北海道の美瑛へ行くならここは絶対訪れたい!絶景ドライブルート

どこまでも続くなだらなか丘の風景と、水面が青く見える不思議な池「白金青い池」などが有名な北海道美瑛町。どこを訪れても絵になる風景がいっぱい!今回は白金青い池を起点に、雄大な美瑛の絶景をいくつか巡るドライブルートを紹介します。

  • 白金青い池

    「なぜこんなに青いの?」「こんな幻想的な青色が自然界にあるなんて!」などと、きっと誰もが不思議に感じる白金青い池。通称で青い池と呼ばれることが多く、国内外から観光客が訪れる有名人気スポットです。

    旭川空港から車で30~40分、美瑛駅からなら車にて20分程度で白金青い池の駐車場へ到着。ただ、土日や7、8月頃は駐車場待ちの列が続くことも。混み合う可能性がある日中や午後よりも、午前中早めに訪れるほうがベターです。また、ここはトイレや売店などは一切ないのでご注意を。

    • 駐車場から2、3分砂利道を歩き階段を数段降りると、池を見下ろせる散策路があります
      駐車場から2、3分砂利道を歩き階段を数段降りると、池を見下ろせる散策路があります

    散策路に降り立っただけでも「「うわ~、青い!」と感じますが、散策路の奥へ行くとより青く輝いている様子を眺められますよ。歩いて数分なので、ぜひ奥まで行ってお気に入りの場所を探してみて♪

    • 散策路途中にあるこの場所は絶好の撮影スポット!
      散策路途中にあるこの場所は絶好の撮影スポット!

    実はこの池、もともとは観光スポットではありませんでした。防災のため近くを流れる美瑛川を横切るように堰堤を作ったところ、堰堤が川の周囲の白樺林の奥まで続いていたため、川の水が木々の間へ浸水して池のように水がたまったのです。これが、白金青い池ができた経緯です。

    • 池の中に立ち枯れた木々があるのは堰堤によって林の中に水がたまったため。これも絵になりますね♪
      池の中に立ち枯れた木々があるのは堰堤によって林の中に水がたまったため。これも絵になりますね♪

    では、なぜこんなに青い色をしているのでしょう?
    明確な理由は解明されていませんが、有力な説として、美瑛川の上流で合流する硫黄沢川にアルミニウムなどの鉱物が混ざっているためではないか、と言われています。アルミニウムなどは水に混ざり合う時にコロイドと呼ばれる成分が作られるのですが、このコロイドが太陽光にあたると青く見えるそうです。

    • 写真を見ても現地に行って肉眼で見ても青く見えます。ちょっと不思議!?
      写真を見ても現地に行って肉眼で見ても青く見えます。ちょっと不思議!?

    では、次に美瑛川の上流、青い川を眺めに行ってみましょう!見学するのにベストな場所は、白金温泉地区にある「しらひげの滝」です。

  • しらひげの滝

    白金青い池から白金温泉方面に向かって車で約5分。温泉街の一角に「しらひげの滝」があります。
    深い谷底を流れる美瑛川の上をまたぐように橋があり、この橋の上が見学ポイント。岩盤の間から勢いよく噴き出す地下水が、川に流れ落ちる様子を見下ろせます。滝まで見下ろす距離は少しありますが、落差約30mの滝はなかなか迫力あり!

    • 川の色が青白く、川の中にある岩も白っぽく変色しています
      川の色が青白く、川の中にある岩も白っぽく変色しています

    白金青い池が青く見えると言われる大元が、このしらひげの滝に流れ落ちる水や、この少し上流に流れ込む川。明確に断定されているわけではありませんが、この付近一帯が神秘の青色を生み出す源です。
    ちなみに、滝の方角と反対側の橋の下を眺めてみると、川の青さがより際立って見えますよ。

    • 橋の下には青い川!通称ブルーリバーとも呼ばれています
      橋の下には青い川!通称ブルーリバーとも呼ばれています

    山間にある渓流の不思議な光景を楽しんだら、今度はなだらかな丘と牧歌的な風景を楽しみに行きましょう!

  • 新栄の丘展望公園

    この次に紹介するのは、なだらかな丘の風景を楽しめる美瑛の代表的な展望スポット「新栄の丘展望公園」。しらひげの滝からは美瑛町の街中方面へ戻るように進み、車で25~30分で行くことができます。

    • 駐車場がありトイレもあるので、気軽にゆったり絶景鑑賞を!
      駐車場がありトイレもあるので、気軽にゆったり絶景鑑賞を!

