大阪府でも希少な存在! 自分でこだわりの激ウマたこ焼きが焼ける店3選


2015.10.03

マイナビニュース

●「たこ焼きはエンターテイメント」- 芸能人も訪れる有名店は生地に秘密あり
大阪人のソウルフードと言える「たこ焼き」。大阪市内の繁華街には必ずたこ焼き屋があり、大阪人の誰もがお気に入りの一軒を持っている。しかしながら、たこ焼きを自分で焼ける店は非常に少ない。そこで今回は、大阪でも希少な「自分でたこ焼きが焼けるお店」を3店紹介しよう。
○秘伝のふんわり生地×唐辛子入りソース
大阪キタの繁華街・梅田の赤い観覧車で有名な商業施設「HEP FIVE」の裏にある「蛸之徹 角田店」は、国内外の観光客はもちろん芸能人も訪れる有名店だ。
最もスタンダードな「たこ焼き」(600円)は、タコ、天かす、ネギ、紅しょうがが入っており、1人前は12個となっている。タコやネギをセットして生地を流し込んでもらったら、店員さんからバトンタッチ。早速、自分で天かすと紅しょうがを入れて焼いていく。焼き方が分からない時は、店員が焼き方をアドバイスをしてくれる。
蛸之徹の味の決め手は生地とソースにある。たこ焼きの味と仕上がりの固さを決める生地の材料や作り方は、社長をはじめとした数人しか知らない秘伝中の秘伝。蛸之徹のたこ焼きが焼きやすいのにふんわり焼き上がるのは、この秘伝の生地のおかげなのだ。
独自レシピのソースは、客からの要望に応える形で店頭や関西の大手スーパーでも販売している。また、唐辛子の辛さが効いた辛口ソースも用意されており、若い人に大人気だそうだ。
「当店はお客さまに焼いていただくのがルール。初めてだったり焼くのが苦手だったりするお客さまには、店員が積極的に話しかけつつ焼くのをサポートします。なぜなら、当店ではたこ焼きをエンターテイメントだと考えているから。たこ焼きをただ食べるだけじゃなく、テーマパーク感覚で作ることも楽しんでいただきたい。それが私たちの想いです」という店員の言葉からは、たこ焼きに対する愛を感じた。
●information
蛸之徹 角田店
大阪府大阪市北区角田町1-10 (Hep Five 裏)
●出張サラリーマンたちが大ダコのたこ焼きをアテにワインを楽しむ
オフィス街の中心地・地下鉄「本町」駅からほど近い場所にある「蛸のつぼ 本町店」は、ビルの地下へ向かう階段を下りた地下1階にある。大阪のオフィス街・本町に近い場所だけに、客も出張で大阪を訪れたサラリーマンが多いそうだ。
○くぼみからはみ出すほどの大きなタコ
定番の「たこ焼き」(12個/810円)は、タコ、天かす、ネギ、紅しょうがが入っている。蛸のつぼのたこ焼きの特徴は、たこ焼きを焼くくぼみからはみ出すほどの大きなタコと、昆布だしとかつおだしをふんだんに使った生地。また、通常のたこ焼きソースのほかにダシ醤油やポン酢が用意され、自由に選べるのも大きな特徴だ。
さらに蛸のつぼでは、自分で焼く方法と店員に焼いてもらう方法のどちらかを選ぶことができる。自分で焼く場合は、店員がタコを全てのくぼみにセットして生地を流し込むところまでやってくれるので、あとはお好みで天かすや紅しょうがを入れて焼いていくだけ。もちろん自分で焼くことを選択しても、困った時は店員を呼べば手伝ってくれるので安心してチャレンジできる。
「たこ焼きを焼きながらお酒を飲むのが楽しい、とおっしゃってくださるお客さまが多いです。また、最近はたこ焼きにマッチするボトルワインやたこ焼きのコース料理をご用意するなど、他店にはないたこ焼きの楽しみ方もご提案させていただいています」という店員の言葉に、「たこ焼きがおいしいのは当たり前、店で過ごすひと時を楽しんでほしい」という意欲を感じた。
●information
蛸のつぼ 本町店
大阪府大阪市中央区本町2-3-6
●これぞ超大阪的! 阪神戦を見ながらたこ焼きも食べられるスポーツバー
大阪・ミナミを流れる道頓堀川のほとり、地下鉄「なんば」駅から徒歩2分の場所にある「ベースボールバー トレーシー」。この店はお酒を飲みながら阪神戦を中心とした野球中継のほか、さまざまなスポーツ中継が楽しめるスポーツバーだ。サラリーマンや外国人観光客はもちろんのこと、時にはプロ野球関係者やメジャーリーグのスカウトも訪れる、大阪では知る人ぞ知る店である。
○ソースいらずな生地でペロリと20個
バーの人気フードメニューのひとつが「河内のたこ焼き」(20個/648円)だ。店長の出身地である「河内」の名を冠したたこ焼きは、タコ、天かす、ネギ、紅しょうがというスタンダードな具材なのだが、最大の特徴はソースを付けずに食べる点にある。
生地に味付けがされているためソースを付ける必要がなく、ソースを付けない分あっさりとしているのでいくらでも食べられる。1人前20個なのだが、ひとりでペロリと平らげる女性も少なくないという。
注文するとたこ焼き専用コンロが運ばれてきて、具材をセットし生地を流し込んだところからスタート。もしたこ焼きを焼いた経験がなくても、店長や周囲の客が教えてくれるから安心だ。頑張って焼き上げれば、外はカリッと、中はフワフワのたこ焼きができあがる。
「上手に焼くには、焼き始めで触りすぎないことと、クルッと回転させる時に内側の焼けていない部分を触らないこと。この2つを守れれば、当店のたこ焼きは上手に焼けます。たこ焼きを焼くと隣の知らない人とも仲良くなれますし、何より焼くのが楽しい。阪神戦の中継を見ながらたこ焼きを食べるなんて、超大阪的ですよ(笑)」と店長。どうやら野球中継とたこ焼きの相性は抜群のようだ。
●information
ベースボールバー トレーシー
大阪府大阪市中央区道頓堀2-4-5新道頓堀ビル1F
「大阪の家庭には一家に一台たこ焼き器がある」と言われるが、自分で焼けるたこ焼き店は、大阪でも本当に少ない。それだけ「たこ焼きの本場・大阪で自分で焼いたたこ焼きを食べる」のは貴重な体験だと言える。大阪に来たならば、ぜひ自分でたこ焼きを焼く体験をお土産にしていただきたい。
※記事中の価格や情報は2015年9月時点のもの。価格は税込
○筆者プロフィール: 中 直照(なか なおてる)
大阪出身のコピーライター。出版社や中堅ゼネコンなどを経てフリーライターとして独立。その後、2011年にショートカプチーノ設立。コピーライターとして経営者インタビューや企業広報誌、店舗取材など、幅広く執筆。ほかにもホームページ用コンテンツの企画や制作などにも携わっている。 

蛸之徹 角田店
place
大阪府大阪市北区角田町1-10
phone
0663140847
opening-hour
11:30-23:00(L.O.22:30)[ラン…

この記事を含むまとめ記事はこちら