NAVITIME Travel

札幌でお菓子のテーマパーク「白い恋人パーク」はゼッタイ外せない!

札幌市内にある「白い恋人パーク」は、バラやイルミネーションに囲まれたお菓子のテーマパーク。園内は絵になるスポットが多すぎて写真撮りまくり!自分だけの白い恋人を作ってみたり、ここでしか食べられないスイーツを味わったり、大人も子どもも楽しめます。カメラやスマホを片手に、スイーツやお菓子に囲まれた一日を過ごしませんか?

  • 欧風のメルヘンチックな建物が目をひきます

    欧風のメルヘンチックな建物が目をひきます

    白い恋人パークは、札幌市営地下鉄・東西線の宮の沢駅から歩いて約7分。到着したら誰もが「うわぁ~、キレイ~♪」「カワイイ~♪」と声をあげること間違いなし! 春から秋はバラなどの花々が咲き乱れ、冬はイルミネーション光り輝いているんです!
    絵になる場面が多く写真を撮りまくりたいところですが、まず先に、クローズ時間が早い施設もある館内に入って楽しみましょう。

  • 館内でスイーツ・お菓子三昧!

    建物に入ってすぐあるのが、白い恋人をはじめバウムクーヘンなどを買うことができる「ショップ・ピカデリー」があります。白い恋人パーク限定のスイーツもあるので要チェック!

    ショップ・ピカデリーでお土産を品定め。もちろん全国発送もOK

    ショップ・ピカデリーでお土産を品定め。もちろん全国発送もOK

    「ショップ・ピカデリー」の向かいにはキャンディ実演も見学できる「キャンディ・ラボ」もあります。フルーツ模様やストライブ柄、文字など、さまざまな色・断面のキャンディはもはや芸術品!なんでこんな形ができるの!?と驚いちゃいます。

    キャンディづくりのパフォーマンスをガラス越しに眺められます

    キャンディづくりのパフォーマンスをガラス越しに眺められます

    このあとは、工場見学コース(有料館内)へ行ってみましょう。

  • 白い恋人って、こうやって作っているのね

    工場見学コースの入口、チケットカウンターで入館料と引き換えに「入館パスポート」を受け取り、順路に沿って見学します。
    注目は、白い恋人の製造ライン!

    白い恋人を作る様子が、3階の見学通路から眺められます

    白い恋人を作る様子が、3階の見学通路から眺められます

    焼きたてのクッキーにチョコレートをサンドする様子のほか、賞味期限の印字や個包装をする場面など、一連の工程を眺めることができます。

    「うわ~!美味しそう~♪」ずらーっと並んだ焼きたてのラング・ド・シャ

    「うわ~!美味しそう~♪」ずらーっと並んだ焼きたてのラング・ド・シャ

    白い恋人の製造ラインを眺められるほか、19世紀のチョコレート工場の様子を紹介するコーナーや、100年以上前にヨーロッパの貴族の間で使われていたチョコレートカップのコレクションのコーナーなどもあります。

  • 世界で一つだけの「白い恋人」を作ってみませんか?

    有料館内には「お菓子作り体験工房」があり、約14cmハート型の「私の白い恋人」作りや「型抜きクッキー」などのお菓子作りを楽しめます。

    「私の白い恋人」作りは、チョコレートのペンを使ってハート型の白い恋人に絵や文字を描き、作った白い恋人を持ち帰ることができる体験。

    アナタの絵心とセンスが試されます(笑)。さて、出来栄えはいかに!?

    アナタの絵心とセンスが試されます(笑)。さて、出来栄えはいかに!?

    絵を描いたら、最後に特製の袋と箱に入れます

    絵を描いたら、最後に特製の袋と箱に入れます

    世界で一つだけの作品、食べちゃうのがもったいないかもしれませんね。これは間違いなくいい思い出になりますよ~!

  • もちろんスイーツタイムも外せない!

    館内の4階には、イギリス製のアンティーク家具に囲まれたカフェ、「チョコレートラウンジ」があります。

    チョコレートラウンジの大きな窓の外には「札幌からくり時計塔」や「宮の沢白い恋人サッカー場」が見え、遠くには山並が広がります

    チョコレートラウンジの大きな窓の外には「札幌からくり時計塔」や「宮の沢白い恋人サッカー場」が見え、遠くには山並が広がります

    ここではISHIYAオリジナルのパフェやソフトクリーム、チョコレートドリンクやチョコレートフォンデュなど、美味しそうなスイーツがいっぱい!どれにしようか迷っちゃいそう~。
    もし数人で訪れるなら、みんなでシェアして食べるがベスト!

    ここでしか味わうことができないオリジナルのチョコレートフォンデュ。ジャンドゥーヤ風味のチョコレートにフルーツや「白いバウムTSUMUGI」などを絡めていただきます

    ここでしか味わうことができないオリジナルのチョコレートフォンデュ。ジャンドゥーヤ風味のチョコレートにフルーツや「白いバウムTSUMUGI」などを絡めていただきます

    どれにしようか悩んでしまう人は「白い恋人パフェ」を!「白い恋人ソフトクリーム」に白い恋人」をトッピングし、中にはしっとり柔らかい「白いバウムTSUMUGI」やサクッとした食感の「美冬(みふゆ)」のパイも入っています。人気スイーツやお土産の定番お菓子を一度に楽しめるパフェ、これは必食!

