NAVITIME Travel

登別温泉へ行ったら絶対行きたい!名所・観光スポットはここ!

北海道の温泉天国、登別温泉へ行ったらみなさん温泉入浴を楽しみますよね?でも、温泉宿で楽しんだらあと何しよう!?と思っているみなさん、すぐ近くに見どころや遊べるスポットはいっぱいありますよ!ここでは、登別温泉街から歩いて行くことができる範囲で、見どころや観光スポットをいくつか紹介しますね。これから登別温泉へ行こうと思っているみなさん、参考にどうぞ!

登別温泉周辺のを訪れたら外せない観光スポット

目次

  • 登別地獄谷

  • 鉄泉池(てっせんいけ)

  • 大湯沼・奥の湯

  • 大湯沼川天然足湯

  • 温泉街の鬼めぐりと閻魔堂

  • のぼりべつクマ牧場

  • 登別地獄谷

    登別温泉周辺の観光といえば、ここは絶対外せません!登別温泉へ訪れた人の恐らくほとんどの人が、ここへ立ち寄るのではないでしょうか。

    登別温泉観光の定番記念撮影スポット。温泉街から徒歩圏内、一番近いホテルからだと3分程度です

    登別温泉観光の定番記念撮影スポット。温泉街から徒歩圏内、一番近いホテルからだと3分程度です

    ここは登別温泉の源。さまざまな種類の泉質が1日1万トン以上もここから湧出していて、温泉街のホテルや旅館などに給湯されています。

    噴火口跡なのですり鉢状にくぼんだ谷間には草木がなく、一面むき出しの灰白色や赤茶色の岩

    噴火口跡なのですり鉢状にくぼんだ谷間には草木がなく、一面むき出しの灰白色や赤茶色の岩

    谷に沿って無数にある噴気孔や湧出口からは水蒸気や熱水が噴き出していて、ブクブクと泡を立てて煮えたぎる様子が、鬼が棲む地獄のようだ、と言われるようになりました。
    そのためここは登別地獄谷と命名され、登別温泉街やその周辺には「鬼」をモチーフにしたカワイイ像などがいっぱいあります♪

  • 鉄泉池(てっせんいけ)

    地獄谷のほぼ中央には、鉄泉池という間欠泉があります。時折ブクブクッと豪快に熱湯が湧き出す、まさに地獄の湯釜のようなスポットです。
    鉄泉池までは、登別地獄谷の看板がある記念撮影スポットから散策路があります。片道10分程度で行くことができるので、ぜひお気軽に♪

    地獄谷へ続く散策路。地獄の底!?行ってみますか?

    地獄谷へ続く散策路。地獄の底!?行ってみますか?

    夜は足元に照明が灯されちょっとミステリアスな雰囲気♪

    夜は足元に照明が灯されちょっとミステリアスな雰囲気♪

    地獄の底へと続く散策路は、三途の川ならぬ、灰白色に染まった温泉が流れる川も渡ります

    地獄の底へと続く散策路は、三途の川ならぬ、灰白色に染まった温泉が流れる川も渡ります

    散策路の終点が鉄泉池。池を囲むように見学スペースがあります。熱湯がたまっている小さな池なのですが、突如ブクブクブクッと池が盛り上がるように熱湯が湧きだしてくるんです!

    湯煙を上げてブクブクッと煮えたぎる様子は迫力あり!

    湯煙を上げてブクブクッと煮えたぎる様子は迫力あり!

    湯が湧き出るタイミングは不定期。数分で湧き出すこともあれば30分経っても湧き出さないこともあります。湧き出すか否かは行ってみて次第!あなたの運次第かも!?

  • 大湯沼・奥の湯

    登別温泉には、地獄谷以外にも温泉の源となっている地区あります。それがこちらです!

