【京都ランチ】本場タイ食材を日本人向けアレンジで人気☆創作タイ料理「パッタイ」


2021.04.10

Kyotopi

おおきに~豆はなどす☆今回は中京区壬生、西院にもほど近い人気の創作タイ料理店。本場タイから取り寄せた素材を使用し、日本人の口にあう料理にアレンジ。本場のホテルで腕を振るったシェフが作る創作タイ料理中京区壬生、西院にもほど近い、四条御前通上がった場所にある創作タイ料理店「パッタイ」
この日は映画を観た帰りの遅いランチ、ちょっと軽めに食べたいと思いこちらへ。2018年ににオープンしたこの辺りでは人気のお店。この時も14時前でしたが、店前には車や自転車が止まっていて盛況の様子。店内はまだ真新しい雰囲気も残る、カフェ風のスペース。テーブルとカウンターで全26席。
清潔感にあふれマガジンラックもあり、ちょっと長居もできそうな雰囲気。トゥーマッチすぎない程度のタイを感じさせる内装も。
こちらでは本場タイのホテルで腕を振るったタイ人シェフが調理を担当。日本人向けにアレンジされた創作タイ料理が自慢とか。店内ではタイ料理に欠かせない調味料や食材も販売されています。大袋のタイ米、ジャスミンライスも販売。メニュー。
取り立ててランチセットのようなものは元々設定されていないようで、昼も夜もアラカルトで注文する様子。前菜やサラダ、肉や魚を主体としたメインなど。トムヤムクンやガパオライスなど、タイ料理のテッパンメニューもあり。さらに麺類もあります。タイらしいココナッツを使ったグリーンカレーなども。カフェ感覚の利用も可能とのこと。タイスイーツも若干。今回は、軽めのランチにしたかったので、店の看板メニューでもあるタイの甘酸っぱい焼きそばパッタイ850円を注文。パッタイの麺は通常の焼きそばの小麦粉麺とは違い、米粉の麺になりますが、さらに春雨を麺にした店オリジナルのパッタイもありました。超ヘルシー。卓上にはタイ料理らしく、後添加用のナンプラーやお酢なども。そして、しばらくして登場のこちらがパッタイ。鶏のスープもついてきました。パッタイには、フレッシュなレモン、モヤシ、ニラとナッツ紛が添えられ、最初にすべて混ぜ合わせます。そして、透明感ある米粉麺を持ち上げて実食。
わりと甘めな味わい。ちょっとケチャップ感もあるような。この時点では辛さはほとんど感じられない状態。具材には、エビ、卵、エシャロット、厚揚げなど。
もっちりとした米粉麺は麺類でありながら、日本人にとってはごはん感覚にも似たような。フレッシュな野菜との相性もいいです。ちょうど味を中和してくれるような。スープはシンプルな鶏ガラスープで、浮かしに飾り切りの大根と人参。ゴロンとエビも。クルマエビ系。で、なんか面白い食感と旨味のする断片。聞くとたくわんが入ってました。味のポイントにもなり、この辺りが日本人向けアレンジということでしょうか。さらに、卓上調味料、唐辛子系のスパイス、ナンプラー、お酢をたっぷりと。これを混ぜ合わせてタイ料理らしく。きっとあらかじめ辛さを抜きにしていたのは、苦手な人への配慮ですね。
トムヤムクンやグリーンカレーもまたこの近くに来た際には食べてみたいですね。
ヨ~イヤサ~♪詳細情報名称:パッタイ
場所:京都市中京区壬生森町58-11
電話:075-432-8024
営業時間:月・水・木曜日 11:00~15:00 17:00~21:00
     金・土・日曜日 11:00~21:00
定休日:火曜日
公式サイト:https://www.padthai.jp/ 

read-more
Pad thai
rating

4.5

11件の口コミ
place
京都府京都市中京区壬生森町58-11
phone
0754328024
すべて表示arrow
no image

この記事を含むまとめ記事はこちら