列車ダイヤを楽しもう (70) エヴァンゲリオン新幹線「500 TYPE EVA」じっくり見られる駅はどこ?


2015.12.01

マイナビニュース

鉄道ファンもアニメファンもびっくりな「500 TYPE EVA」が走り始めた。山陽新幹線で「こだま」として走っている500系を、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』に登場するエヴァ初号機風に塗装したという。なるほど、500系の未来的な造形とエヴァ初号機は似ているかも!
その姿をじっくり眺めたいけれど、駅では乗降客が多くて視界をふさがれてしまう。沿線から眺めようとしても、新幹線は速いから一瞬で通り過ぎてしまう。客室にもしかけがいっぱいで楽しそうだし、ぜひ乗ってみたいけれど、乗ってしまったら外観が見えない。では、あの外観全体を観察するにはどうしたらいいだろう?
車体を眺めるなら走行中より停車中がいい。だから観察するなら駅だ。「乗降客が多くて視界をふさがれてしまう」とさっき書いたばかりだけど、視界をふさがれない場所もある。それは「対向式プラットホームに停車した電車の、反対側のプラットホーム」だ。駅で電車の写真を撮った人ならわかると思う。電車が停まっているホームだと近すぎて、列車全体の写真を撮れない。そんなときは階段を上り下りして隣のホームから撮ればいい。
幸いにも、「500 TYPE EVA」は各駅停車タイプの「こだま」として走っている。途中の駅で待避して、「のぞみ」「ひかり」「さくら」に道を譲るため。長時間停車する。その長時間停車駅のうち、対向式ホームとなっている駅に行けばいい。その駅はどこだろう? 列車ダイヤを作ればわかるぞ。
……いやちょっと待て。時刻表から類推できるし、インターネットの「えきから時刻表」で列車ごとの時刻表を開けば、全駅の到着時刻と発車時刻が書いてあるんだけど……。いやいやいや、ここはダイヤで見たほうがわかりやすいし、楽しいのだ。
まずは山陽新幹線のダイヤの全体像を眺めてみよう。ずいぶん派手な色づかいだ。駅の案内表示に合わせて、「のぞみ」をオレンジ、「ひかり」を赤、「こだま」を青にした。九州新幹線直通「さくら」はピンクだ。この色づかいなら暖色系になるわけだ。山陽新幹線は「のぞみ」が最も多く、次に「さくら」が多い。「こだま」は1時間に1本程度。「ひかり」も「こだま」と同じくらいの数だけど、全区間を通して走る列車は少ない。
列車の密度は新大阪~岡山間が最も高く、西へ向かうほど低くなっていく。次の境目は広島駅だ。そして最下端は列車数が少なく白い帯に見える。ここは山陽新幹線ではなく、博多南線と呼ばれている。新幹線の車両基地・博多総合車両所の周辺の人々のために、博多~博多南間の列車がある。山陽新幹線と直通する列車もある。
このダイヤの中に、「500 TYPE EVA」車両を使用する列車もある。わかりやすくするために、黒い太線で描いてみよう。
「500 TYPE EVA」の特設サイトによると、この車両を使用する列車は上り「こだま730号」と下り「こだま741号」だ。博多駅を6時36分に発車し、新大阪駅に11時14分着。折返しの列車は新大阪駅11時32分発・博多駅16時7分着だ。公式サイトには表記されていないけれど、ダイヤを描いてみたら、どちらの列車も博多南線に直通するようだ。博多南線は、時刻表では独立した路線として別掲されている。しかし列車番号が一致している。博多南線は運賃と特定特急料金の合計額が300円。「500 TYPE EVA」に最も安価に乗れる区間だ。
新大阪駅の折返し時間は18分。20番線に到着するから、向かい側の21番線から眺められる。ただし、21番線は11時23分から11時25分まで、東京発広島行「のぞみ103号」が停車する。年末年始は11時20分発の下り始発列車があるので、ちょっと忙しい。
黒い線を追っていくと、上り列車は厚狭駅、新岩国駅、広島駅、新倉敷駅相生駅、西明石駅で長時間停車するようだ。下り列車は姫路駅、相生駅、新倉敷駅、新尾道駅、三原駅、新岩国駅、徳山駅、新下関駅で長時間停車するようだ。時刻表には発車時刻しか記載されていなくても、列車ダイヤ描画ソフト「OuDia」は、その区間の最低所要時間の列車を割り出し、到着時刻を予測してくれる。もっとも、列車の性能によって所要時間が変わる場合もあるので、目安として考えておこう。
「OuDia」は時間や駅間の表示を拡大縮小できる。もう少し詳しく知るために、上り・下り列車の時間帯を拡大してみよう。まずは上り列車だ。長時間停車が予測できる駅は広島駅、新尾道駅、岡山駅、相生駅、西明石駅だ。ただし、広島駅や岡山駅は島式ホームの待避側に入るだろうから、対向側ホームから眺められない。停車時間が長めの新尾道駅、西明石駅は対向式ホームで、間に通過線が2本ある。ほどよい遠さで、対向側から眺めるには都合がいい。
どちらの駅も、「のぞみ」1本に抜かれるけれど、それにしては停車時間が長い。時期によってはもうひとつ臨時列車が通過するかもしれない。回送列車が設定されているかもしれない。ちなみに下り方向は「さくら」「のぞみ」が通過する。
停車時間がちょっと短いけれど、厚狭駅もおすすめ。約4分間の停車で、時刻表を見る限り追越しもないし、下り列車も通らない。対向側ホームから約4分間、視界を遮られることなく、「500 TYPE EVA」を眺められる……と思う。時刻表に表示されない回送列車などがなければ……だけど。
下り列車の長時間停車駅は新岩国駅の12分間と徳山駅の10分間。「500 TYPE EVA」は両駅で2本の列車に追い越される。上り列車も2本から3本が通過する。ちょっと忙しいけれど、停車時間が長いから眺められる時間も長いし、たくさん列車を眺められるともいえる。「500 TYPE EVA」とN700系が出会うシーンが多いと思えば、おすすめは新岩国駅と徳山駅といえそうだ。三原駅は対向側ホームにも「こだま」が停車するのでよろしくない。
以上から、「500 TYPE EVA」の編成全体を眺めるなら、上り列車は厚狭駅、新尾道駅、西明石駅がおすすめ。下り列車は新岩国駅と徳山駅がおすすめだ。2016年1月1日にはJR西日本の「元日・JR西日本乗り放題きっぷ2016」を利用できる(販売は2015年12月30日まで)。山陽新幹線も乗り放題だから、この機会に「500 TYPE EVA」を満喫しよう。 

厚狭
place
山口県山陽小野田市
no image
広島
place
広島県広島市南区松原町
三原
place
広島県三原市城町1丁目
no image
新下関
place
山口県下関市秋根南町1丁目
no image
新岩国
place
山口県岩国市御庄1丁目
no image
新倉敷
place
岡山県倉敷市玉島爪崎
no image
新大阪
place
大阪府大阪市淀川区西中島5丁目
新尾道
place
広島県尾道市栗原町
no image
西明石
place
兵庫県明石市小久保2丁目
no image
徳山
place
山口県周南市有楽町
no image
姫路
place
兵庫県姫路市南駅前町

この記事を含むまとめ記事はこちら