    灰黒色をしている「大湯沼」と、噴煙があがる日和山

    灰黒色をしている「大湯沼」と、噴煙があがる日和山

    大湯沼は周囲約1㎞の沼で、沼底から硫黄泉が噴き出しているそうです。ここは巨大な天然温泉!?と思いきや、噴き出している温度はなんと約130度!表面温度でも40~50度はあるそうです。間違っても飛び込まないように…!
    沼の畔に駐車場と見学できるスペースがあります。硫黄の匂いがぷ~んと漂ってきますよ。

    駐車場を挟んで大湯沼と反対側にも同じく高温の硫黄泉が噴き出す沼があります。

    沼底から灰黒色の硫黄泉が噴き出す沼、「奥の湯」

    沼底から灰黒色の硫黄泉が噴き出す沼、「奥の湯」

    奥の湯は表面温度が75~80度も!見学スペースに立っているだけでも硫黄の匂いとともに、もうもうと立ち上がる湯気で熱さが伝わってきます。もちろん入浴どころか沼に手を入れるだけでも大やけどをするので、くれぐれも手を入れたりしないよう、ご注意を。

    この2つの沼は日和山が爆発してできた火口跡にできた湯の沼。地獄谷とともに名湯・登別の湯の源の一つで、ここからも一部の温泉ホテルや旅館へと給湯されているそうです。

    ここの駐車場までは温泉街から車で5~10分程度。地獄谷からトレッキングコースもあり、歩いて20~30分で行くことができますよ。

  • 大湯沼川天然足湯

    熱湯が噴き出す大湯沼や奥の湯などは天然温泉の沼ですが、もちろん入浴できず眺めるだけ。
    でも、温泉が流れる川で足湯を楽しめる場所があるんです!

    温泉が流れる川が足湯スポットに!

    温泉が流れる川が足湯スポットに!

    こちらは、「大湯沼川天然足湯」というスポット。大湯沼や奥の湯、さらに大正地獄という高温の湯が湧き出る沼から湧き出した温泉などが流れてくる川で、ここがちょうどよい湯加減なんです!この川の畔では、天然の足湯を楽しめちゃうんです♪

    川の淵はウッドデッキになっていて、ここに腰かけて足湯を楽しめるんです!

    川の淵はウッドデッキになっていて、ここに腰かけて足湯を楽しめるんです!

    硫黄の匂いがふんわり漂う天然温泉の川。自然の中でこんな足湯を楽しめるなんてとっても贅沢♪かなり貴重な体験ですよ!

    大湯沼川天然足湯のすぐ近くには道路や駐車場がありませんが、大湯沼の駐車場から歩いて10~20分程度。温泉街からも10~30分程度(ホテルの場所による)で歩いて行けますので、森林浴ついでの休憩スポットにピッタリです!

    登別地獄谷
    住所
    北海道登別市登別温泉町
    電話番号
    0143-84-3311
    備考
    【電話】0143-84-3311
    【URL】http://www.noboribetsu-spa.jp/?see=jigokudani2
  • 温泉街の鬼めぐりと閻魔堂

    今までは温泉の源をめぐってきましたが、今度は温泉の鬼めぐり!

    登別温泉街やその周辺では、「鬼」をモチーフにした像やイラストを各所で見かけます。なぜなら、登別温泉には湯の守り神「湯鬼人(ゆきじん)」がいるからなんです。

    温泉街のメインストリート「極楽通り商店街」とその周辺には、ちょっと可愛らしい鬼の石像が各所にあります。それぞれ恋愛や商売、勉学を願う鬼。願いを叶えに巡ってみませんか?

    商店街の中ほどにある石像。仲良く2体並んだこちらは恋愛成就を願って♪

    商店街の中ほどにある石像。仲良く2体並んだこちらは恋愛成就を願って♪

    日帰り入浴施設「さぎり湯」入口にある石像。無病息災、諸病平癒を!

    日帰り入浴施設「さぎり湯」入口にある石像。無病息災、諸病平癒を!

