阪神電車の第2弾「Go! Go! 灘五郷!」トレイン公開、車内に菰樽も!?


2020.10.16

マイナビニュース

阪神電気鉄道は12日、運行開始に先立ち、「Go! Go! 灘五郷!」の第2弾となるラッピングトレインを甲子園駅で報道公開した。2017年に実施した第1弾とは異なるデザインとなっており、かわいらしい装飾が報道関係者らの目を引いた。
同社は「灘五郷」の魅力をPRするため、2017年にラッピングトレイン「Go! Go! 灘五郷!」第1弾をデビューさせた。今回はその第2弾となる。
ラッピングのテーマとなった「灘五郷」は、兵庫県神戸市・西宮市にある「西郷」「御影郷(みかげごう)」「魚崎郷」「西宮郷」「今津郷」の総称であり、日本を代表する酒どころとして知られる。それぞれの地域に多くの蔵元があり、資料館での試飲や工場見学も可能。今年度、「灘の酒」「灘五郷」を含むストーリーが文化庁の日本遺産に認定されたことから、PRにも力が入っている。
第2弾の「Go! Go! 灘五郷!」トレインは、第1弾と同様、阪神電気鉄道の車両1000系1編成(6両編成)にラッピングを施した。ラッピングのデザインは車両ごとに異なり、中間車4両は日本の四季も意識しているという。
興味深い点は、各所に猫のイラストが描かれていることだ。第1弾に続いてラッピングデザインを担当したイラストレーター、山口哲司氏によれば、「日本酒の原料は米、米を食べるのはねずみ。(ねずみを食べる)猫は『お酒を守る』意味合いがある」という。車体側面を眺めると、さまざまな表情の猫が描かれているので注目してほしい。運転台付近に描かれた「灘は日本一の酒どころ」のロゴもよく目立つ。
車内においては、第1弾でも好評だったミニチュア菰樽が付いたオリジナルの吊り革が設置されている。菰樽のデザインは、「灘五郷」にある25の酒蔵のラベルと、「Go! Go! 灘五郷!」ロゴ等(7種類)の計32種類。日本酒好きも大いに楽しめることだろう。
第2弾の「Go! Go! 灘五郷!」トレインは10月13日から運行開始し、約2年間の運行を予定している。阪神本線、阪神なんば線、神戸高速線をはじめ、相互直通運転を行う山陽電気鉄道本線や近鉄奈良線でも運行される。運用予定は非公開とのこと。 

read-more
甲子園
place
兵庫県西宮市甲子園六番町
すべて表示arrow

この記事を含むまとめ記事はこちら