北海道の釧路へ訪れたら絶対食べたいご当地名物グルメ3選

釧路湿原や阿寒湖など北海道東部の観光の拠点となる釧路へ訪れたら、これはゼッタイ食べておきたい!というご当地グルメを3つ紹介します。 釧路は昭和時代に独自の食文化が広がっていたこともあり、釧路で生まれ各地へ伝わっていったグルメがいくつもあります。その中でも、好きな海鮮ネタを丼にのせて食べる「勝手丼」と、北海道のソウルフードの一つ「ザンギ」と「スパカツ」は釧路では外せない名物グルメ。それぞれ元祖の店へ行って釧路グルメを楽しみましょう!

  • 釧路和商市場の名物グルメ「勝手丼」

    勝手丼とは、ごはんの上に好きなネタをのせて食べることができる、釧路和商市場の海鮮丼。今では国内各地の市場などで似たシステムを見聞きすることもありますが、ここ釧路和商市場は老舗。昭和時代から長年続いている名物グルメです。

    釧路和商市場はJR釧路駅から歩いて分。列車の待ち時間にも立ち寄れます

    釧路和商市場はJR釧路駅から歩いて分。列車の待ち時間にも立ち寄れます

    もともとは、夏に北海道をバイクで旅をするライダーたちに安く海鮮丼を楽しんでもらいたいと始まったサービス。これがライダーたちの口コミで広がり、一般の観光客にも広く浸透するようになったそうですよ。

    市場内ではカニやホッケなどさまざまな海産物を販売。釧路土産にベスト!

    市場内ではカニやホッケなどさまざまな海産物を販売。釧路土産にベスト!

    では、実際に食べてみましょう!
    まずは、市場内にある惣菜店でごはんを購入。

    小、中、大などサイズがいくつかあるので、自分のお腹と相談して買いましょう

    小、中、大などサイズがいくつかあるので、自分のお腹と相談して買いましょう

    次は、ごはんが盛られた丼を片手に市場内を物色!市場内には、勝手丼向けにネタを小分けにして販売している鮮魚店がいくつもあります。その中から気に入ったお店で、好きなネタを好きなだけ丼にのせてもらうんです。

    さて、私の目利きは正しいかな!?ネタを見極めつつ、値段を見つつ、買うお店をチェック!

    さて、私の目利きは正しいかな!?ネタを見極めつつ、値段を見つつ、買うお店をチェック!

    勝手丼向けのネタはこんなかんじで販売。お店選びはネタを見極めるというより、自分のインスピレーションとお店の人とのフィーリング次第かも!?

    勝手丼向けのネタはこんなかんじで販売。お店選びはネタを見極めるというより、自分のインスピレーションとお店の人とのフィーリング次第かも!?

    ネタはサーモンやサンマなど庶民的なネタもあれば、ウニや花咲ガニなどちょっとお高いものまでさまざま。どれも一切れや小さいカップ1杯などで販売していて、安いもので50円程度からあるので、ついつい数多くのネタをポンポン買っちゃいます。
    でも、これが勝手丼の魅力!ここはケチらず、さまざまなネタをのせたオリジナルの海鮮丼を作りましょう!

    イクラ、サーモン、ブドウエビ、花咲ガニ、クジラ、サンマ、そしてなんと生のシシャモを盛りました!

    イクラ、サーモン、ブドウエビ、花咲ガニ、クジラ、サンマ、そしてなんと生のシシャモを盛りました!

    市場内には勝手丼を食べるためのテーブルと椅子もあります。できたてほやほや、世界で一つだけのマイ海鮮丼を楽しみましょう!

    釧路和商市場
    住所
    北海道釧路市黒金町13-25
    電話番号
    0154223226
    備考
    【URL】http://www.washoichiba.com/
  • 釧路の鳥松で生まれた北海道民のソウルフード「ザンギ」

    「ザンギ」は、北海道民のソウルフードの一つ。北海道内では居酒屋や定食店などでごく日常に見かける料理で、下味をつけた鶏肉に粉をつけて揚げたものです。
    「それってから揚げでしょ!?」
    北海道民以外のみなさんはきっと、そうツッコミたくなるかもしれません。

    ザンギとから揚げの違いは???

    ザンギとから揚げの違いは???

    実は、北海道民ですらザンギとから揚げの違いを明確に答えられず、「ザンギのほうが味は濃い」「ザンギは下味がしっかりしている」「道産子がザンギといえばザンギなんだ」などと、その違いは感覚や感情によるところが大きいのかもしれません。

    そんなザンギがこの世に登場したのは1960年代。釧路の「鳥松」が生みの親です。

    「鳥松」は釧路市内の飲食店が多数集まる繁華街の一角にあります

    「鳥松」は釧路市内の飲食店が多数集まる繁華街の一角にあります

    当時は焼鳥店でしたが、ブロイラーを1羽丸ごと仕入れブツ切りにし、から揚げにして提供したところ大好評。焼鳥店からザンギがメインの鶏肉専門店へと衣替えし、それ以来ザンギの元祖の店として多くの人たちが訪れています。ガイドブック片手に外国人観光客もやってくるほど人気のお店です。

    昭和の風情を感じる、味がある店内。カウンター席のみです

    昭和の風情を感じる、味がある店内。カウンター席のみです

    一般的な唐揚げやザンギは骨のないもも肉を連想するかもしれませんが、鳥松のザンギは骨付きで部位もバラバラ。同じ部位がかたまらないようにある程度調整をして提供してくれますが、どんな部位を味わえるかは出てきてからのお楽しみに!

