12月31日は「大晦日」。除夜の鐘を鳴らして煩悩を払おう


2015.12.31

NAVITIME TRAVEL EDITOR

12月31日は「大晦日」です。月の最後の日を「晦日(みそか)」といいます。年の最後の日なので「大晦日」と呼ばれます。大晦日に「除夜の鐘」を聞きに行く方も多いはず。「除夜の鐘」は人間の煩悩の数(108回)だけ鐘をつき、煩悩を払うという説が有名です。鐘の音を聞くだけでも心が引き締まりますが、自分で鐘をついてみるとまた違った気持ちで新年を迎えられるのではないでしょうか?今回は、除夜の鐘をつくことができる場所をご紹介します。

  • 01

    築地本願寺

    築地本願寺では、大晦日当日の23時の法要後に、除夜の鐘をつくための整理券が配られます。法要参拝者だけが対象なので、23時に本堂で法要に参拝してください。こちらのお寺は、浄土真宗の教えで、おみくじや絵馬はないですが、本堂でパイプオルガンが演奏されます。長く安定した独特の音色は、新たな新年を迎えるにはもってこいですよ。

    photo By Hideyuki KAMON from flickr

    【施設名章】 築地本願寺
    【住所】東京都中央区築地3-15-1
    【電話番号】03-3541-1131
    【開門時間】4月~9月 6:00~17:30 10月~3月 6:00~17:00 大晦日は終日開門
    http://tsukijihongwanji.jp/

この記事を含むまとめ記事はこちら