「星のや東京」で新たな東京に出会う旅へ! 宿泊者限定の催しを体験した


2021.08.07

マイナビニュース

コロナ下で注目を浴びる、ご近所旅マイクロツーリズム。近場であってもせっかくならいつもとは違う非日常を体験したい。東京・大手町の日本発ラグジュアリーホテル「星のや東京」を訪れた。
○オフィス街にそびえる「塔の日本旅館」
星野リゾートが2016年7月、「塔の日本旅館」をコンセプトに開業した星のや東京。地下2階・地上17階のまるごと一棟で84室を展開する星のや初の都市型旅館だ。
オフィス街のど真ん中にそびえる、江戸小紋のモチーフでデザインされた外観。木扉の先へ足を踏み入れると、そこは白檀のやさしい香りが漂う旅館空間。玄関で靴を脱ぎ、畳に上がる。館内はほぼ畳敷きでつながっている。
○江戸東京の情緒を感じられる催しが続々
同館では、宿泊者向けに年間を通してさまざまな催しを用意。たとえば、高層ビルの屋上で剣術稽古を行う「天空朝稽古」、貸切船の上で神田、日本橋、人形町の老舗の味を楽しむ「お江戸のご褒美舟あそび」(8月20日〜)、「お江戸マイスター」による旅の提案サービス(8月20日〜)など。江戸東京の情緒を感じられる体験が次々と企画されている。
訪れた日は、江戸時代に発展した文化にルーツのある老舗が日替わりで東京の魅力を発信する「お江戸・文化の祭典」が開催されていた。卓越技能者「現代の名工」・福田隆氏が代表を務める日本橋の「龍工房」による、ゆび組紐(くみひも)体験に参加した。
まずは解説を聞き、組紐の奥深い世界に触れる。組紐とは複数の糸を組み合わせて作ったひもで、着物の帯締などで知られている伝統工芸品。
龍工房は、映画『君の名は。』(2016年)のキーアイテムの再現商品、「ラグビーワールドカップ 2019」のメダルリボン、「エルメス大丸心斎橋店」の店舗ディスプレイを手がけるなど、さまざまな分野で作品を発表している。
現代では組み台を使って組むのがメインだそうだが、江戸後期前まで先人たちが行ってきたというゆび組紐を体験した。一つひとつ丁寧に指導を受けながら指を動かす。ほんの少しでも指がおぼえる感覚を味わえるのは達成感があった。
恥ずかしながら体験前は組紐が何なのかさえ知らなかったのだが、東京の伝統文化を一つ知って、新たな世界が開けた貴重な機会だった。
○日本文化を満喫できる客室と天然温泉
星のや東京の気になる客室も特別に見せてもらった。客室は、定員2名の「百合」(ダブル)・「桜」(ツイン)と定員3名の「菊」の3タイプ。
各客室階に設けられた「お茶の間ラウンジ」は団欒の場として24時間利用できる。
最上階17階には地下1,500mから湧き出る天然温泉「大手町温泉」の湯を引いた露天風呂と内風呂、同じフロアにスパもある。食事もダイニングでの夕食のコース料理「Nippon キュイジーヌ」(1名2万1,780円/サービス料込み)のほか、部屋食も豊富に用意されている。
すべてが宿泊者限定。1泊10万2,000円〜(1室あたり、サービス料込み、食事別)とお値段もハイクラスだが、東京にいながら遠くまで旅に出かけたような時間が過ごせそうだ。まだ知らない東京に出会える旅。とっておきの行き先の候補に入れてみてはいかがだろうか。 

read-more
星のや東京
rating

4.5

476件の口コミ
place
東京都千代田区大手町1丁目9番1
phone
0570073066
すべて表示arrow

1泊優待(食事別)15%OFF

¥37,643

arrow icon

2021/11/04 チェックイン(2名1室)※1泊1名あたりの料金   更新日:2021/10/24

この記事を含むまとめ記事はこちら