相鉄「五代目そうにゃんトレイン」3/23運行開始、金の吊り革も再び


2018.03.17

マイナビニュース

相模鉄道は12日、同社キャラクターをラッピングした「五代目そうにゃんトレイン」を3月23日から運行開始すると発表した。
「そうにゃんトレイン」は2014年から毎年デザインを変えて運行しており、今年は先頭車両に「そうにゃん」の顔としっぽを描いたデザインを採用。車内においても、窓から「そうにゃん」がのぞいているようなラッピングなどを施した。
「四代目そうにゃんトレイン」でも人気があった「そうにゃん」柄の座席シートを設置するほか、「そうにゃん」の耳が付いた金色の吊り革を1両に2本ずつ設置する。
「五代目そうにゃんトレイン」の営業運転開始を記念し、3月17日から「五代目そうにゃんトレインデビュー記念入場券セット」を発売。D型硬券普通入場券2枚セットに台紙が付き、1セット300円。券面のデザインは販売駅ごとに異なる。
相鉄線の横浜駅、星川駅、西谷駅、二俣川駅、大和駅、海老名駅、いずみ野駅、湘南台駅で5月31日まで販売。6月1日以降、相鉄グッズショップ「そうにゃん」で販売する。3,500セット限定のため、なくなり次第終了。駅での販売期間中に完売した場合は、グッズショップでの販売を行わない。 

いずみ野
place
神奈川県横浜市泉区和泉町
no image
横浜
place
神奈川県横浜市西区南幸1丁目
no image
海老名(相模線)
place
神奈川県海老名市上郷
no image
湘南台
place
神奈川県藤沢市湘南台2丁目
no image
星川(神奈川県)
place
神奈川県横浜市保土ケ谷区星川1丁目
no image
西谷
place
神奈川県横浜市保土ケ谷区西谷町
no image
大和(神奈川県)
place
神奈川県大和市中央1丁目
no image
二俣川
place
神奈川県横浜市旭区二俣川2丁目
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら