NAVITIME Travel

【必見】1回1,000円「出国税」スタート。納付のタイミングや返金時の注意点

ライターのプロフィール画像

Aki Shikama

NAVITIME TRAVEL EDITOR

|

9. January. 2019

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

2019年1月7日から「国際観光旅客税」、いわゆる出国税の徴収が始まりました。

日本人と外国人を問わず、日本出国時に一律1,000円を支払う必要がある、というものですが、支払わなくてもよい例外があったり、航空券を払い戻す際にこの出国税も戻ったり戻らなかったり、航空会社によっても対応が異なります。

そもそも、出国税はいつ徴収されるのか。また、いったいどういった使われ方をするためのものなのでしょうか。海外出張や海外旅行の際、ぜひ知っておくべき出国税の基本情報についてご紹介します。

【必見】1回1,000円「出国税」スタート。納付のタイミングや返金時の注意点

目次

  • 「出国税」を支払うタイミングはいつ?
  • 「出国税」が免除される例外的なケースもある
  • 2019年1月6日までに発券済みの航空券
  • 旅行をキャンセルした場合の対応、LCC注意
  • 出国税以外にもある、空港施設利用料なども支払い必須
  • 「出国税」を徴収する、そもそもの目的とは?

この記事を含むまとめ記事はこちら

Aki Shikama
ライターのプロフィール画像
NAVITIME TRAVEL EDITOR
旅行・航空ジャーナリスト / フォトグラファーです。\主な取材ジャンルは、飛行機と空港。カメラは、Nikon。\1年中、国内と海外をよく飛び回っています。\空港のラウンジと飛行機撮影、スタバ、機内食がライフワーク。

写真から観光情報を探す

  • 全国

    |

    エリアから探す

    • 目的から探す

      新着記事

        もっと見る

        新着の観光コース