カッコイイ日本車に感動!「東京モーターショー2015」いよいよ開幕!


2015.10.29

NAVITIME TRAVEL EDITOR

「第44回東京モーターショー2015」がいよいよ開幕。プレスデーにはいち早く世界初出展のクルマを見ようと世界中の報道関係者がつめかけました。
今回のモーターショーのテーマは「TECHNOLOGY×FANTASY」。最新テクノロジーとの出会いによる、心躍るような体験を届ける場にしたい、という想いが込められています。

輸入車も去ることながら国産車のカッコ良さとテクノロジーが輝いていました!その一部をご紹介します。

  • 01

    世界初出展「TOYOTA」のコンセプトカー

    新世代ライトウェイトスポーツコンセプト「S-FR」は東京モーターショーで世界初公開!かわいらしい見た目ですが、6速MT搭載のスポーツカーです。

    「FCV PLUS」は、近い将来水素エネルギーの普及を想定し作られた燃料電池車のコンセプトカーです。こちらも世界初公開!
    燃料電池搭載ということで、クルマ自体が電気の供給源になることもできるのです。

  • 02

    「マツダ」ブースは話題騒然!次世代ロータリースポーツのコンセプトモデル「RX-VISION」

    事前の写真公開が無く、28日の東京モーターショー初日に報道陣の前で黒いベールを脱ぎ世界初公開された「RX-VISION」!
    環境性能などを高めた最新のロータリーエンジン「SKYACTIV-R」を搭載。
    圧倒的に低いボンネットはスポーツカーの歴史を凝縮したスタイリング。オンリーワンのFRプロポーションはスポーツカー好きの方の注目を集めること間違いなし!

    同時に日本初公開された次世代クロスオーバーのコンセプトモデル「越KOERU」。
    “既存の概念や枠組みを越える価値を提供したい”という思いが込められています。
    マツダは全て赤いクルマで統一されていました。

  • 03

    HONDAは「新型NSX」が日本初公開

    2代目「NSX」がついに公開!徹底的に軽量化されたボディに、新開発の直噴V型6気筒ツインターボエンジンを搭載。さらに3モーターハイブリットシステム「SPORT HYBRID SH-AWD」を搭載した近代のスーパースポーツモデルになっています!

  • 04

    NISSANは「グランツーリスモ」モデルと未来のEV

    「グランツーリスモ6」とのコラボで作成された「ニッサン コンセプト 2020 ビジョン グランツーリスモ」が新色「Fire Knight」で登場。とても特徴的な赤い色ですね。
    隣にはちゃんと、このクルマで「グランツーリスモ」体験が出来るようになっています!

    未来のEV(電気自動車)と自動運転を具現化したコンセプトカー「Nissan IDS Concept(ニッサン IDS コンセプト)」は日産の考える自動運転である「Together We Ride」を具現化したデザインを持ち、自動運転のPDモードと、人が運転するMDモードを装備。

    他にも世界初公開の軽の電気自動車「TEATRO for DAYZ」など近未来カーを出展しています。

  • 05

    メルセデス・ベンツは未来カーが登場

    輸入車も負けていませんが、特に驚いたのがメルセデス・ベンツ「F015 Luxury in Motion」
    未来の高級セダンのあるべき姿を具体化したもので自動運転リサーチカーとなっています。

    宇宙から来たような外観にはかなり驚きますが、ドアを開くとラグジュアリーな空間が広がっているのです。もちろんハンドル・アクセル・ブレーキは装備されているのでドライバーが運転することもできます。

  • 06

    最後にアノ映画のあのクルマがお目見え!

    映画007シリーズの最新作「007 Spectre(スペクター)」の公開に先立ち、英アストンマーティン「DB9 GTボンド・エディション」が公開されました。27,400,007円の高級車のとなりで美女が微笑んでくれます。

  • 07

    一般公開日は10月30日(金)~11月8日(日)まで

    いかがでしたか。目立つクルマを見ただけでもかなり楽しめるモーターショーです。カッコイイスポーツカーが多く、“ココロが走り出した方”も多いはず!
    夜にはビッグサイトのライトアップも予定されていて更に華やかになること間違いなしです。ぜひ期間中に訪れてはいかがでしょうか。

この記事を含むまとめ記事はこちら