17年の歴史についに幕!「華道家假屋崎省吾の世界ー千秋楽ー2016」目黒雅叙園にて絶賛開催中


2016.10.06

NAVITIME TRAVEL EDITOR

2000年から始まり、今年で17回目を迎える本展覧会。目黒雅叙園の美しい絵画や建築に魅了された華道家・假屋崎省吾氏が、文化財である百段階段に日本の伝統美と融合した新たな華と芸術の世界を創造します。華道歴35周年を目前に控える今年、ついに千秋楽を迎えることになった本展覧会で、絢爛豪華、唯一無二の空間美をぜひ間近でご覧ください。

  • 01

    日本の匠の技とのコラボレーション!

    本展の見どころは''希少となった日本の伝統工芸品'と融合した世界。日本全国を巡る假屋崎氏が出会った日本の名品にスポットを当て、徳島県美馬の番傘や沖縄県の首里花倉織衣装など、鮮やかな花々との競演をお楽しみください。

    番傘の美しい鮮やかな色彩や細やかな絵付けにも注目

    番傘の美しい鮮やかな色彩や細やかな絵付けにも注目

    百段階段の最上部にある「頂上の間」

    百段階段の最上部にある「頂上の間」

  • 02

    福を呼び込む!最強パワースポット現る!

    特に注目したいのが「草丘の間」。なんと黄金色に輝く巨大な招き猫をはじめ、様々な色や形のきらびやかな招き猫が花々と共に観客を出迎えてくれます。

    エネルギーに満ち溢れた「草丘の間」

    エネルギーに満ち溢れた「草丘の間」

    大小さまざまな招き猫がたくさん!

    大小さまざまな招き猫がたくさん!

    假屋崎氏が、「ここは金運も縁も招いてくれるパワースポット。私のパワーは泉のように湧いてくる。」と、思いを込めて生けたそう。その言葉どおり、天井まで届きそうな枝や縦横無尽に広がるツルなど、自然のエネルギーに溢れ、観る者を豊かな気持ちにさせてくれます。

    美しい天井画も必見

    美しい天井画も必見

  • 03

    可憐なのに強い?!ショウゴエレガン

    假屋崎ファンの方はもうご存知ですね。この美しいピンクラベンダーのバラ、假屋崎省吾氏の名がついた「ショウゴ エレガン」という新品種のバラなんです。一般的なバラが3日ほどでしおれてしまうところ、なんとこちらは10日以上美しさを保つことができるんだとか。花びらの密度も通常より多く、1輪でも凛とした存在感を感じます。はかないバラのイメージをくつがえす「ショウゴエレガン」にあなたも魅了されること間違いなし。

    假屋崎氏が手がけたフランスDaum社の花器に生けられています

    假屋崎氏が手がけたフランスDaum社の花器に生けられています

  • 04

    花だけじゃない!圧巻の假屋崎氏デザイン

    床の間や畳の上にダイナミックに広がる木枝や花々。そしてその動きを受け止め、静かに佇む花器や屏風、着物。假屋崎氏がデザインを手がけたそれらは、花々に劣ることなく圧倒的な美しさと存在感を放っています。自身が手がける棺のデザイン手法を取り入れた屏風など、様々な角度からアプローチした假屋崎氏の美の空間も要注目です。

    こちらが假屋崎氏デザインの屏風。

    こちらが假屋崎氏デザインの屏風。

    動物園のパンダからインスピレーションをうけたという可愛らしい花器も。

    動物園のパンダからインスピレーションをうけたという可愛らしい花器も。

  • 05

    假屋崎省吾氏の35年の集大成がここに。

    本展覧会は展示の特性上、会期は短め。開催は10/16(日)までとなります。会場入り口の物販会場ではサイン会が随時開催されており、假屋崎氏本人に会える貴重な体験も!

    トークのセンスも溢れる假屋崎氏

    トークのセンスも溢れる假屋崎氏

    假屋崎氏が手がける、目黒雅叙園の雅な世界と融合した華麗なる美の空間が見れるのはこの展覧会が最後。毎年観覧している人はもちろん、今年初めて見る人もこの感動の千秋楽をお見逃し無く !

    ホテル雅叙園東京
    place
    東京都目黒区下目黒1-8-1
    phone
    0354343837

この記事を含むまとめ記事はこちら