写真提供:逗子海岸映画祭実行委員会

星空の下、ビーチで映画を!「逗子海岸映画祭」が今年も開催


2016.04.21

NAVITIME TRAVEL EDITOR

今年で7回目を迎える「逗子海岸映画祭」が、神奈川逗子の海岸で2016年4月28日(木)〜5月8日(日)の期間中開催されます。静かなビーチに突如現れるスクリーンは驚きの大きさ!GW中の注目イベント逗子海岸映画祭は、まるで夢のような空間が広がっています。

  • 01

    逗子海岸映画祭とは?

    「Play with the earth(地球と遊ぼう)」をコンセプトに、逗子海岸という絶好のロケーションで映画が上映される屋外型映画祭のこと。このエリア出身のクリエイター集団「CINEMACARAVAN」が映画祭をプロデュース。世界を旅し見つけ出した日本の魅力と繋いだ縁や多彩な文化を、年に1度逗子で発信しています。

    写真提供:逗子海岸映画祭実行委員会

    何もない静かな海岸にクリエイター達の手によって会場が造り上げられ、終了後は何事もかなったかのように元の海岸に戻る。それはまるで「夢」を見ているように感じられるかも。

    写真提供:逗子海岸映画祭実行委員会

    日中は、映画のテーマになっている文化や音楽、食が楽しめ、日が落ちたら星空の下で波の音を聞きながら映画を鑑賞できます。また、国内外の様々な人々とのコミュニケーションが体感できる、イベントやワークショップも企画されています。

    写真提供:逗子海岸映画祭実行委員会

  • 02

    テーマに合わせ、映画とイベント、食をプロデュース!

    7回目の今回は、スペイン・バスク地方やインドネシアなどをフィーチャーし映画とイベント、食をプロデュース。バラエティ豊かなゲストのトークが聞ける「レディオキャラバン」や異国の市場が海辺に現れたような「BAZZAR」、毎年人気のフードテントでは海を背景にバスクをはじめ、国内外の料理を楽しめます。

    写真提供:逗子海岸映画祭実行委員会

  • 03

    自然の中で、五感をフルに使って地球と遊ぼう!

    映画を目で「観る」だけでなく、自然の中で五感をフルに使ってカラダ全部でさまざまな文化を楽しめる人気のイベント。寒さ対策のブランケットやコートを持って出かけてみませんか?

この記事を含むまとめ記事はこちら