 成田国際空港第2ターミナル 国内線3F
    電話番号
    0476348000
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
Aki Shikama
ライターのプロフィール画像
NAVITIME TRAVEL EDITOR
旅行・航空ジャーナリスト / フォトグラファーです。\主な取材ジャンルは、飛行機と空港。カメラは、Nikon。\1年中、国内と海外をよく飛び回っています。\空港のラウンジと飛行機撮影、スタバ、機内食がライフワーク。

おすすめの新着記事