    視界が開けた丘の上にある展望公園。駐車場脇には眺望スペースがあり、ここから丘の上に広がる畑や林の風景を眺めることができます。

    • いかにも北海道!という風景が広がります
      いかにも北海道!という風景が広がります
    • ひまわりが一斉にこちらを見ているみたい(*^_^*)
      ひまわりが一斉にこちらを見ているみたい(*^_^*)

    ここは夕日の名所としても有名。天気が良い日は茜色に染まる空と大地がとってもステキですよ。
    いっぽう、駐車場から道路を渡った反対側の風景も必見!これがまた絶景なんです!

    • 広々~!丘の真ん中にポツンと建つ赤い屋根の家がいいアクセント
      広々~!丘の真ん中にポツンと建つ赤い屋根の家がいいアクセント

    こちらには展望スペースはないので道路脇から見学。畑は農家さんの私有地なので決して入らず、車に気を付けながら見学しましょう。

    美瑛町内を車で走っているとさまざまな場所で絶景に出会いますが、ここから安心して車を停めて見学できます。ここはまさに絶景!空を流れる雲の影が広~い大地をゆっくり横切っていくのが見えるくらい、視界が開けて雄大な風景を楽しめますよ。

    このあとは、絶景とともに絶品スイーツを楽しめるスポットへ!

  • 美瑛放牧酪農場(美瑛ファーム)

    美瑛の絶景巡りでぜひ訪れたいオススメの場所が、美瑛放牧酪農場(美瑛ファーム)です。新栄の丘展望公園からは車にて15分程度で行くことができます。

    ここは乳牛を放牧している牧場。なだらかな丘の上に広がる牧草地で草をはむ牛の姿を眺められるうえ、ここで育った牛のお乳で作ったソフトクリームや牛乳、飲むヨーグルトなどを楽しめるんです!

    • 広々とした牧草地に牛がたくさん!絵になります♪
      広々とした牧草地に牛がたくさん!絵になります♪

    一般的に思い浮かぶ乳牛の姿は白と黒のまだら模様のホルスタイン牛ですが、ここで飼育されているのは、茶色いジャージー牛とブラウンスイス牛が大半。しかも、牛にストレスを与えず牛本来の行動ができるようにと、放牧して飼育しているのです。
    そのため、ここで絞る生乳は脂肪分が多めで濃いんです。その生乳から作ったソフトクリームなどは絶品!

    • 生乳に砂糖以外加えていないソフトクリーム。ミルキーでコクがあります♪脂肪分多めなので早く撮らないと溶けちゃう!
      生乳に砂糖以外加えていないソフトクリーム。ミルキーでコクがあります♪脂肪分多めなので早く撮らないと溶けちゃう!

    屋内の販売スペースの向かいにある椅子とテーブルで食べてもよいのですが、天気がよい日は屋外のベンチに座って、遠くの牛たちを眺めながら食べるのもよいですよ。

    • 生乳の風味を生かすため63℃30分間の低温で殺菌している牛乳と、甘みと酸味がほどよくトロッとした飲むヨーグルト、卵不使用のプルップルなミルクプリン
      生乳の風味を生かすため63℃30分間の低温で殺菌している牛乳と、甘みと酸味がほどよくトロッとした飲むヨーグルト、卵不使用のプルップルなミルクプリン

    どれもこれも美味しすぎます!ドライブ途中の軽いひと息にピッタリ♪
    牧場内は一部が散策できるようになっているので、ソフトクリームなどを食べたら軽く散策するのもオススメ!

    • 牧場の中を歩いているだけでも絵になります!
      牧場の中を歩いているだけでも絵になります!
    • 牧草地の中の散策路では、こんなに近くへ牛が寄ってくることも!カワイイ~♪
      牧草地の中の散策路では、こんなに近くへ牛が寄ってくることも!カワイイ~♪

    牧場のゆるい坂道を上がると、丘の上にはベンチが。ここからは四方360度見渡せ、眼下に牧草地、遠くにはゆるい起伏の大地がどこまでも続いている様子を眺められます。

    • まるでここは私たちの特等席!絶景を独り占め♪
      まるでここは私たちの特等席!絶景を独り占め♪

    小腹も満たされ開放感と爽快感いっぱいの牧場。日々の忙しさを忘れ、いつまでもここでのんびりしていたくなるような気分になること、間違いありません!

  • いかがでしたか?

    美瑛ドライブ、いかがでしたか?どのルートを通っても、どこを訪れても絵になる場面がいくつもあります。道路沿いの多くは畑など農家さんの私有地なので入ることはできませんが、展望公園や観光施設なら安心して絶景を楽しめます。
    アナタ好みの場所とお店に出会えるといいですね♪絶景の美瑛へ、行ってらっしゃい!

  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

新着記事

cntlog