秋葉原の魅力と文化を体験! 「NOHGA HOTEL」がオープン


2020.08.27

マイナビニュース

野村不動産グループの野村不動産ホテルズは、NOHGA HOTEL(ノーガホテル)の2号店となる直営ホテル「NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO」を9月1日にプレオープンする。オープンに先駆け、8月20日に記者会見を開催した。
○コロナ対策も視野に入れた新ホテル
NOHGA HOTELは、「地域と深くつながることで生まれる、素敵な経験」をコンセプトとしたホテル。1号店は2018年11月1日に東京・上野に開業し、2号店である「NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO」は、様々なカルチャーが交錯する「秋葉原」を深掘りし、「アート、音楽、食」を中心に秋葉原の多様性や好奇心、クリエイティビティを存分に体験できるサービスを提供していくという。
発表会に登壇した代表取締役社長の青木秀友氏は、「新型コロナウイルスの影響で宿泊の価値観が見直されている。NOHGA HOTELでは、お客様にホテルの中で特別な時間や空気、文化を体験してもらいたい」と述べた。
安心で安全な滞在のために衛生管理体制に力を入れ、施設内の清掃や消毒のほか、安全・衛生対策の厳しい国際基準をクリアした施設に発行される「SAFEGUARD LABEL」の取得を開業後に目指すという。
客室は18~35平米と広めの造りで、ダブル・ツインの部屋を中心に全てで120室を有する。日本製のアメニティや備品を採用し、シンプルで温かみを感じられる空間となっている。
○レストラン「PIZZERIA & BAR NOHGA」
ホテルは1階がレストラン、2階がフロント部分で、フィットネスとテラスを設置、3階以上は客室という造り。エントランスでは、ホテルとレストランが融合した「PIZZERIA & BAR NOHGA」が訪れた人を出迎える。
スパニッシュイタリアンをテーマに独自のセンスを融合させたオールデイダイニングとして、旬の国産食材を使ったメニューや、日本のものづくりの粋を感じるグラスや食器に添えて提供する。カジュアルなバーゾーン、活気あるオープンキッチンが覗くレストランゾーンで構成され、朝7時から開店。夜は東京都の営業時間短縮要請により22時までの営業を予定しているとのこと。
○各室にスピーカーを完備
秋葉原は音楽文化を担ってきた街という側面からホテルの「音楽」にもこだわりがある。館内の音楽はホテルコンセプトに合わせて選曲し、国内メーカーのタグチクラフテックのスピーカーをエレベーターやレストランなど場所に合わせて設置。全室に音質にこだわったスピーカーを設置し、デラックスツインルームは部屋ごとに厳選したハイエンドオーディオを設置している。
○アートを感じる空間
ホテル館内では、秋葉原をテーマとした現代アート作品を常設展示。さらに企画展を行うほか、アーティストが一定期間ホテルに滞在して活動を行う「アーティスト・イン・レジデンス」の取り組みも予定しているという。
ホテルとして体験の価値を提供しながら、街の発展に貢献していくというNOHGA HOTEL。スタッフが実際に足を運んで作った上野・秋葉原の約180店舗が紹介されたオリジナルマップを作成したり、神田明神やeスポーツを体験できるツアーを企画したりと、訪れた人が地域の魅力を発見できる機会を提供していくとのこと。
さらに2022年春には京都に3号店の開業も予定しているという。
●information
NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO
住所 : 東京都千代田区外神田三丁目10-11 

NOHGA HOTEL AKIHABARA TOKYO(2020年9月1日開業)
place
東京都千代田区外神田3丁目10-11
phone
0362060569

この記事を含むまとめ記事はこちら