【必見】1回1,000円「出国税」スタート。納付のタイミングや返金時の注意点 【必見】1回1,000円「出国税」スタート。納付のタイミングや返金時の注意点

【必見】1回1,000円「出国税」スタート。納付のタイミングや返金時の注意点


2019.01.09

NAVITIME TRAVEL EDITOR

【必見】1回1,000円「出国税」スタート。納付のタイミングや返金時の注意点

2019年1月7日から「国際観光旅客税」、いわゆる出国税の徴収が始まりました。

日本人と外国人を問わず、日本出国時に一律1,000円を支払う必要がある、というものですが、支払わなくてもよい例外があったり、航空券を払い戻す際にこの出国税も戻ったり戻らなかったり、航空会社によっても対応が異なります。

そもそも、出国税はいつ徴収されるのか。また、いったいどういった使われ方をするためのものなのでしょうか。海外出張や海外旅行の際、ぜひ知っておくべき出国税の基本情報についてご紹介します。

  • 01

    「出国税」を支払うタイミングはいつ?

    出国税はいつ徴収されるのかを、以下にまとめました。海外出張や海外旅行の際、ほとんどの方は航空会社や旅行会社などに代金を支払う際に含まれています。

    ■航空券のみを購入する場合
    航空会社が徴収します。つまり、航空券の代金に出国税を上乗せして支払う形になります。航空券を決済した時点で、出国税を納付することになります。

    ■ツアーの場合
    ツアー代金に、出国税が加算されます。旅行会社が徴収します。これも航空券と同様、出国税はツアーを申し込んで代金を支払った時に納付する形です。

    ■クルーズ船や高速船など、船で日本から出国する場合
    飛行機とは異なり、乗船前に徴収されます。

    ■プライベートジェットの場合
    搭乗前までに国(税関)に出国税を納付することが義務付けられています。

  • 02

    「出国税」が免除される例外的なケースもある

    出国税が免除される、つまり非課税で支払わなくてよい場合があります。主なケースが、以下の通りです。

    ■2歳未満の子ども
    ■24時間以内の乗り継ぎ
    ■航空機と船舶の乗員
    ■天候その他の理由によって日本に緊急着陸などした場合
    ■出国後に天候その他の理由によって日本へ引き返した場合
    ■政府専用機などで出国する場合、外交官など

    ほぼすべての旅客は、日本から出国するたびに大人・子ども共通1,000円、と覚えておきましょう。

    成田国際空港第1ターミナル出発フロア

    成田国際空港第1ターミナル出発フロア

  • 03

    2019年1月6日までに発券済みの航空券

    もし、航空券を、2019年1月7日までに発券済みの場合は、搭乗する日が1月7日を過ぎていても、出国税はかかりません。空港で徴収されることも基本的にはありませんので、ご安心ください。

  • 04

    旅行をキャンセルした場合の対応、LCC注意

    もしも、やむを得なく旅行をキャンセルした場合、日本をまだ出国していないのだから、出国税を支払う必要はないと考えるのが普通です。ただ、いったん徴収した出国税がすんなり返金されるかというと、実は航空会社の場合、会社ごとで返金の対応が異なるので、くれぐれも注意が必要です。

    例えば、ANAやJALといったFSC(フルサービスキャリア)の場合。出国税は手数料なしで全額返金されます。外資系の航空会社でもFSCだと、すんなり返金されると考えてほぼ間違いないでしょう。

    LCCのピーチ・アビエーション

    LCCのピーチ・アビエーション

    注意したいのは、LCC(格安航空会社)です。

    ■ジェットスター
    運賃タイプに応じてジェットスターのバウチャーでの返金。出国税の返金に伴う手数料はなし。ただし、最も安い運賃種別「Starter」は返金不可。

    ■ピーチアビエーション
    現時点で未定(払い戻し手数料は3,240円)

    ■バニラエア
    諸税等の場合も、払い戻しの際は手数料が必要(払い戻し手数料4,000円)

    ツアーで利用する旅行会社の場合も、同様です。参加を取り消した際の手数料に加え、出国税の返金に手数料なしで応じてもらえるかも、申し込む前にしっかり確認しましょう。

  • 05

    出国税以外にもある、空港施設利用料なども支払い必須

    日本から海外に行く際、実は支払うのは、今回の出国税だけではありません。航空券の購入時、空港施設利用料や保安サービス料、海外諸税なども必要です。航空券を決済する時に含まれています。日本だけでなく海外ほとんどの国でも同様の名目で支払っています。国内の主な空港でまとめました。(子どもの空港施設利用料は半額)

    ■東京国際空港(羽田空港)・・・2,670円
    ■成田国際空港・・・2,610円
    ■関西国際空港・・・3,040円
    ■中部国際空港・・・2,570円
    ■福岡空港・・・970円

    出国する空港によって異なるのが分かります。これに、今回の出国税が上乗せされた合計の金額を航空券代金として支払う形となります。

  • 06

    「出国税」を徴収する、そもそもの目的とは?

    国税庁のホームページによると、「観光先進国実現に向けた観光基盤の拡充・強化を図るための恒久的な財源を確保するため」とあります。2019年度は約500億円の税収が見込まれています。

    その使い道はというと、例えば、無料Wi-Fiの設置、空港での出入国時における顔認証システム、観光情報の提供など、増え続ける訪日客の受け入れ態勢の整備に使われる予定とのことです。

    ただ、航空代金やツアー代金にあらかじめ含まれているため、税金の支払い自体がやや分かりづらいのも事実。返金時の対応が航空会社によって異なることもある点など、今後、海外へ出る際には今まで以上の注意が必要です。

    【関連リンク】
    国際観光旅客税について|国税庁
    https://www.nta.go.jp/publication/pamph/kansetsu/kanko/index.htm

    羽田空港(空路)
    place
    東京都大田区羽田空港3丁目
    すべて表示arrow
    成田国際空港
    place
    千葉県成田市古込
    phone
    0476322802
    すべて表示arrow
    no image
    関西空港
    place
    大阪府泉南郡田尻町泉州空港中
    すべて表示arrow
    中部国際空港
    place
    愛知県常滑市セントレア1丁目
    すべて表示arrow
    福岡空港
    place
    福岡県福岡市博多区下臼井
    すべて表示arrow
    no image

この記事を含むまとめ記事はこちら

Aki Shikama
ライターのプロフィール画像
NAVITIME TRAVEL EDITOR
旅行・航空ジャーナリスト / フォトグラファーです。\主な取材ジャンルは、飛行機と空港。カメラは、Nikon。\1年中、国内と海外をよく飛び回っています。\空港のラウンジと飛行機撮影、スタバ、機内食がライフワーク。