NAVITIME Travel

飛行機で「プロペラ機」に乗る!知っておくと楽しめるノウハウ

旅客用の飛行機には、大きく分けて「ジェット機」「プロペラ機」があります。大きな空港や大都市間を結ぶ路線、国際線だと主にジェット機で運航される一方、地方路線や離島などでは小型のプロペラ機が活躍しています。プロペラ機にはジェット機にない魅力が多くあり、ファンも多い飛行機です。

飛行機で「プロペラ機」に乗る!知っておくと楽しめるノウハウ

目次

  • 日本国内で、プロペラ機で運航されている路線はどこ?

  • 飛行機には徒歩で搭乗することもあって楽しい!

  • コンパクトな機内は意外と快適に過ごせる

  • 飛行高度が低いので、空から眺める景色がより楽しめる

  • 独自のサービス、離島をプロペラ機で巡るルートも

  • 日本国内で、プロペラ機で運航されている路線はどこ?

    日本国内では、プロペラ機が数多くの路線で運航されています。ただ、東京国際空港(羽田空港)や関西国際空港ではゼロ、成田国際空港に若干ある一方、北海道の新千歳空港や大阪国際空港(伊丹空港)、中部国際空港、福岡空港、那覇空港などを発着する路線ではけっこう見られます。

    大阪国際空港(伊丹空港)にはプロペラ機が多い

    大阪国際空港(伊丹空港)にはプロペラ機が多い

    首都圏からだと、羽田空港から鹿児島に飛んで奄美大島や屋久島などの奄美群島に向かう時、那覇に飛んでさらに離島に行く際などによく乗る機会があります。関西圏では、伊丹空港から四国や九州、東北などの路線でプロペラ機での運航がやや多めです。

  • 飛行機には徒歩で搭乗することもあって楽しい!

    まず、プロペラ機に乗る、または降りる際に「徒歩」であるケース。すべての空港ではないものの、自分の足で歩いて飛行機を乗り降りするのは、なかなか楽しいものです。

    プロペラ機では徒歩で搭乗することもある

    プロペラ機では徒歩で搭乗することもある

    雨や雪などが降っている場合、強風の日などはやや辛いこともありますが、それはそれでプロペラ機でのフライトがより思い出深くなるでしょう。

  • コンパクトな機内は意外と快適に過ごせる

    プロペラ機はジェット機に比べると小型の飛行機なので、機内もとてもコンパクト。通常の座席数は50席ほど、大きなプロペラ機でも100席以下です。機内の通路は1本で、「2-2」のシート配列。つまり、やや窮屈になりがちの真ん中のシートに当たる心配はなく、確実に座席が窓側もしくは通路側となるので、満席であっても意外と快適です。

    日本エアコミューター(JAC)、ATR42-700型機の機内

    日本エアコミューター(JAC)、ATR42-700型機の機内

    プロペラ機は、ジェット機よりも飛行時間が短いことが多いため、機内でのサービス時間も短くなります。ドリンクサービスが回ってこない路線もありますので、もしドリンクを希望する場合は早めに客室乗務員に頼みましょう。

    ANA ボンバルディアDHC-Q-400での機内サービス

    ANA ボンバルディアDHC-Q-400での機内サービス

    なお、機内持ち込み手荷物は、プロペラ機の種類によってはジェット機では可能なサイズであっても持ち込めない場合があります。空港で必ず確認してください。

  • 飛行高度が低いので、空から眺める景色がより楽しめる

    ジェット機との最大の違い、プロペラ機はその名の通り、プロペラが回ることなどによって飛行します。機窓の外からは、プロペラが回って飛行する様子も見られるため、「飛行機に乗っている!」という体感さがじっくり味わえます。

    プロペラ機の機内から見えた、兵庫県豊岡市

    プロペラ機の機内から見えた、兵庫県豊岡市

    飛行高度が、ジェット機よりも低いのも特徴の1つ。そのため、機窓から見える眼下の景色がよりいっそう楽しめます。

  • 独自のサービス、離島をプロペラ機で巡るルートも

    プロペラ機は地方路線が多く、JALだと「日本エアコミューター(JAC)」や「琉球エアコミューター(RAC)」、ANAでは「ANAウイングス」といったグループ会社の運航便となります。といっても、サービス内容に遜色はほぼない上に、“プラスα”の楽しみもあります。例を挙げると、独自の機内誌やポストカード、キャンディなど。

    奄美群島などで運航する日本エアコミューター(JAC)の機内誌とキャンディなど

    奄美群島などで運航する日本エアコミューター(JAC)の機内誌とキャンディなど

    日本国内では、熊本県の天草空港を拠点とする「天草エアライン」という地域航空会社もあります。所有機体はプロペラ機のATR42-700型機が1機のみ、親子イルカがデザインされた「みぞか号」が人気です。天草から福岡、熊本、さらに大阪(伊丹)への便を運航しています。

    天草エアラインの「みぞか号」(ATR42-700)

    天草エアラインの「みぞか号」(ATR42-700)

    また、JALでは2018年7月から、奄美大島をはじめとした奄美群島の島々と沖縄本島をつなぐ「奄美群島アイランドホッピングルート」を新規開設しました。奄美大島、徳之島、沖永良部島、喜界島、与論島、そして沖縄本島の島々を、最新のプロペラ機(ATR42-700型機など)で行き来することができます。東京(羽田)から沖縄(那覇)または鹿児島からそのルートを旅することも可能です。

    7月1日から!奄美群島アイランドホッピングルート - JAL国内線
    https://www.jal.co.jp/dom/special/amami_island/index.html

    日本エアコミューター(JAC)の機内でもらえる屋久島の地図

    日本エアコミューター(JAC)の機内でもらえる屋久島の地図

    大型のジェット機にはない、プロペラ機ならではのさまざまな楽しみ方。もし乗る機会があれば、プロペラ機のフライト、ぜひ楽しんでください。

    成田国際空港
    住所
    千葉県成田市古込
    電話番号
    0476322802
    新千歳空港
    住所
    北海道千歳市美々
    電話番号
    大阪空港[伊丹]
    住所
    大阪府池田市空港2丁目
    電話番号
    中部国際空港
    住所
    愛知県常滑市セントレア1丁目
    電話番号
    福岡空港
    住所
    福岡県福岡市博多区下臼井
    電話番号
    那覇空港
    住所
    沖縄県那覇市鏡水
    電話番号
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする
Aki Shikama
ライターのプロフィール画像
NAVITIME TRAVEL EDITOR
旅行・航空ジャーナリスト / フォトグラファーです。\主な取材ジャンルは、飛行機と空港。カメラは、Nikon。\1年中、国内と海外をよく飛び回っています。\空港のラウンジと飛行機撮影、スタバ、機内食がライフワーク。

おすすめの記事(旅行の目的別)

乗り物
もっと見る
交通
もっと見る

新着記事

もっと見る