    温泉街の周囲には、ちょっとリアルな鬼の像もかまえています。

    親子の鬼像。大湯沼川天然足湯へ向かう道路の途中にあります

    親子の鬼像。大湯沼川天然足湯へ向かう道路の途中にあります

    記念撮影スポットとして人気の赤鬼と青鬼の像。泉源公園の向かいにあります

    記念撮影スポットとして人気の赤鬼と青鬼の像。泉源公園の向かいにあります

    さらに、鬼を従える閻魔様もいます!
    こちらは極楽通り商店街沿いにある「閻魔堂」。温泉のシンボル的な存在の閻魔大王が鎮座しています。

    やわらかい表情の閻魔大王

    やわらかい表情の閻魔大王

    ただ、1日に数回だけ、閻魔大王の表情が一変!

    「地獄の審判」という時間になると、このように怖~い表情に!

    「地獄の審判」という時間になると、このように怖~い表情に!

    人間の悪事を裁くために恐ろしい表情に変わるのだとか。
    からくり人形の閻魔大王。表情が変わるタイミングになると、多くの観光客が集まる名物スポットです。登別温泉へ行くならお参り気分で立ち寄ってみてはいかが?

    閻魔堂
    住所
    北海道登別市登別温泉町
    電話番号
    0143-84-3311
    備考
    【上演時刻】10:00、13:00、15:00、17:00、20:00、21:00※天候により閻魔堂を閉めることがあります。
    【URL】http://www.noboribetsu-spa.jp/?see=%E9%96%BB%E9%AD%94%E5%A0%82%EF%BC%88%E3%81%88%E3%82%93%E3%81%BE%E3%81%A9%E3%81%86%EF%BC%89
  • のぼりべつクマ牧場

    迫力あるヒグマを眺めに行ってみませんか?登別温泉街の南東側にある通称「クマ山」と呼ばれている山の上に、「のぼりべつクマ牧場」があります。温泉街の中心部からロープウェイに乗って約7分。気軽に行くことができますよ

    ロープウェイ山麓駅から高速ゴンドラが約15秒間隔で出発

    ロープウェイ山麓駅から高速ゴンドラが約15秒間隔で出発

    ここでは、ヒグマが放し飼いにされているエリアの真ん中に出るスリル満点の「人のオリ」や、おねだりするヒグマに餌をあげる体験などを楽しめます。

    なんと2本足で立ち上がり「ちょうだ~い」と手招きするようなそぶりを♪

    なんと2本足で立ち上がり「ちょうだ~い」と手招きするようなそぶりを♪

    2本足で立ったり寝そべったり、さまざまなポーズをして餌をおねだりしますよ

    2本足で立ったり寝そべったり、さまざまなポーズをして餌をおねだりしますよ

    鉄製の木の上まで登ってきておねだり!器用ですね

    鉄製の木の上まで登ってきておねだり!器用ですね

    タイミングがよければ可愛らしい子グマがじゃれ合う姿を眺められることも♪

    じゃれ合う子グマ、いや~!ぬいぐるみみたい♪

    じゃれ合う子グマ、いや~!ぬいぐるみみたい♪

    モデル張りにおねだりポーズを決めるヒグマや可愛らしい子グマを眺めに行ってみませんか?ヒグマ専門の博物館やアイヌ民族の生活様式を再現したユーカラの里などもあるので見どころもいっぱいありますよ。

    のぼりべつクマ牧場
    住所
    北海道登別市登別温泉町224
    電話番号
    0143-84-2225
    備考
    【URL】http://bearpark.jp/

    今回紹介したスポットはどれも登別温泉から歩いて行くことができるものばかり。湯めぐりとともに見学したり体験してみたり、お出かけしてみませんか?

    登別温泉
    住所
    北海道登別市登別温泉町
    電話番号
    0143-84-3311
    備考
    【URL】http://www.noboribetsu-spa.jp/
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの記事(旅行の目的別)

アクティビティ
もっと見る
動物
もっと見る
名所
もっと見る
温泉
もっと見る

おすすめの記事(エリア別)

もっと見る

新着記事

もっと見る