2つの青が心を洗う! 漁村の先に広がるコバルトブルーな世界に一筋の橋


2015.04.19

マイナビニュース

○私の地元の最強絶景
角島大橋(山口県下関市)
(c)Flickr/Suzumiya Haruka
(c)Flickr/inazakira
○最強絶景ってこんなところ
2000年に開通された角島大橋は、通行料金無料の離島架橋の中で、沖縄県の古宇利大橋に次ぐ国内第2位の長さ(1,780m)を誇る。橋の途中には鳩島という小さな島が浮かんでおり、緩やかなカーブを描いた橋がコバルトブルーの海によく映える。JR山陰本線「特牛(こっとい)駅」からバスで約20分。
(c)Flickr/inazakira
○推薦者はかく語る
「漁村の先にいきなりコバルトブルーの海が現れる。家族と車で立ち寄り、この海を露天風呂から眺められるホテルに日帰り入浴をしたのは10年前だったかと。今では懐かしい」(38歳男性/小売店/販売職・サービス系) 

特牛
place
山口県下関市
no image
角島大橋
place
山口県下関市豊北町

この記事を含むまとめ記事はこちら