今年も日本橋で金魚が舞う。会社帰りの夜デートにも!5年目の「アートアクアリウム 2015 ~江戸・金魚の涼&ナイトアクアリウム~」


2015.07.10

NAVITIME TRAVEL EDITOR

日本橋が架橋100周年を迎えた2011年からスタートした「アートアクアリウム展」も今年で5周年!日本だけではなくイタリア・ミラノでも開催されたこのイベントは、累計入場者数が450万人の大人気イベントです。金魚で涼を取っていた江戸時代に思いを馳せて、今年の夏は日本橋の金魚で「江戸の涼」を感じてみませんか?

  • 01

    日暮れまでの「アートアクアリウム」、夜の「ナイトアクアリウム」。夜はバーも楽しめる!

    毎回工夫を凝らした空間演出で楽しませてくれるアートアクアリウムですが、今年はアートアクアリウム作品を朱塗りのやぐらや江戸切り子などの伝統的な技術を用いて、より和を感じられるデザインに統一しています。一方で、LEDライティングや音楽・香りや装飾を近代的にすることで、空間演出の妙を感じられる世界を創出。
    また、期間中は毎日19時から音楽と証明を転換し、スペシャルナイト「ナイトアクアリウム」を開催します。19:00~23:30(最終入場23:00)まで開催しているので、仕事帰りのデートにも使えます!会場内にはバーもあるので、アートアクアリウムオリジナルカクテルや日本酒の「獺祭」を傾けながら、金魚を愛でるのもロマンチックかも?

  • 02

    ナイトアクアリウムのスペシャルイベントが熱い!DJイベントや花魁の舞に酔いしれよう

    週末や限定日のナイトアクアリウムはまた一味違う!豪華アーティストや人気DJによるパフォーマンスが披露されるほか、京都・祇園の舞妓さんの舞が見られる「舞妓ナイト」。そして"美しすぎる女形"と称された荒城蘭太郎さんの花魁による特別公演「花魁ナイト」も開催されます!※詳しいスケジュールはホームページにて
    オリジナルカクテルを片手にスペシャルライブで盛り上がるも良し、金魚と舞の美しさに酔うも良し、どちらも大人気のイベント間違いなしなので、チケットのチェックはお早めに!

  • 03

    注意!土日は混雑必死。イベントデーも会場内が混み合います!

    毎年大人気のイベントなので、土日やアーティストイベントデーは混みあいます!入場待機列が出来る日も…お目当てのイベントがある日は、日時指定入場券を利用するのも手です。また、スペシャルイベントの「舞妓ナイト」「花魁ナイト」は専用入場券が必要となります。完全入替制のイベントなので、入場時間もチェックしてくださいね。
    ちなみに、会場入り口にクロークが用意されているので、荷物を預けて身軽に入れるのもうれしいサービス。会場内は混雑しているので、大きな荷物は預けたほうが楽かもしれません。貴重品を持ち歩く小さなバッグがあると便利です。

  • 04

    可愛い金魚を買って帰ろう。イベントの後はお得な特典も

    日本橋では「ECO EDO 日本橋2015 ~五感で楽しむ、江戸の涼~」として、江戸時代に日本橋で庶民文化として親しまれていた金魚をテーマに様々なサービス・イベントを展開しています。金魚グッズや金魚をモチーフにしたメニューがいろいろ展開されているので、アートアクアリウムを見た後は日本橋へ金魚グッズを探しに行きませんか?
    また、浴衣着用もしくはアートアクアリウムの半券で、お得な限定サービスを受けられるお店がたくさん!半券は捨てずにとっておきましょう。

  • 05

    【アクセス】雨の日でも地下から濡れずにアクセス!天気がよければ歩いてくるのもいいですね。

    麒麟像で有名な日本橋に近いのは、東京メトロ・都営浅草線の日本橋駅か三越前駅です地下から濡れずにアクセスできるので便利!また近隣の駅なら、日本橋三越とコレド室町の目の前に通る道をまっすぐ行くとJR新日本橋駅。麒麟像から日本橋高島屋の方向にまっすぐ行くと、東京メトロ京橋駅。
    さらにJR東京駅、東京メトロ大手町駅も10~15分歩きますが徒歩圏内です。八重洲、京橋、日本橋地区を結ぶ、無料巡回バス「メトロリンク日本橋」も運行しているので、お出かけの計画に合わせて利用してみてくださいね。

この記事を含むまとめ記事はこちら