イタリア・ナポリで145年もの歴史を誇る「アンティーカ ピッツェリア ダ ミケーレ」をご存知ですか?未だ行列が絶えない人気を誇る名店です。2010年に公開された大人気映画「食べて、祈って、恋をして」の舞台にもなりました。

そんな特別なピッツァを日本で味わえるのは、世界2号店の恵比寿店だけ。「行ってみたいけど、遠いな」と感じていたみなさんに朗報です。10/10、ついに世界3号店が福岡市にオープンします。

  • 01

    こだわりぬいた2種類のピッツァ

    ピッツァはミケーレ一族が守り抜いている味と製法を守るため、「マルゲリータ」と「マリナーラ」の2種類のみを提供します。アレンジを一切せず、粉やトマトなどピッツァに欠かせない材料をナポリから直送するというこだわりぶり。日本にいながらにして、まるでイタリアにいるような気分を味わえます。

    マルゲリータに比べ日本では聞き慣れない「マリナーラ」は、実はトマトをはじめて使用したピッツァとして知られています。シンプルで上品な味が人気の一枚です。焼きたての「マルゲリータ」とともに、思わため息が出てしまうほどの美味しさです。

    photo By dreamcat115 from flickr

    photo By Jason Lam from flickr

  • 02

    切り込みは入っていません!一人で全部いただきましょう。

    イタリアでは、ピッツァは一人一枚が普通。シェアすることがないので、切り込みは入っていません。トマトソースの赤が美しい、特別なピッツァを独り占めしてしまいましょう!

    世界中でナポリと東京、そして福岡でしか味わえない「ダ ミケーレ」。この機会に是非、食べてみてくださいね。

この記事を含むまとめ記事はこちら