カレーブームが続く京都!鯛出汁のカレー店が伏見桃山に「アイリー ノボリタイ」


2021.10.20

Kyotopi

伏見桃山駅、桃山御陵前駅から徒歩圏内、伏見区役所近くのスパイスカレー店「アイリー ノボリタイ」で、鯛だしカレーのランチなり。カレーブームの京都。伏見桃山にも。伏見区役所近くにできた「アイリー ノボリタイ」なるお店。「ラム酒とカレーとジャークチキン」のお店らしく、夜はジャークチキンなどをアテにラム酒を!という、Bar使いも出来るカレー店。で、緊急事態宣言が解除されお酒提供が復活されたら行くのだ!と狙っていたのですな。 場所は、最近閉店されてしまった、酒粕ラーメンで人気の「玄屋」の北西方向斜め向かい、というと分かる人が居られるかもです。店内へ。京町屋改装物件なのですが、店内は御覧のように見事にリノベされ、カウンター上にはラム酒などの酒瓶が色々と並んでいて壮観!すっかりジャマイカンバー的な雰囲気。席数も20席近くありそうな。ほぼ開店時間で我々が一組目の客だったのですが、後程どんな感じかな?という雰囲気でお客さんが入店されておりました。
ランチメニューは、非常にシンプル。現在、カレーは一種類で、鯛出汁ベースのチキンキーマカレーのみというシンプルさ。辛さは一応普通を含めると、ホット¥50、ファイヤー¥100、モアファイヤー¥150、それ以上¥200の4段階。我々は2人ともホットで様子を見よう!という作戦。ご飯量は普通160g、少な目で150g以下でお願いするのだ。で、メニューを裏返すと、ちゃんとお酒もスタンバっておりました(にっこり)、カレーとセットにすると¥100引きになるようで、私はラムソーダ¥400、相方は多分人生で初めて呑む、麦焼酎ルイボスティー割り¥400に挑戦。と思ったら、ドリンク類はこういう直径8cmぐらいはありそうなガラス容器に、タップリ350ccは入って登場するのですな。カレーを待ちつつ、マッタリ。
んで、注文後13分後にカレー登場。2人ともジャークチキンは欲しいよね!+私は目玉焼きも追加方向で。で、手前が¥750+HOT¥50+目玉焼き¥100+¥ジャークチキン¥200の合計¥1100なり。奥は、¥750-小盛り¥50+¥ジャークチキン¥200の合計¥900なり、という構成。付け合わせのアチャールは、風味はあるが、辛くはない青唐辛子という構成。アップ写真。ライスは、豆が入っている多分湯炊きのインディカ米(タイ米かな)。バスマティライスのような超長いコメではありませんが、同程度の超激ぱらっぱら系。山盛りの形には絶対盛れないパラパラ度。それに鯛出汁とチキンと言う、ほぼ重くない健全味付けのシャバシャバカレーがばばーん!。塩分や脂分も極少設定の非常にあっさりした味付け、今回は刻んだオクラが入っていたので、なんだか健康的なのだ。
カスメリティーがふわんと香るのですが、チリ由来のあまり後に引かない爽やかな辛味で、辛いのが好きな人はHOT以上でないと、かなりまろやかに感じると思われますな。辛いもの好きの我々はHOTで程良く、ファイヤーでも全然行けそうだな、という感想。レモンをギュっと絞ると全体がぎゅっと締まって良い感じに。もしかして、これがジャマイカカレーなのか?!と思いつつ。
こちらの鯛出汁カレーは、普段自分が作る傾向のカレーと全く異なった方向性で、完成度には納得なのですが、同じシェフが考案された他の種類も食べてみたいですなあ!と言う感想。ジャークチキンもスパイスと旨味は十分乗っているのですが、激辛じゃないこれまた健全な味付け。酒のアテ用にはもちょっと辛くてもOK!かもです。カレーも量的には程よい感じですが、食べやすいので、良く食うおっさんなら大盛り・特盛りでもするするっと頂けると思います~。 
店内にガラガラマシーンが置いてあり、¥500でジャークチキン用自家製スパイスミックスが購入できる模様ですな。気になる方はお土産にどうぞ。ご馳走様でした~!。
店舗情報店名:アイリー ノボリタイ
住所:京都市伏見区東組町690
営業時間:
月金11:30~14:00のみ 
土日12:00~19:00 ※最新の営業状況は、お店にご確認を・・
TEL:075-644-5451
定休日:不定休
関連ページ:https://www.instagram.com/noboritai/ 

read-more
伏見桃山
place
京都府京都市伏見区両替町4丁目
すべて表示arrow
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら