特別展覧会「没後150年 坂本龍馬」-京都国立博物館を皮切りに長崎、東京、静岡へ巡回


2016.10.05

NAVITIME TRAVEL EDITOR

坂本龍馬の人生は、小説やドラマ、漫画などといった私たちに身近なエンターテイメントのかたちで描き出されることが多々あります。坂本龍馬がこれほど多くの人々に愛されるのはなぜなのでしょう? 「特別展覧会 没後150年 坂本龍馬」では、京都近江屋で凶刃に倒れた竜馬の波乱の人生と、彼のユーモアと愛情たっぷりの人柄を、数々の展示によって紹介します。

  • 01

    龍馬の心は手紙の中に?その魅力を大解剖!

    本展では、龍馬のユーモアあふれる手紙に焦点をあて、その面白さと強い決意、家族愛いっぱいの内容をわかりやすく展示。現代の龍馬人気は、その成し遂げた偉業によるところも大きいですが、彼のしたためた手紙も一役買っていることがよくわかります。手紙の中で生き生きと輝く龍馬の姿が目に浮かぶはずです。

    重要文化財 龍馬書簡 慶応二年十二月四日 坂本乙女宛(部分) 江戸時代 慶応二年(1866) 京都国立博物館蔵 【全会場 ※展示替えあり】

  • 02

    龍馬愛用の刀とは?最新の資料展示も!

    ここ10年で新たに判明した、龍馬の刀をめぐる新事実の資料公開!さらに、わかりやすいビジュアルで、一目みて理解できる幕末史を展示しています。
    是非この『坂本龍馬』展で、龍馬の新しい魅力を発見しませんか?

    坂本龍馬湿板写真 江戸時代 慶応二年(1866)または三年(1867) 高知県立歴史民俗資料館蔵 【東京会場のみ3日間 ※他会場と東京の左記期間外は複製を展示】

    京都国立博物館
    place
    京都府京都市東山区茶屋町527
    phone
    0755252473
    opening-hour
    9:30-17:00※入館は閉館の30分…

この記事を含むまとめ記事はこちら