いつも側には駅ナカグルメ 第10回 狭さは日本一? 塩尻駅「そば処 桔梗」で肩を寄せ合い”鴨そば”をすする


2018.07.09

マイナビニュース

JR東日本とJR東海の境となっている長野県の塩尻駅。東京と名古屋を結ぶ中央本線と、松本・長野方面に向かう篠ノ井線の分岐点となる駅で、交通の要所となっている。その塩尻駅に、とにかく狭い立ち食いそば屋があるという。
○店内はふたりまで!?
ホームから階段を上がるとそば屋の入り口が見えてくるのだが、とにかくその幅の狭さに驚く。入り口の幅は、人ひとりがやっと入れるほどで、しかも店内はふたりしか入れない。カウンターから厨房を見ると、反対側にもカウンターがある。こちらは改札外の待合室に面しており、4~5人程度は入れるスペースがある。
元々、入り口の幅は広かったそうなのだが、バリアフリー対策でエレベーターを設置した際に入り口のスペースを狭めることになったという。ちなみに改札側が満席の場合は、改札で申し出れば待合室側を利用することも可能となっている。
○安曇野や野沢菜と、長野らしいそばも
狭さばかりが話題になるが、そこはやはりそば処の長野県。当然、立ち食いそばも充実している。ここでは、人気メニューの「鴨そば」(460円)をチョイス。
出汁は少し甘めの関西風で、平打ちのそばと鴨の風味が絡み合う。狭い店内で肩寄せ合い、信州そばをすすりに立ち寄ってみてはいかがだろうか。
※価格は税込 

そば処 桔梗
rating

4.0

7件の口コミ
place
岐阜県多治見市笠原町1647-154
phone
0572443388
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら