ゲーム好きの楽園がここにある!企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」日本科学未来館で開催


2016.03.03

NAVITIME TRAVEL EDITOR

前代未聞の“ゲーム”をテーマにした企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」が、5月30日(月)まで、日本科学未来館(東京・お台場)で開催!コンピュータやインターネットなどの情報技術とともに進化をつづけ、 世界中のエンターテイメントを変えたコンピュータゲームの進化を一望できるうえに、実際にゲームを遊べるという展覧会です!大人も子どもも大好きな“ゲーム”の世界に飛び込んでみませんか?

  • 01

    コンピュータゲームの歴史を彩る名作135タイトルを展示!あの名作も登場!

    日本初開催となる企画展「GAME ON」では、1972年に登場したアーケードゲームのマスターピースとも言われる「PONG(ポン)」や大ブームを巻き起こした「スペースインベーダー」をはじめ貴重な筺体が勢揃いする圧巻のアーケードゲームコーナーを皮切りに、家庭用ゲーム機の数々、世界を魅了したキャラクター、スマホゲームに至るまで、ゲームの創成期から現在までをプレイできます。

    「PONG(ポン)」の他、懐かしの筐体がずらり

    「PONG(ポン)」の他、懐かしの筐体がずらり

    ゲームセンターを熱狂させたあのゲームや、おうちでやりこんだあのゲームもずらり。気がつくと筆者も夢中になってプレイしていました。
    企画・監修を手がける角川アスキー総合研究所の遠藤氏が言っていた「帰らない人がいるのでは」というセリフが思い出されます。時間を忘れて夢中になること間違いなしです。時間をたっぷりとって訪れることをおすすめします!

    大好きだったあのゲームが並んでいるかも

    大好きだったあのゲームが並んでいるかも

    『もう2度とプレーできない』と思っていた“懐かしいあのゲーム”や“伝説のあのゲーム”を実際に見て、触って、プレイできるという超体験型の画期的な展覧会です!
    また、35歳OVERの世代には懐かしい「ゲーム&ウォッチ」や「たまごっち」なども展示されていて、懐かしのゲーム機が並んでいるだけでも思わず胸が熱くなります。

    あの時買った懐かしのゲーム機や、やりこんだゲームがあるかも

    あの時買った懐かしのゲーム機や、やりこんだゲームがあるかも

  • 02

    ゲームの最先端を体験できる!話題&人気の2作品が登場

    「GAME ON」ではこれまでのゲームだけでなく「これからのゲーム」も体験できます!現在子供たちに圧倒的な人気の「マインクラフト」では、スタッフの方が一ヶ月かけて作りこんだ、日本科学未来館を再現した世界で宝探しを体験出来ます。ちゃんと「GAME ON」も再現されている細かさ!

    日本科学未来館が丸ごと再現されたマイクラの世界

    日本科学未来館が丸ごと再現されたマイクラの世界

    そして昨年の東京ゲームショウで話題になったバーチャルリアリティー(VR)システムPlayStation®VR(プレイステーション ヴィーアール)を先行体験できるんです!ゲームの最先端を体験できるまたとない機会です。

    ※PlayStation®VR(PS VR)およびマインクラフトは当日開場時より体験整理券を配布します(先着順、規定枚数に達し次第配布終了)
    ※PlayStation®VRは12歳以上の方が対象です。(プレイ時間:約3分~5分)

    カメラ目線ですが、本人はゲームの世界しか見えていません

    カメラ目線ですが、本人はゲームの世界しか見えていません

  • 03

    ゲームを学ぼう。テクノロジー、開発者そしてパワーユーザーたちからアプローチ!

    さらに、東京会場のオリジナルコンテンツとして、ゲームの仕組みや進化の過程、ゲームクリエイターの制作過程、研究者の工夫から、開発者たちの声も紹介。そして、ゲームにハマる謎にも迫ります。さらに、各界のゲーム好き研究者や文化人たちへのインタビュー映像も!ゲームで遊ぶだけでなく、そのメカニズムについても学べます。

  • 04

    世界200万人が熱狂したゲームの展覧会!

    2016年春、日本科学未来館が時空を超えた、これまでにない“大ゲームセンター”になります!春休みに、ゴールデンウィークに、家族や友人と一緒に世界200万人以上を熱狂させたゲーム展「GAME ON」をクリアしに日本科学未来館を訪れてみませんか。

この記事を含むまとめ記事はこちら