    塩ベースの下味がついていますが、卓上にあるちょっぴりスパイシーなタレやコショウなどで味わうのが通の食べ方

    塩ベースの下味がついていますが、卓上にあるちょっぴりスパイシーなタレやコショウなどで味わうのが通の食べ方

    衣はサクッと、お肉はジューシー!脂っこさはそれほど感じないのでかなりボリューミーながらぺろっと食べられます!

    骨なしザンギもあります

    骨なしザンギもあります

    こちらは骨付きのもも肉のから揚げ。各種テイクアウトもできます

    こちらは骨付きのもも肉のから揚げ。各種テイクアウトもできます

    ちなみにザンギという名前の由来は、中国語の炸鶏(ザーギー)に幸運の運(ン)を入れて「ザンギ」と命名したそうですよ。

    北海道民のソウルフードの元祖の店で、伝統の味を楽しんでみましょう!

    鳥松
    住所
    北海道釧路市栄町3-1
    電話番号
    0154229761
  • 昭和の洋食文化の進化系、レストラン泉屋発祥の「スパカツ」

    釧路のご当地グルメで外せないのが「スパカツ」。熱々の鉄板皿にこんもり盛られたスパゲティの上にトンカツをのせてミートソースをかけた料理です。読んで字のごとく、スパゲティ+トンカツなのでスパカツです。

    山盛りのスパカツ。これでレギュラーサイズです。かなりお腹を空かせて行かないと!?

    山盛りのスパカツ。これでレギュラーサイズです。かなりお腹を空かせて行かないと!?

    スパカツは近年札幌市内など各地で目にすることが増えましたが、元々は釧路のソウルフード。釧路市民にとっては日常の食事として長い間定着してきました。

    スパカツが誕生したのは1960年頃。釧路市内の洋食店「レストラン泉屋」が発祥です。

    レストラン泉屋はスパカツのイメージが強いのですが、今も昔もさまざまな洋食メニューを提供しています

    レストラン泉屋はスパカツのイメージが強いのですが、今も昔もさまざまな洋食メニューを提供しています

    その当時、スパゲティを1日限定10食のメニューとして出したところ大好評だったので、スパゲティをレギュラーメニューにしました。そこで、当時大人にも子どもにも人気だったトンカツをセットにできないかと考え、スパゲティの上にトンカツをのせて提供してみたのがはじまりです。

    レストラン泉屋の店内。今でこそ4階建てのビルの店内は暖房や断熱がしっかりしていて暖かいのですが、創業当初はすきま風が入るような木造2階建ての建物だったそうです

    レストラン泉屋の店内。今でこそ4階建てのビルの店内は暖房や断熱がしっかりしていて暖かいのですが、創業当初はすきま風が入るような木造2階建ての建物だったそうです

    さらにここから進化します。
    釧路は気候が冷涼で、特に冬は氷点下の日々が長く続きかなり冷えます。寒い日でも最後まで熱々の料理を食べてもらいたいと、お皿での提供から熱々の鉄板での提供へチェンジ。こうしてスパカツのスタイルが確立しました。

    レストラン泉屋のスパカツ。お好みで粉チーズやタバスコもどうぞ

    レストラン泉屋のスパカツ。お好みで粉チーズやタバスコもどうぞ

    1960年代の釧路には洋食店がほとんどなく、当時の釧路市民にとってスパゲティは珍しい食べ物。熱々で美味しい、スパゲティを味わえる、人気のトンカツも食べられると、洋食文化の最先端だったレストラン泉屋には連日釧路市民が押し寄せ、スパカツは一気に釧路のソウルフードになりました。
    そのためか、釧路ではスパゲティといえば鉄板に盛っているもの、スパゲティにはカツがのっているもの、という考え方が長らくスタンダートだったそうですよ。

    カツやスパをソースにからめ、熱々をハフハフしながらいただきます!

    カツやスパをソースにからめ、熱々をハフハフしながらいただきます!

    レストラン泉屋には今も市民のほか観光客が多数訪れ、来店者の半分以上はスパカツをオーダーするのだとか。釧路のグルメを語る上では絶対外せないスパカツ。釧路へ行ったらぜひ食べておきたいソウルフードです。

    レストラン泉屋
    住所
    北海道釧路市末広町2-28
    電話番号
    0154244611

    みなさんは釧路へ訪れたらどの名物グルメを食べてみたいですか?朝、昼、晩と一日ですべて制覇することも可能ですよ。釧路へ行くならお腹をすかせて行かないと!地元のソウルフードを満喫しましょう♪

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

新着記事

cntlog