    白い恋人パフェ。これは最強!一度にいろんなスイーツを楽しめます

    白い恋人パフェ。これは最強!一度にいろんなスイーツを楽しめます

  • 夏はバラなどの花々に、冬はイルミネーションに包まれる園内はキレイすぎる!

    館内でスイーツをたっぷり楽しんだら、彩りやきらめきが溢れる館外で写真撮影タイム。
    春から秋にかけては、中庭にあるローズガーデンにバラなどの花々が咲き乱れ、雪景色に変わる冬は、中庭を中心に約11万球ものあかりが灯るイルミネーションが!

    200種以上ものバラが咲くローズガーデンは美しすぎ!ふんわりいい香りが漂ってきます

    200種以上ものバラが咲くローズガーデンは美しすぎ!ふんわりいい香りが漂ってきます

    レンガが敷き詰められた英国風のお庭には、バラなどの花々や噴水など、絵になる場所がいっぱい

    レンガが敷き詰められた英国風のお庭には、バラなどの花々や噴水など、絵になる場所がいっぱい

    冬は日没頃から楽しめるイルミネーションが必見!北海道は国内各地に比べて冬の日没時間が早いので、冬至の頃は16時くらいに日が沈みます。“3時のおやつ”の気分で少し早めに訪れて待ち構えていれば、夕暮れ時のキレイな写真が撮れるかもしれませんよ。

    真っ暗になる前、このくらいの色あいの時間はわずかですけど、キレイな絵になること間違いなし!

    真っ暗になる前、このくらいの色あいの時間はわずかですけど、キレイな絵になること間違いなし!

    日がとっぷり落ちた後でもキレイすぎます!

    日がとっぷり落ちた後でもキレイすぎます!

    メインツリーやきらきら輝くトナカイとソリのオブジェなど、撮影スポットが随所にあります

    メインツリーやきらきら輝くトナカイとソリのオブジェなど、撮影スポットが随所にあります

  • 冬限定!プロジェクションマッピングショーでテンションさらにアガる!

    冬の夜は光り輝くイルミネーションのほか、光と音と映像で体感できる「スイーツドリームイルミネーション」も必見!
    ※スイーツドリームイルミネーションへの入場は有料です。

    プログラムは2つ。1つ目は氷を使わない特殊なスケートリンクでスケートを楽しめる「スイーツスケートファンタジー」。

    雪の結晶や星形、キャンディなどの模様が動きながら光り輝くリンクの上を、専用の靴を履いて滑ります

    雪の結晶や星形、キャンディなどの模様が動きながら光り輝くリンクの上を、専用の靴を履いて滑ります

    もう1つは、シーズン中は北海道コンサドーレ札幌の練習場と見学スペースとなる場所で開催される「スイーツプロジェクションマッピングシアター」。
    サッカーのフィールドにオリジナルの物語がプロジェクションマッピングで投影されるだけではなく、映像に合わせてパフォーマーが登場するほか、時折スモークが出たり甘い香りが会場内に漂ったりするんです!

    プロジェクションマッピングとともにライブやミュージカルを鑑賞している気分!

    プロジェクションマッピングとともにライブやミュージカルを鑑賞している気分!

    それだけではありません。
    入場時に手渡されたキャンディスティックが、時折映像に合わせて赤色や黄色にピカピカっと光ります。それを片手にパフォーマーと一緒に左右へ振ったり投げるポーズをしたり、会場が一体になって盛り上がるんです。

    子ども向けのストーリーで約15分のショーですが、恥ずかしがらずに素直に参加しちゃえば、終わった頃にはテンションかなりアガッていること間違いなし!自分が物語に入り込んだ気分です。冬に訪れたらこれは必見!


    見て遊んで味わえるお菓子のテーマパーク。メルヘンチックな世界観と絵になる空間と雰囲気がとーっても可愛らしく、帰る頃には心の中がちょっぴりときめいちゃいます。
    白い恋人パーク、楽しすぎて美味しすぎてキレイすぎます。札幌へ訪れたらゼッタイ訪れるべし!

    白い恋人パーク
    住所
    北海道札幌市西区宮の沢2条2-11-36
    電話番号
    0116661481
    備考
    【営業時間・補足情報】施設内店舗により異なるため詳細は公式ホームページにてご確認ください
    【料金・補足情報】中庭やショップ・ピカデリーなどは無料(スイーツドリームイルミネーションや工場見学コースは有料。詳細は最新情報を公式ホームページでご確認ください)
    【URL】http://www.shiroikoibitopark.jp/
  • Facebookでシェアする
  • Twitterでシェアする

おすすめの新着記事